menu

いいね! プレス

吉田栄作の現在はかっこいい!若い頃や平子理沙と離婚した理由も




Pocket

かつてはトレンディドラマの顔として当時の女性の間では大人気だった吉田栄作さん。モデル上がりと言われることもありましたが、当時の恋愛ドラマでは御三家だったのを思い出しました。

当時のイケメンの代名詞のような彼も突然姿を消したイメージがありましたが一体どうしてしまったのでしょう。

吉田栄作さんの現在の姿や若い頃、そして平子理沙さんとの離婚の理由にも迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

吉田栄作さんのプロフィール

吉田栄作

生年月日:1969年1月3日(48歳)
出身地:神奈川県
身長:182㎝

 

学生時代は昔でいうツッパリだった。芸能界に入ってもちょっととがったところもあったようです。

1988年「ナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」という大会でグランプリとなったことで芸能界入り。

デビューは映画『ガラスの中の少女』。

今でも活躍している阿部寛さんや、風間トオルさんなども当時珍しかったモデルから俳優というコースを進むイケメン俳優でしたが、吉田栄作さんもまた、オーディションで合格してモデルから俳優になるというニューウェーブの俳優さんだったのです。

しかし、吉田さんは人気のある一方で、「もう誰も愛さない」という代表作が出るまでは、やはり顔だけで中身がないと言われることも多かったんだそうです。

 

スポンサーリンク

 

吉田栄作さんの転機となったのは?

吉田栄作さんは、1990年代にはトレンディ俳優として絶大な人気がありました。当時、織田裕二さんと加勢大周さんとで「トレンディー御三家」とまで言われていました。

しかも、吉田さんの場合にはヒット曲もあります。1989年に歌手デビューを果たし、シングルは全部で20枚、アルバムは11枚出しています。

1990年1991年の紅白歌合戦にも出演しました。

歌を歌っている姿を見ると、ちょうど今の福山雅治さんに似ている気もします。

今のメンズビオレで菅田将暉さんとハライチ澤部が出るCMがありますが、あのスタイルで吉田栄作さんと森脇健児さんがギャツビーのCMをしていたことがありますので、「俳優+芸人」で化粧品のCMをするという形を作ったのも吉田栄作さんだったと思います。

とにかく爽やか、そして白のTシャツとGパンが当時の吉田栄作さんのトレードマーク。

ただ、吉田さんは突然、日本のテレビからいなくなってしまった時期がありました。

それは、アメリカで勝負するというもの。

「俺は絶対ジャンボになってやる」と言い残し、吉田栄作さんは旅立っていきました。

その後しばらくはお顔を見なかったのですが、1998年にはNHKの「流通戦争」というドラマで復帰を果たし、2000年代は「マネーの虎」でよく見かけました。

吉田栄作さんの現在はカッコいい?

吉田さんは、現在ドラマでもよく見かけるようになりました。昔のように主役という訳には行かないようですが、相棒やトットてれび、医龍など数々のドラマにご出演されています。

出典:ワタナベエンターテイメント

役どころにもよるでしょうが、48歳には見えないですよね。

そんな吉田さんの若い頃

背が高いけれども男らしくほどほどの筋肉がついているにも関わらず、ちょっと顔が甘いというなんとも女心をくすぐるイケメンでした。
今現在で例えるなら、竹内涼真さんのような爽やか系。

【中古】太陽野郎/吉田栄作CDアルバム/邦楽

価格:544円
(2018/3/13 18:46時点)
感想(0件)


このジャケットを見ると、女性がキャーキャー言うのはわかりますよね。

吉田栄作と平子理沙の離婚理由は?

吉田さんは、渡米した直後に当時モデルだった平子理沙さんと結婚をしています。

当時アメリカではまだ鳴かず飛ばずの状態だった吉田栄作さんだったので、「ヒモ」などと散々な言われようをしていたようですが、実際のところは新婚の時から「別居婚」だったと後にわかっています。

1998年に吉田さんが帰ってきた後も同居することなく平子さんは別に家を買って別居婚をしていたらしく、子供も作らないという約束もあったとのこと。

2015年に離婚して、18年の長い結婚生活に終止符を打ったのです。

ここ数年、お互いの仕事や生活環境に変化が起こり、少しずつ生活にズレが生じていると感じておりました。時間をかけて、共々自分自身の気持ちを確かめ、これを機にそれぞれが目指す道を歩む事に致しました」

出典:吉田栄作さんオフィシャルブログ

「いったん『結婚』という形は終わりますが、これからも変わらず仲良くしていきたいと思っています。私たちはまだ発展途上です」

出典:平子理沙さんのブログ

ま・・・お子さんもおらず別居状態だったようですので、それほど生活には変化はなさそうですが、まだお二人とも独身ですので、戻るという選択もあるのかもしれません。

まとめ

かつて吉田栄作さんと御三家と言われていた織田裕二さんは、日本に残り主役を務めるほどの俳優となりました。ちょっともったいないな~と思うのが、吉田さんはアメリカで勝負したいというのもわかりますがやはり空白の時間。

あの当時、日本人がハリウッドに挑戦する人もいたらしいですがやはり言葉の壁がかなり大きかったと聞きます。

最近では、吉田さんもイケメン枠ではなくいろんなタイプの人を演じておられますので、これからどんな名演技を見せてくれるのか期待です。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ