menu

いいね! プレス

吾輩の部屋であるのキャストは?菊池風磨の役やあらすじも




Pocket

人気漫画「吾輩の部屋である」がドラマ化され、日本テレビ系列で深夜に放送中です。このドラマはなんと登場人物がひとりだけしか出てきません。大学院生の男性が、日常生活でおこりうる出来事(些細な出来事でも彼にとっては大事なんです)を大真面目に考えていくというストーリーです。

Sexy Zoneの菊池風磨くんがちょっとさえない23歳を演じています。

スポンサーリンク

菊池風磨くんが演じる鍵山哲郎とは?

・駅から徒歩5分、築41年の木造2階建て、都内某所のアパートで一人暮らしをしている

・1K(6畳)とキッチン、トイレ別
・彼女はいないが、好きな人はいる
・好きな人は同じ大学で同じ研究室にいる植村さん
・高校から一緒の吉田と仲が良い
・メガネをかけて万年ジャージ姿
・哲学が好きで気が付けば考え事をしている。

菊池風磨くんにとっては、初めての主演。しかも登場人物ひとりで、まわりの家具たちにツッコまれるというなんとも不思議な役です。家の中ですべて完結してしまうというこれまでにあまりなかった独特の世界観のストーリー

ツッコミをするという摩訶不思議な家具たち

カバの置物・・・林家木久扇
炊飯器・・・賀来千香子
照明・・・ミッツ・マングローブ
ビンたち ・・・山寺宏一

このしゃべる家具というのは、本当にしゃべっているのかそれとも哲郎の妄想なのかはっきりしないが、哲学的に突き詰めていくともしかするとこういった境地になるのかもしれません。 

原作は人気漫画(ネタバレ)

小学館のゲッサン少年サンデーコミックスからこれまで5巻出版されている 『吾輩の部屋である』(作:田岡りき)が原作です。

内容は1話完結のコメディー

哲郎くんが悩むこと
・良く落ちる、スポンジ入れの吸盤に関する考察
・部屋のホコリの発生原因について
・大好きな植村さんからの難読メール解析
・大学研究室の飲み会構成員に関する考察
・新旧フライパン・対照実験
・タイミングが悪い宅配物の不在票
・カーペットの端がめくれ上がる

2話 部屋のホコリの発生原因
これは誰もが経験をしたことがあるであろう逃避してしまい思わずそちらに夢中になってしまうということ。哲郎は行き詰っていた。というのも、あと13時間後、午後3時にはレポートを完成させ提出しなければいけない。あと1万字を前にして行動が止まってしまった。

カバにとりあえずやればとツッコまれるも、クラッシックを聞いて集中力を高めようと棚に行くと棚には白いホコリ・・・クラッシックのCDはかけたものの、ホコリが気になって仕方ない。やむなくレポートは中断しCDをすべて引っ張りだしての大掃除。

綿のようなものがホコリなのか・・・。ふと気づけば自分の衣類がホコリと化していることに気づく。そこでコロコロを取り出し、部屋の中を心置きなく掃除し窓を拭き、コーヒーを淹れホッと一息つくとすでに5時間経過・・・。さぁ・・・どうする

3話 大好きな植村さんからの難読メール解析
哲郎は植村さんにメールを送った。「今日の演劇一緒にいきますか?」すると植村さんから帰ってきた返事は「いぬがあ」だった。何語かはたまた暗号か・・・。頭を悩ますも答えは出ない。仕方なく洗濯を始めるがTシャツを干した時に胸にあった文字「よかろうもん」が目に入る。「!」これはきっと方言だ!とパソコンで調べるもわからない。

そして洗濯の続きをしはじめ、今度は小物をピンチに干し始める。配分を間違えてしまい「パズルのようだ・・・」と独り言が思わず口からもれた。
「!」これはパズル?と思いつくまま文字を並べ替えてみる。「がいあぬ」「あぬいが」「いがぬあ」どれもピンとこない。もしや、「ぬ」が「く」の間違いじゃないのか!と仮定すると「行くがあ」か?・・・・・があってなんだ??

考えが最高潮に達したところ植村さんからのメールが届き「犬が足を怪我した・・・」と訂正メールが届きました。

スポンサーリンク

ドラマ第3話のあらすじ(10月2日)

「新旧フライパン・対照実験」
「デートとは何か?」
「部屋干し法・新提案」

鍵山哲郎(菊池風磨)が大好きな植村さんと映画デートに行きたいと思っているのに、ジャムのびんのフタが開かなかったり、洗剤が切れてしまったりしたら激しい雨がづってきたりします。

出典:日本テレビ「吾輩の部屋である」

まとめ

・日テレの深夜ドラマ「吾輩の部屋である」の主人公は一人だけ
・舞台は、主人公の部屋のみ
・家具がツッコミを入れてくるが主人公の思い込みの可能性

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ