menu

いいね! プレス

トランプショックとは?日本への影響はどうなる?




スポンサーリンク

11月9日に、アメリカ大統領の選挙が行われました。おおかたの予想に逆らってあのトランプ氏が大統領になりましたね・・・。日本では号外が出るほどの衝撃だったと共に、株価は一時1000円も下がったり、選挙の開票速報のテレビを見ていても出演者はかなり微妙な表情をしていましたね・・・。

同じにしてはいけないですが、イギリスのEU離脱といい今回といい、世界の政治の潮目が変わってきたのかな~と肌で感じるところがあります。

日本の同盟国で一番親しいといっても過言ではないアメリカですが、次期アメリカの大統領がトランプに決まってしまったので、これから気になるのはやはり日本への影響ではないでしょうか?

トランプの政策が見えてこないので、日本の偉い方はどう対処するのか・・・相当苦労しそうですよね(;^ω^)メキシコとの間に大きな壁作る~って言ってたり、日本にも駐留軍の費用もっとくれ!って言ってるし~どこまで本当でどこまで適当なのかわからない・・・。

あの方、ジャイアン的なイメージがあるんですよ・・・「強いもんの意見を聞けよオラ~~」って言いそう(;´・ω・)

3回の討論会ってなんだったんでしょうね~~どう見てもヒラリーの方が聡明な政治家だな~って感じはしてたんですが・・・

経済に詳しい方々でも、意見がわかれるトランプ氏の影響ですが、開票直後は日本の株価は下がり、円高が進みました。これはやはりトランプが大統領に決まったショックで振れているんだと思われます。

円高になると、自動車などの輸出業が不振になるので、またもや経済が悪くなっちゃうのかもしれません。せっかくアベノミクスで良くなってきたのに・・・ 政治の経験のないトランプ氏が大統領になったことで、日本も先行きが見えなくなってきましたね~(´;ω;`)ウッ…

トランプ氏の他の記事はこちら
トランプタワーの場所はどこ?気になる家賃や日本人の住人って誰?

副大統領のマイクペンス氏の記事はこちら
マイクペンスは親日?日本とのキーマンの夫人や子供は?

スポンサードリンク

 

ちなみに、トランプ氏が政策として掲げたのが
米国第一主義
同盟国に負担要請
ロシアと協力
TPP離脱
大幅減税(法人税35%→15%)所得税をゼロ(世帯収入5万ドル以下)
中国の為の為替操作是正
不法移民送還、メキシコ国境に壁
銃規制に反対
オバマケア撤廃

トランプ氏が皆の予想を裏切って、うまく大統領として立ち回ってくれればいいのですが、不安視する意見がとても多いです。 

日本への影響とは?

トランプ氏が大統領になって真っ先に影響があるのは、やはり株価でしょう。アベノミクスでやっと安定してきてやっと17000円台から18000円台まで戻そうとしていたのに、トランプ氏が優勢となると一気に1000円も値をさげる場面もありました。

9日の終値では900円くらい下げて引けています。円高も進んでいて、ドルを売り安全資産の円を買うという動きがみられて円高も進んでいます。さらに、資産の金も値を上げているなど市場では不透明感と不安感が入り混じっているようですね。

株価って、いったん弱くなり落ち始めると流れができてしまうので本当に心配です。円高も進めば輸出業界もピンチとなるでしょうし、今、円安だから外国からの爆買いや旅行者が落とすお金で潤う地域がたくさんあります。円高となればそれがまたしぼみますよね・・・。

円高なら海外旅行に行きやすいとか、外国製品が安くなるとかもありますが、経済が冷え込んだらまた就職難とかもくるでしょうしね~(;^ω^)

トランプ氏の動き次第ではこの円高や株安がさらに大きくなると言われています。そして日本に直接的に関係してくるのはやはり安保とTPPでしょうね・・・。トランプ氏が、日本への派遣への役割などをまだ理解していないのではという噂もありますので、未知数といったところでしょうか・・・。

※追記
11/10の日経平均は1092.88円を戻して大幅高で終え、円も若干戻しました。専門家の話では、勝利宣言のスピーチがいつもの暴言でなかったとか言われています。相場の弱い時には半分くらいしか戻さない感じもしますので、相場自体はまだ今の地点では力を残しているのかもしれません。安倍さんも早速トランプ氏と電話会談をして、会いに行かれるようですので、今後の関係が注目されます。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ