menu

いいね! プレス

栃ノ心の出身地ジョージア(グルジア)ってどこ?地図と経歴も紹介




Pocket

最近あまり良いニュースのなかった相撲界ですが、栃ノ心関の初優勝という快挙で久々に湧いていますよね。相撲の世界って縦の社会なので、外国からきて本当に大変だったな~と思うと感慨もひとしおです。

加えて、栃ノ心はすごくイケメンですね・・・。角界のニコラスケイジとも呼ばれているそうですよ。

これからと栃ノ心フィーバーが起こるような気がしています。

なぜなら・・・日本人は、おしんのような苦労をしてから成功をつかんだ人の話が好きだから(笑)

涙を流しながら「親方のおかげです」と言った栃ノ心・・・。親方とのハグも見ていて思わず涙してしまいました。

そんな、栃ノ心の経歴や育ったグルジア(ジョージア)という国を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

栃ノ心のプロフィール

まずは、栃ノ心の簡単なプロフィールと経歴です。

栃ノ心剛史 本名:レヴァニ・ゴルガゼ
生年月日:1987年10月17日(30歳)
身長:192㎝
体重:177㎏
所属:春日野部屋
西の関脇

サンボ(ロシアの格闘技)のヨーロッパチャンピオンにもなったことのある栃ノ心。

柔道のジョージア選手権でも優勝したこともあるので、格闘技系の才能にあふれていたと思われます。

2005年(17歳)の時に日本で行われたジュニア世界相撲選手権のために来日し、大会では準優勝となったのがきっかけで春日野部屋に入門することになります。

2010には小結へとスピード出世をするも、2013年7月場所で大けが(右ひざ前十字人体と側副じん帯の断裂)をしてしまいます。

そのケガは力士にとっては致命傷・・・。ランクも幕下に落ちてしまい、その後も4場所休場するという絶望的な2015年に小結に返り咲きますが、またもや2016年にスランプに陥ります。

2017年には引退も真剣に考え、なんと自分の国でウォシュレットを普及させる仕事をしようと考えていたそうです。

温水便座LOVEなんだそうで、TOTOあたりからCMが来そうなお話しですよね。

2020年のオリンピックまでは日本にいようと、そんな話までしていたようです。

 

スポンサーリンク

 

栃ノ心の出身地ジョージアとは?

ジョージアとグルジアと二つの名前を見た方も多いかもしれません。今現在はジョージアとなっていますが2015年に呼び方が変わりました。

グルジア自体は、1991年に旧ソ連から独立した国です。

栃ノ心の出身地はムツヘタという町。

場所は、ロシアとトルコの間です。

画像出典:ウィキペディア

人口:約400万人(だいたい日本の30分の1)
面積:約7万K㎡(だいたい日本の5分の1)
公用語:ジョージア語

柔道やレスリングも盛んな国

ジョージアの特徴

・寒暖の差が激しい
・ワインの発祥地
・入浴のスタイルが日本と同じで全裸になる
・美人が多い
・健康長寿大国
・特産物は、ヨーグルト チーズ ハチミツ ワイン
・ワインの発祥地・・・2013年に世界遺産として登録

マツォーニと呼ばれるヨーグルトが長寿の秘訣ともいわれています。

ワインの発祥地ジョージアのワイン

オールドトビリシ【Old Tbilisi 】【ジョージアワイン/赤辛口】グルジアワイン

価格:1,836円
(2018/1/29 17:38時点)
感想(9件)

まとめ

栃ノ心は顔や体格は西洋人ですがジョージアを調べてみると、お風呂に全裸で入ったり、長寿国であったりと意外にも日本と共通点は多いです。

一度は辞めようと思いながらも必死に努力をして頑張ったイケメン力士ですし、しゃべる言葉もすごく謙虚なところもありますので、これからどんどんメディアにも出てくることになりそうです。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ