menu

いいね! プレス

天才を育てた女房のキャストに天海祐希!モデルやあらすじ名言も調査!




Pocket

関西を舞台にした夫婦愛のスペシャルドラマ「天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~」が放送されます。生涯を数学に捧げ、世間になかなか理解されない天才数学者、岡潔を支え続けた妻みち。

岡潔の物語は、妻のみちなくしては語れない彼の人生のドラマです。

天才を育てた女房のキャストやあらすじそして原作やモデルと名言についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

<放送日時>
2018年2月23日(金)夜9時~ 読売テレビ「金曜ロードショー」

天才を育てた女房のキャスト

キャスト

岡みち・・・天海祐希
秋月康夫・・・生瀬勝久
木下雅則・・・立川談春
阪田三吉・・・笹野高史
岡寛治・・・寺田農
小山玄松・・・渡辺哲
北村純一郎・・・内場勝則
北村みよし・・・萬田久子
阪田ユウコ・・・泉ピン子
岡潔・・・佐々木蔵之介

役どころ

岡みち(天海祐希)
潔とは1925年に結婚し、3人の子供をもうける。
昔で言うハイカラな女性で好奇心旺盛、周りへの配慮もできるし思いやりも深い。夫が数学に打ち込んでいるため収入も少なく、ギリギリの生活をするも子供たちとともに明るく応援している。

なにより夫の才能を一番信じている人。

秋月康夫(生瀬勝久)
京都大学で潔とは親友。潔の溢れんばかりの才能を見つけたため生涯応援をする。

木下雅則(立川談春)
京都大学の数学科教授。どちらかというと潔の発見を受け入れがたい部分もあったが、潔が認められるきっかけともなる。

阪田三吉(笹野高史)
明治から昭和を代表する天才棋士

岡寛治(寺田農)
潔の父

小山玄松(渡辺哲)
みちの父

北村純一郎(内場勝則)
医者(眼科)でみよしの夫。

北村みよし(萬田久子)
みちの姉で、さっぱりしている性格

阪田ユウコ(泉ピン子)
阪田三吉の妻

岡潔(佐々木蔵之介)
生まれは大阪で里は和歌山
京都帝国大学理学部卒業し、フランスにも留学していた。
文化勲章も受賞している。

多変数複素関数論「ハルトークスの逆問題」を発案
15年という長い年月をかけて三大問題を解決

潔の研究は難しすぎるために国内ではあまり理解されなかった。

 

スポンサーリンク

 

天才を育てた女房にはモデルはいる?

このドラマに出てくる、岡潔さんという数学者は実在の人物です。ドラマでも出てくる「多変数解析関数論」というものと出会い、何年もかけて解決をした人です。

モデルの岡潔さんの経歴

出身地は、大阪府大阪市ですが、元々先祖は今の橋本のあたりの出身。

(1901~1978)
・1922年 京都帝国大学物理学科入学し数学科に変わりその後卒業
・フランスに留学して帰ってきてからは広島文理科大学で助教授になる。
・数学の研究を進め「多変数解析関数論」という難題を解決。
・1949年、奈良女子大学教授に就任
・1969年、京都産業大学教授に就任

「文化勲章」
「毎日出版文化賞」
「勲一等等瑞宝章」
などを受賞。

ノーベル賞を受賞した湯川秀樹さんや朝永振一郎さんにも京都大学で教え、影響を与えた人物です。

岡潔さんの名言

岡さんは、エッセイなども残されていて多くの名言も残しておられます。

・生まれて、自分の中心をつくろうという時期に、家庭にそういう雰囲気が欠けていたら、恐るべき結果になるだろう

・苦心を払わせるものを私は情熱といっている

出典:人間の建設

 

 ・広い世界のものには関心が持ちにくく、狭い世界のものには関心が持ちやすい。

・人間が人間である中心にあるものは、科学性でもなければ、論理性でもなく、理性でもない、情緒である。

いま、たくましさはわかっても、 人の心のかなしみがわかる青年がどれだけあるだろうか。

・いまの教育では個人の幸福が目標になっている。人生の目的がこれだから、さあそれをやれといえば、道義というかんじんなものを教えないで手を抜いているのだから、まことに簡単にできる

出典:春宵十話

まるで哲学者のようですね。「人を先にして自分を後にせよ」と育てられた岡潔さんの芯にある揺るぎない信念と、そして今現在の私たちにも語り掛けるような表現力もスゴイです。

天才を育てた女房のあらすじ

世界に誇れる日本屈指の天才数学者、岡潔。

数学に魅せられて人生を捧げるも、天才だからこそ苦悩や挫折を味わいとらわれてしまった夫。

そして夫の良き理解者だったのが妻のみち。

数学という世界にどっぷりはまってしまった夫に振り回されながらも、どんなことがあっても信じてついてきた岡みち。岡潔は世界にある難問をひとつずつ解決していきますが、その理論が日本の数学界には受け入れられず夫婦にも苦しみが訪れます。

しかし、みちはいつまでも見守り、夫を文化勲章にまで導きました。

まとめ

天海祐希さんが数学者の夫を強力に支える強い妻を演じます。インタビューでは「天真爛漫」という言葉が出てきていますので、キャスティングはピッタリですね。

この妻のサポートがあってこそ、天才として世間に認められたという夫婦愛のお話しです。

脚本は、ドクターXを手がけた林誠人さんが書かれますので、かなり面白くなることは間違いないと思います。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2018年 あなたの運勢は第何位?

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ