menu

いいね! プレス

高島彩の第二子の性別は?流産していた過去や父は俳優?




スポンサーリンク

2016年に入り、第二子を妊娠したことを発表していた高島彩さんとゆずの北川悠仁さん。北川さんから、出産したことが発表されました。気になる性別やこれまでの流産のことなど調べてみました。

高島彩さんの簡単なプロフィール

生年月日:1979年2月18日
出身地:東京都
身長:163㎝
血液型:B型
学歴:成蹊大学法学部政治学科卒業 

2001年、フジテレビアナウンサーとして入社。
2010年、フジテレビ退社後はフリーアナウンサーとなる。

出演番組
「アヤパン」「スーパー競馬」「めざましテレビ」など

高島彩さんの第二子の性別は?

ゆずの北川悠仁さんより、高嶋彩さんが2人目のお子さんを出産したことを公式に発表しました。3065グラムの女の子だそうです。二児の父親になった喜び溢れるメッセージが公開されていました。

2014年2月17日にひとりめの女の子が生まれています。ふたりのお子さんの娘なので、綺麗になりそうですね・・・。

高島彩さんは流産していた?

今となっては、親としてとても幸せそうなお二人ですが、実は過去には辛い思いもあったようです。2011年に6年越しの恋愛を経て結婚をし、豪邸を購入し順風満帆なように見えた夫婦生活でしたが、結婚してから半年後、妊娠4ヶ月目に発表する寸前、染色体異常で子宮内で胎児が亡くなっているということがわかりました。妊娠12週を超えていたために出産と同じ分娩が行われたんだとか・・・。

その後、妊娠するも「科学的流産」というものを経験したそうです。
科学的流産とは受精はしたものの、着床が続かなかった状態のことだそうで、受精後発育が止まったり、受精はしたものの着床に失敗した時の症状です。
この場合、妊娠検査薬が「陽性」反応を起こすことが多いらしく、高嶋さんもこの状態となりかなり落ち込んだそうです。

そして、再度妊娠がわかった時、マスコミに発表はしたものの、胎盤が子宮口をふさいでいる「全前置胎盤」という状態だったようです。さらに「切迫流産」の診断もされたそうですので相当心身ともに辛かったでしょうね・・・。

2014年2月に夫の北川悠仁さんの立ち合いの元無事に出産されたそうで、正午12時から午後8時くらいかかった出産後は涙が出たと語っていたそうです。
第二子も無事に生まれて本当に良かったですね。

高島彩さんの父は俳優?

高島さんのお父さんが実は、日活ニューフェースの第5期生で竜崎勝(本名:高島史旭)という俳優でした。同期に高橋秀樹がいたようで、どちらも娘がフジテレビアナウンサーをしているというのはなんだか不思議な縁ですよね。

お父様は高嶋さんが5歳の時に亡くなりあまり記憶にはないようです。1984年に肝硬変で亡くなったお父様は、大河ドラマや時代劇を中心に、「太陽にほえろ」などの現代劇にも出演されていたので、かなり有名な俳優さんだったと思われます。

ちなみに、お兄さんは高嶋郷さんで、元俳優をされていてCMなどにも出演されたいたようですが、今では会社員となっておられるようです。

実は芸能一家だったんですね・・・。アナウンサーは容姿も求められますが、アヤパンがアナウンサーとして出てきたときは、目立っていたのは、お父様の血が引き継がれているのかもしれません。

北川さんと家族4人となりママアナウンサーとして今後も活躍されそうです!

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ