menu

いいね! プレス

田知本遥(女子柔道金メダル!)は怪我を乗り越え金誓う!可愛い高校時代や中学とは!




スポンサーリンク

女子柔道70㎏級、ノーシードから勝ち上がり見事金メダルを獲った田知本遥さん。ロンドン五輪では怪我により成績が振るわなかったものの、姉の78㎏級で出場できなかった姉の愛さんと共にリオの金メダルを目指しました。

金メダルを獲った時に遥選手が姉の愛さんの首に金メダルをかけていた姿にはグッときましたね。

田知本遥さんのリオ五輪での戦いは?

■一回戦  
周超(中国) 一本勝ち/抑え込み 世界23位  
■二回戦  
キム・ポリング(オランダ) 大外刈/有効  世界1位
■準々決勝
ケリタ・スパンチッチ(カナダ) 谷落とし/技あり 世界10位
■準決勝
ラウラファルガスコッホ(ドイツ) 大外刈り/技あり 世界4位
■決勝
ユリ・アルベアル(コロンビア) 横四方固め/技あり 世界3位

田知本さんは世界ランキング14位。格上の相手に臆すことなく勝ち上がっていったということになりますね。しかしリオ五輪では楽な試合ばかりではなく、二回戦と準々決勝は連続で延長戦となりました。

特に注目されていたのは二回戦のオランダのキムポリング戦、相手は第一シードで世界ランキング1位で厳しい戦いになると予想されていましたが、田知本選手は始終攻め続け、動きもよく世界王者に優勢な戦いをしていました。流血もあり試合は中断されたりとハラハラさせられることもありましたが、結局は延長戦でも攻め続け見事、大外刈り有効をとり勝利しました。

この勝利が勢いをつけたのではないかと思われます。

さらに、決勝戦では、コロンビアのユリ・アルベアルに技ありからの横四方固めをしたときに田知本さんの頭には「絶対離さない」と思っていたんだとか・・・。

試合運びを見ていてポーカーフェイスの田知本選手が表情を緩めたのは、決勝の後、お姉さんとのツーショットで金メダルを首にかけたところを見るとふたりが一緒に獲った金メダルなんだな~と感じました。

田知本遥さんのリオ五輪までの困難とは?

田知本さんはロンドン五輪も出場をしていましたが、左肘の怪我で成績も振るいませんでした。そればかりではなく、五輪を控えた2015年2月にはグランプリ・デュッセルドルフに出演するために、現地に赴いたが、風邪の症状があったために、市販の風邪薬を飲みました。
その風邪薬にドーピング規定に違反する物質メチルエフェドリンが含まれていたんです。

それが原因で、試合にも出れず全日本柔道連盟から強化選手を除外されるという事態になりました。
注意を怠ってしまったとはいえ厳しい処分に田知本選手はずっとふさぎ込んでいたんだといいます。

それを救ったのはお姉さんの愛さん。

「なにをしているんだ!やれることをやりなさい」と叱ったそうです。そこで田知本さんの目が覚めて復活したそうです。
お姉さんがリオに出場できなくなったときも妹をサポートし続けました。
田知本さんの金メダルはやはりお姉さんなしでは獲れなかったんですね・・・

田知本遥さんの簡単なプロフィール

生年月日:1990年8月3日
出身地:富山県
身長:167㎝
所属:綜合警備保障
女子柔道70㎏級

姉:田知本愛(綜合警備保障所属)

スポンサーリンク


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ