menu

いいね! プレス

染谷将太(白戸家のお父さん)が菊池凛子と結婚した理由は?年の差で離婚の危機?!




スポンサーリンク

ソフトバンクCMではお父さんの若いころを演じたり、寄生獣でインパクトのある演技を見せてくれる演技派の俳優、染谷将太さん。子役時代から天才と言われていたそうです。「ヒミズ」ではヴェネツィア国際映画祭で賞をとるなど実力のある俳優さんです。

染谷将太さんの簡単なプロフィール

生年月日:1992年9月3日
出身地:東京都
身長:172㎝
血液型:A型

7歳の時から、子役として活動する。
9歳のときに「STACY」で映画初出演
2009年、映画「パンドラの匣」に出演。
2011年、映画「ヒミズ」でヴェネツィア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)
2012年、映画「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」で毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞を受賞。
2013年、映画「ヒミズ」「悪の教典」で日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞。

染谷将太さんが菊池凛子さんと結婚した理由は?

染谷さんは2015年1月1日に女優の菊池凛子さんと結婚しました。突然のことに驚かれた人もいるかもしれません。しかも2人の年齢差は11歳差!菊池さんの方が年上です。

これだけの歳の差を乗り越えてまで結婚するのはやはりなにか理由があったのかとおもってしまいますよね・・・。
ふたりは、2014年に共通の知り合いに紹介されて出会いますが、出会ったその瞬間に「菊池凛子に会う前までは結婚願望はなかった、しかし、彼女と会った瞬間に、あ、家族になれるなと思った」そうです。

それだけ、ふたりの相性が良かったのですね。結婚するカップルには見た瞬間「この人だ!」と思う方がいらっしゃるようですが、まさしくこのパターン。
本当に羨ましい限りです。

興味深いアンケートがあって、全国の約800人を対象に、出会った瞬間、「この人と結婚するかも」と考えて結婚した人は20代で38%いたそうです。そして、そういった方が離婚する確率は他のカップルよりも離婚経験率が1.6倍にもなるというデーターもあるそうなのですがこのお二人は当てはまるのでしょうか・・・。
 
おふたりはそれぞれ、感性豊かな芸能人なので、波長などを感じる力も強かったのかもしれませんね・・・

染谷将太さんが寄生獣で入り込みすぎた?!

染谷さんは、ソフトバンクのCMの白戸家のお父さんの若いころを演じられてとても印象的でしたが、ちょっとクセのある役どころが似合いますよね・・・。染谷さんの代表作である寄生獣の演技も現場では大変だったと言います。

寄生獣は、とある高校生が謎の寄生獣と一緒に暮らさなければならなくなったというマンガから映画化されたもので、染谷さん演じる泉新一の右手に寄生したパラサイトがいるという演技を何もないところで演じていて、その寄生獣ミギーはほとんどCGとなるためにとても不思議な演技をしていたらしいです。

ずっと演じていて、ふと自分の右手にミギーがいるように見えたらしく監督に「ミギーが見えました!!」と言ったところ、監督は冷静に「お前大丈夫か!!!」「5ケ月間も撮影しているとそうなっちゃうのか!?」とシュールに返されたとの逸話もあります。

とても不思議な魅力を持った染谷将太さんですが、存在感のある演技を今後も見せて欲しいものです!

スポンサーリンク


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ