menu

いいね! プレス

信濃のコロンボ5のあらすじ!キャストと長野県歌「信濃の国」の歌詞




Pocket

これまで、何度もドラマ化されてきた内田康夫のサスペンスの信濃のコロンボ5が2週連続で放送されます。第一弾は「信濃の国」殺人事件。主人公の寺脇康文さんが扮する警部、竹村岩男は見かけはイマイチですが、その粘りと推察力は人一倍優れている刑事です。

田舎の街で起こる事件を調査し、解決に導きます。

タイトルにもあるように長野県のいわゆる信濃が舞台ですが、今回は長野県の県民ならみんな知っているという長野県歌「信濃の国」の歌詞も重要なカギを握ることになります。

そこで、信濃のコロンボ5の主要キャストと、あらすじに加え長野県歌「信濃の国」にも注目していきましょう。

スポンサーリンク

信濃のコロンボ5〜「信濃の国」殺人事件〜のあらすじ

竹村岩男(寺脇康文)は妻の葉子(麻生祐未)と一緒に休暇で木曽に遊びにきていました。もちろん友人の丸山亮平(温水洋一)も一緒に来ている。長野県の木曽の観光名所を巡って、景色を写真におさめたり、一句詠んだりと楽しく過ごしていた。

バスツアーの観光客と合流するとバスガイドが長野県歌「信濃の国」の説明途中。

木曽の大橋からあたりの景色を楽しんでいると突然パトカーのサイレンが鳴り響きます。それは、水内ダムで遺体が見つかったもので、被害者は毎朝新聞の記者である、牧田祐三(井上康)だった。

竹村が現場に入り遺体のそばにいくと長野西署の署長である安岡警視正(山田純大)が捜査中であったが声をかけてきた。それは、安岡の竹村へのけん制である。

捜査本部には竹村も参加することになるが、牧田の死因は首を絞められたものと判明。しかも睡眠薬も検出された。竹村は慎重に発言するも安岡はあまり県警にクビをツッコんでほしくないと語ります。

安岡はキャリア組で会議でも幅を利かせている。長野県警捜査一課長の宮崎良雄(螢雪次朗)ですら、ノンキャリアのために言いなりになっていた。

しかし、安岡自身できる男で動きは素早い。重要参考人として牧田の部下の中嶋英俊(石垣佑磨)を連行してくる。それは、中嶋と牧田とが居酒屋でもめていたとの目撃情報が入り、しかも中嶋にはアリバイがないことがその理由だが竹村はイマイチ腑に落ちない部分があった。

第二の殺人事件が起こった。暮白の滝の近くで絞殺された死体が放置されていた。東京に住む谷口節男(舩坂裕貴)が被害者。しかも、この男も睡眠薬を飲んでいた。牧田の時とおなじ手口なので、竹村は2つの事件を一緒に捜査したいと宮崎に言うも却下され、谷口の事件だけを調べるように命令される。

竹村は巡査部長・木下隼人(川村陽介)と東京へ向かい、警視庁捜査一課の岡部警部(高橋克典)と聞き込みをすると、やはり二つの事件には共通点が多く、牧田と谷口の接点をさがす。

ちょうど長野県では県知事選が公示されて、平沼武太郎(山本圭)という立候補者の応援スタッフとして丸山と陽子が手伝っていました。秘書には長野を愛する入江紀子(平田薫)が仕えている。

平沼は演説の冒頭に「信濃の国」を歌うのが決まりとなっていた。

竹村が長野に戻ると、中嶋の妹である美佐子(原田佳奈)と中嶋の同僚で新聞記者の青木建夫(須田邦裕)が訪れます。青木は中嶋の無実を主張すると、ふと竹村は牧田と谷口の事件を語ります。

青木と美佐子は個別に2人のことを調べ始めます。

時期を同じくして、第三の殺人事件が発生。被害者は甘利知美(わかばかなめ)で姨捨山長楽寺に遺棄されていた。手口は第一と第二の事件と同じのため竹村は一緒に捜査すべきだと言うも安岡の影があるので宮崎は首を縦に振らない。

個別に調べていた美佐子からの連絡で、牧田と谷口の父が1980年代に長野県議会議員をしていたことが判明する。当時は長野オリンピックの招致を議会で論議していた時期だったが、二人ともすでに亡くなっていた。

夜、竹村は陽子に事件のことを語ると、ふと陽子があることに気づきます。それは、3つの死体遺棄現場が「信濃の国」の四番の歌詞に出てくる場所ということ・・・。

なにかメッセージ性を感じる竹村だったが・・・。     

スポンサーリンク

長野県歌の「信濃の国」の歌詞

今回のお話しの鍵を握るのは、長野県歌の「信濃の国」という歌の歌詞です。あらすじでも説明したとおり、歌の四番の歌詞に出てくる場所に、3つの事件の被害者が遺棄されるのです。 

「信濃の国」は、1899年(明治32年)に長野県師範学校教諭の浅井洌(きよし)が作詞、翌1900年(明治33年)に同校教諭の北村季晴(すえはる)が作曲しました。「信濃の国」はもともと信濃教育会(注)が作った唱歌です。

出典:長野県

長野県の調べによると、この歌の県民の認知度はなんと80%だそうです。
信濃の国とは、大化の改新(645年)以後に設置された行政区間と言いますからかなりの歴史のある場所なんですね。

今回の4番の歌詞

尋ねまほしき園原や 旅のやどりの寝覚の床
木曽の棧(かけはし)かけし世も 心してゆけ久米路橋(くめじばし)
くる人多き筑摩(つかま)の湯 月の名にたつ姨捨山(おばすてやま)
しるき名所と風雅士(みやびお)が 詩歌に詠てぞ伝えたる

今回の事件の場所
第一の事件:水内ダム(久米路橋)
第二の事件:暮白の滝
第三の事件:姨捨山長楽寺

信濃のコロンボ5〜「信濃の国」殺人事件〜のキャスト

竹村 岩男・・・寺脇康文
竹村 陽子・・・麻生祐未
宮崎 良雄・・・螢 雪次朗
木下 隼人・・・川村陽介
丸山 亮介・・・温水洋一
中嶋 英俊・・・石垣佑磨
青木 健夫・・・須田邦裕
中嶋 美佐子・・・原田佳奈
戸沢 信夫・・・村松利史
遠山 幸一・・・伊藤正之
安岡 和利・・・山田純大

役どころ

竹村 岩男(寺脇康文)
長野県警捜査一課警部

竹村 陽子(麻生祐未)
岩男の妻

宮崎 良雄(螢 雪次朗)
長野県警捜査一課 課長

木下 隼人(川村陽介)
竹村の相棒で長野県警捜査一課の巡査部長

丸山 亮介(温水洋一)
竹村岩男の友人で町医者

中嶋 英俊(石垣佑磨)
被害者牧田の元部下

青木 健夫(須田邦裕)
新聞記者で中嶋の同僚

中嶋 美佐子(原田佳奈)
中嶋の妹

戸沢 信夫(村松利史)
タクシードライバー

安岡 和利(山田純大)
長野西署の署長である警視正

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2017年の秋ドラマの話題!

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ