menu

いいね! プレス

シグナルは岩田(甲本雅裕)が黒幕なの?大山失踪の真相を韓ドラの原作からネタバレ!




Pocket

現在と過去が1つの無線機で繋がるサスペンスドラマの「シグナル~長期未解決事件捜査班~」。このストーリーは、韓国ドラマで大人気だったものを日本の話としてリメイクしています。

小さなころに女児誘拐殺人事件の現場で犯人を見てしまったことから物語が始まります。

15年経ったあと、警察官となった三枝健人(坂口健太郎)が、たまたま廃棄されそうな無線機から過去の大山刑事(北村一輝)とつながって犯人を追い詰めました。

大山刑事とは何度も無線機で交信をしながら長期未解決の事件を解決していますが、当の大山刑事自体は、なぜか今現在どこにも姿がありません。

女児の事件の操作を最初に担当したのが、若かりし頃の大山刑事と岩田捜査一係長だったのです。

警察内にあってなぜか胡散臭いイメージのある岩田(甲本雅裕)は、長期未解決事件班の上司ながらなにか心に秘めているようにも見えます。

シグナルでは岩田が黒幕でなにか知っているのかなど韓ドラの結末からネタバレです。

 

シグナルの基本のキャスト

三枝健人・・・坂口健太郎
大山剛志・・・北村一輝
桜井美咲・・・吉瀬美智子
山田勉・・・木村祐一
小島信也・・・池田鉄洋
安西理香・・・青野楓
加藤亮太・・・神尾楓珠
岩田一夫・・・甲本雅裕
中本慎之助・・・渡部篤郎

三枝健人(坂口健太郎)

パクヘヨン

長期未解決事件捜査班の刑事。
小さい頃目撃した女児誘拐殺人事件で相手にされなかったことや、兄の事件を目の当たりにしているために警察という組織には冷めた目で見ている。

大山剛志(北村一輝)

イ・ジェハン

元、城西警察署の刑事であったが、今は行方がわからない。
無線機を通して三枝と交信し事件の解決をする。正義感が強く、不正を許さない熱血漢。

桜井美咲(吉瀬美智子)

チャ・スヒョン

警視庁長期未解決事件捜査班の刑事。
大山とは新人のころに指導を受けていた。失踪した大山を探している。

山田勉(木村祐一)

キム・ゲチョル 

警視庁長期未解決事件捜査班の刑事。
正義感はあるが、行動には結びつかないタイプ。

小島信也(池田鉄洋)

チョン・ホンギ

長期未解決事件捜査班の鑑識官

安西理香(青野楓)

オ・ユンソ

慶明大学医学部の准教授

加藤亮太(神尾楓珠)

パク・ソヌ

健人の兄で、とある事件で逮捕をされてしまい自ら命を絶ってしまった。健人にとっては兄の事件が人生を変えてしまう。

岩田一夫(甲本雅裕)

アン・チス

警視庁捜査一課の係長。中本の部下で、長期未解決事件捜査班の三枝や桜井を密かに見張っている。

中本慎之助(渡部篤郎)

キム・ボムジュ

警視庁の刑事部長。これまで、政治家や大物の隠ぺい工作などをしながらのし上がってきた男

 

スポンサーリンク

 

これまで日本で放送されたネタバレ

ストーリーの流れ

女児誘拐殺人事件(15年前)

三枝は小さい頃、女児誘拐殺害事件の犯人の女を目撃し、警察に言いに行きますが、相手にされませんでした。警察は、ある男を犯人だとし容疑者として指名手配します。

結局見つからず、お蔵入りとなりました。

15年後、三枝は、プロファイルをアメリカで学び、日本の警察官となって長期未解決事件捜査班に配属されます。

ある夜、警察を出ると破棄されていた無線機から声がすることに気づきます。

その無線機から聞こえてくるのは、大山という刑事からの会話。

大山が言うには、谷原総合病院に向かって遺体を見つけたという報告。それを聞いて、三枝は半信半疑で谷原総合病院に忍び込み同じ排水路を見ると、男の白骨死体を見つけます。

その遺体は、女児誘拐殺人事件の容疑者とされていた男。

にわかに、事件は動き出し、病院にゆかりのある女性を探しだし時効まで数時間というところで事情聴取を行います。攻防は続きますが、結局自白も聞き出せずに時効成立。

とうとう時効をやり過ごした犯人は笑顔も見せ、立ち去ろうとしますが、直後に逮捕されることになります。

女児殺害の事件では罪を問うことができないものの、容疑者とされる男への罪で逮捕されることになりました。

この事件がきっかけとなり、時効の法律の改正が行われて凶悪犯罪は時効が成立しないことや「長期未解決事件捜査班」が発足。

女性連続殺人事件(1997年)

帰宅途中の女性が複数襲われ、結束バンドで手足を縛られるという遺体が発見された。同じ手口から同一犯とされていたが、証拠も少なく迷宮入りをしていました。

三枝は現場と照らし合わせると、同じ経路のバスを使っていることがわかります。そこで、バスの運転手に話しを聞きにいくも怪しい人はいなかったという答え。

しかし、2018年になり同じ手口で殺されている遺体が発見されます。

無線で、大山に事件の被害場所を伝えると、大山はひとりの被害者を助けることになりました。現場から逃げる男を追いかけバス停で取っ組み合いをし逮捕するもその男は容疑を否認。

そして、被害者となるはずの女性を助けたことで、未来(2018年)の事件の内容が三枝の前で変化していきます。

未来は変えられると思った瞬間でした。

大山が逮捕した男は実は無実で誤認逮捕で取調室で亡くなることが2018年の資料に残されていました・・・。そのことを三枝が伝えるも時すでに遅し・・・。

その後、三枝は次の被害者を大山に伝えると、大山の表情が真っ青になります。

それは、大山がみどりという懇意にしている女性だったから。

大山は、容疑者を逮捕するときにバスが発車したことを思い出し、三枝が訪れたバスの運転手に会いに行きます。

田中という運転手は、誰も乗っていないと言いますが、その場に居た息子が当時逃げた男だと直感。格闘の末、ビルの屋上から息子を落としてしまい、田中の息子は体が不自由になってしまいました。

1977年では物証がなく検挙できなかった事件でしたが、大山がみどりにプレゼントした髪留めの血痕とDNAから2018年に犯人を特定し田中を自白に追い込みました。

岩田は何か知っている?韓国版からネタバレ

※( )内は韓国版のキャスト名です。

事件を解決していくうちに三枝(ヘヨン)は、大山(ジェハン)がなぜ失踪したのか、そして懲戒免職になった経緯を知りたいと調査をし始めました。

三枝(ヘヨン)とうてい大山(ジェハン)がそんなことをするようには思えず、なにか裏があるのではと思い始めます。特に、捜査部長の中本や捜査一係長の岩田になにかただならぬものがあるようだ。

次の事件は「大盗事件」といい、政治家の議員の家などから金品が盗まれた事件であったが、これも未解決だった。過去の大山(ジェハン)から、この事件の窃盗犯人を教えてほしいと言われも、三枝(ヘヨン)は、実際の名前を教えることなく事件解決の流れを伝えます。

大山(ジェハン)が捜査をしていくと、大山の友人に行きつきました。

友人を連行している最中に、友人の娘が事故にあって亡くなってしまいます。そして、指紋などを確認すると誤認逮捕だったのです。

友人は服役後、誘拐事件を起こしその捜査にあたっていた桜井刑事が命を落としてしまいます。

実際の犯人は、有力者の息子だとわかり、過去の世界で誤認逮捕が確認され釈放されるも、その友人はまた娘の事件に関連した人間を殺害してしまいました。

しかし、過去を変えたことで現在の桜井刑事は事故にも遭遇せず生きています。

大盗事件は、汚職に関わった人物の家に盗みに入ると言ういわば表に出てほしくない事件で、中本がそのことをうやむやにしていた人間だった。

大山は取り調べをしていて、その情報も知ってしまい、中本とは対立を深めていました。

大盗事件で見つかってない青いダイヤに汚職の秘密があるとして、大山が追っていました。三枝の方でも、大山が失踪した謎について調べていました。

捜査していくと、女子高生集団暴行事件について大山が調べていたことを知ります。この事件は、三枝の兄が主犯格として逮捕され、その後亡くなっていました。

事件も、不可解なことが多く記録にもないが、中本が取りやめの指示をしていたのだ。

兄が絡んだ事件であるため三枝は、大山に対してこの事件の真相の解決を頼みます。当時の担当として大山と若かりし岩田があたることになりました。

三枝もこの事件を調べていくと、何者からかのメッセージで事件の真相を知りたければ待ち合わせ場所に来いと岩田から電話がかかり、三枝が向かうと、その場には岩田が血を流して倒れていました。

虫の息の岩田は、大山の失踪が自分の仕業であること、大山を殺してしまったのは自分だと言い亡くなりました。

岩田の指定した場所からは、大山の白骨化した遺体が見つかります。

岩田は実は、白血病の娘がいて、高額な治療費のために中本の指示を受けざるを得なかったことがわかります。

まとめ

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2018年 あなたの運勢は第何位?

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ