芸能・エンタメ・スポーツその他の旬な話題をお届け! 有名人からこれから注目のあの人まで!!

menu

いいね! プレス

指原莉乃が監督の映画の評価は?過去の苦い大コケ体験とは?写真集では奇跡の美脚も?

itigo_mini
スポンサードリンク

AKB48総選挙では総選挙史上最多得票数で1位となった指原莉乃さん。アイドルなのに笑いもとれるために、バラエティでもよく見かけますよね。しかも映画監督をつとめた「尾崎 支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」は面白いとの評判も・・・さらに、写真集では美脚と美尻も披露してまた違った魅力を見せています。

今はアイドルとして活躍するさっしーも実は昔は暗かったという意外な過去も・・・最近ではHKT48の制服が年齢的にきつくなってきたという指原さんももう24。過去のことそれから好きなタイプなど調べてみました。

指原莉乃さんの簡単なプロフィール

生年月日:1992年11月21日
出身地:大分県大分市
血液型:O型
身長:159㎝
スリーサイズ:73 – 53 – 81.5 cm

中学校時代、AKB48 第二回研究生(5期生)オーディションを受けて合格して東京へ上京する。その冬にはデビュー
2009年『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では27位でアンダーガールズに入る。
2013年『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』では初の1位となりセンターとなる。

監督を務めた映画でリベンジ?

「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」では監督を務めたという指原さん。HKT48のドキュメンタリー映画ではあるが、ファンならば一度は見てみたい選抜メンバー選定の会議や、シビアなアイドル事情のようなものを鋭く切り込んだ作品。

元々、アイドルが大好きだったという指原さんならではの視点だととても高評価となっています。

・・・がしかし映画では過去に苦い思い出があるさっしー。

自分が主演となった「薔薇色のブー子」が興行収入が1000万円にも届かず打ち切りになり大コケをした経験がある。
 ダメダメ作品だったと答えていることから、今回の監督としての映画には並々ならぬ思いがあったのかもしれませんね

小さいころは暗かった?

指原莉乃さんは、中学時代にはとても暗く、しかも不登校だったらしいです。でもアイドルは大好きで特にハロプロの2ちゃんねるではずっとコメントを書いていたとのこと。

学校で問題がおこり不登校となったその年にAKBのオーディションを受けていることから、かなり切り替えの早い人なのかもと思います。

こんな人と付き合いたい

「理想のタイプは自分のことを拒む人」と答えてるのですが、ざっくりしていてなんだかわかりづらい・・・(笑)

どうやらその意味は基本AKBでは恋愛禁止なので、そんなことも含めて考えてくれる人・・・つまり自分の立場を気づかってくれる人ということらしいです。

ネットではKis-My-Ft2の千賀健永さんとの熱愛も噂になっているようですが真相はどうなんでしょう・・・

 単独の写真集では、大胆な姿に挑戦をしていて、なんと!美脚とともに綺麗なヒップラインまで披露している指原さん。これからの活躍が楽しみですね♪

スポンサードリンク
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
IP分散サーバー