menu

いいね! プレス

流行語大賞の歴代ノミネート一覧!大賞芸人が消えるジンクスとは?




Pocket

その年の世相を表す流行語大賞。2017年度も候補が出てきて盛り上がっています。毎年社会現象や事件、時には天候まで流行語は入ってきますが、特に多いのが芸人さんのギャグ。

覚えやすくてインパクトがあるので、ほぼ毎年入ってきますよね?今年はなぜか、豊田真由子元議員が秘書に発した言葉「このハゲー!」ではなく「ちーがーうーだーろー!」が意図せずノミネートされてしまったことでも話題になっています。

毎年の芸人さんのギャグについては、ほぼ毎年ノミネートされ大賞も獲得されることが多いですが、なぜか大賞をとった人はその後芸能界から去ってしまうというジンクスもあります。

そのジンクスも含め調べてみました。

スポンサーリンク

流行語大賞の歴代ノミネート一覧(過去10年間)

2017

アウフヘーベン
インスタ映え
うつヌケ
うんこ漢字ドリル
炎上〇〇
AIスピーカー
9.98(10秒の壁)
共謀罪
GINZA SIX
空前絶後の
けものフレンズ
35億
Jアラート
人生100年時代
睡眠負債
線状降水帯
忖度
ちーがーうーだーろー!
刀剣乱舞
働き方改革

2016

神ってる(年間大賞)
ゲス不倫(トップテン)
聖地巡礼(トップテン)
トランプ現象(トップテン)
PPAP(トップテン)
保育園落ちた日本死ね(トップテン)
(僕の)アモーレ(トップテン)
ポケモンGO(トップテン)
マイナス金利(トップテン)
盛り土(トップテン)

アスリートファースト/ 新しい判断/ 歩きスマホ/ EU離脱/ AI/ おそ松さん/ 君の名は。/ くまモン頑張れ/ 斎藤さんだぞ/ ジカ熱/ シン・ゴジラ/ SMAP解散/ センテンススプリング/ タカマツペア/ 都民ファースト/ パナマ文書/ びっくりぽん/ 文春砲/ 民泊/ レガシー

2015

爆買い(年間大賞)
トリプルスリー(年間大賞)
安心してください(穿いてますよ)(トップテン)
まいにち、修造!(トップテン)
五郎丸(ポーズ)(トップテン)
1億総活躍社会(トップテン)
エンブレム(トップテン)
アベ政治を許さない(トップテン)
シールズ(SEALDs)(トップテン)
ドローン(トップテン)

インバウンド/ 刀剣女子/ ラブライバー/ アゴクイ/ ドラゲナイ/ プロ彼女/ ラッスンゴレライ/ あったかいんだから/ はい、論破!/ 福山ロス(ましゃロス)/ 火花/ 結果にコミットする/ 上級国民/ 白紙撤回/ I AM KENJI/ I am not ABE/ 粛々と/ 切れ目のない対応/ 存立危機事態/ 駆けつけ敬語/ 国民の理解が深まっていない/ レッテル貼り/ テロに屈しない/ 早く質問しろよ/ 戦争法案/ 自民党、感じ悪いよね/とりま、廃案/ 大阪都構想/ マイナンバー/ 下流老人/ チャレンジ/ オワハラ/ スーパームーン/ 北陸新幹線/ ミニマリスト/ ルーティン/ モラハラ/ フレネミー/ サードウェーブコーヒー/ おにぎらず

2014

ダメよ~ダメダメ(年間大賞)
危険ドラッグ(トップテン)
ありのままで(トップテン)
レジェンド(トップテン)
妖怪ウォッチ(トップテン)
マタハラ(トップテン)
ごきげんよう(トップテン)
カープ女子(トップテン)
壁ドン(トップテン)

輝く女性/ バックビルディング/ トリクルダウン/ 家事ハラ/ こぴっと/ リトル本田/ ゴーストライター/ マイルドヤンキー/ JKビジネス/ マウンティング(女子)/ 女装男子/ セクハラやじ/ 限定容認/ 勝てない相手はもういない/ ワンオペ/ 消滅可能性都市/ ミドリムシ/昼顔/
 ビットコイン/ STAP細胞はあります/ まさ土/ デング熱/ 2025年問題/ アイス・バケツ・チャレンジ/ レリゴー/ タモロス/ リベンジポルノ/ 絶景/ ゆづ/ 塩対応/ こじらせ女子/ 号泣会見/ 集団的自衛権/ 積極的平和主義/ ハーフハーフ/ 壊憲記念日/ 雨傘革命/ 塩レモン/ エボラ出血熱

2013

今でしょ!(年間大賞)
お・も・て・な・し(年間大賞)
じぇじぇじぇ(年間大賞)
倍返し(年間大賞)
アベノミクス(トップテン)
ご当地キャラ(トップテン)
特定秘密保護法(トップテン)
PM2.5(トップテン)
ブラック企業(トップテン)
ヘイトスピーチ(トップテン)

母さん助けて詐欺/ 美文字/ ななつ星/ ビッグデータ/ ダークツーリズム/ 富士山/ バカッター/ 困顔メイク/ ダイオウイカ/ あまロス/ ハダカの美奈子/ フライングゲット/ NSC/ 3本の矢/ 特定秘密/ 追い出し部屋/ ネット選挙/ 引いたら負け/ スポーツの底力/ NISA(ニーサ)/
弾丸登山/ DJポリス/ パズドラ/ SNEP(スネップ)/ さとり世代/ ご当地電力/ こじらせ女子/ 日傘男子/ 激おこぷんぷん丸/ 涙袋メイク/
ビッグダディ/ ふなっしー/ マイナンバー/ 集団的自衛権/ 汚染水/ 限定正社員/ ナチスの手口に学んだら/ アホノミクス/ 二刀流/ シライ/
コントロールされている

2012

ワイルドだろぉ(年間大賞)
iPS細胞(トップテン)
維新(トップテン)
LCC(トップテン)
終活(トップテン)
第3極(トップテン)
近いうちに・・(トップテン)
手ぶらで帰らせるわけにはいかない(トップテン)
東京ソラマチ(トップテン)
爆弾低気圧(トップテン)

オスプレイ/ 原発ゼロ/ 維新の会/ 塩こうじ/ 遠隔操作ウィルス/ 近いうちに解散/ ネトウヨ/ タニタ食堂/ 決められない政治/ 街コン/ 奇跡の一本松/ ソー活/ あじさい革命/ たかが電気のために/ 休眠口座/ 金環日食/ ステマ/ キラキラネーム/ オッケ~/ 自称霊能者/ いいね!/
ナマポ/ もっといい色のメダル/ 維新八策/ これまでに経験したことのないような大雨/ 27人のリレー/ 竜巻/ 50℃洗い/ ロングブレスダイエット/ 美魔女/ ジュリー/ 大艦トレ/ ビッグパフェ食べたい/ 金メダルに負けない人生/ 佐川男子/ イクジイ/ チーム力/ キンドル/ うどん県/ この人を見よ/ 霊長類最強女子/ 野獣

2011

なでしこジャパン(年間大賞)
絆(トップテン)
帰宅難民(トップテン)
こだまでしょうか(トップテン)
どじょう内閣(トップテン)
どや顔(トップテン)
風評被害(トップテン)
ラブ注入(トップテン)
3.11(トップテン)
スマホ(トップテン)

あげぽよ/ あとは流れで/ アフター4/ 安全神話/ 一定のメド/ エダる/ エンディングノート/ おかわり君/ 推しメン/ お嬢様の目は節穴でございますか/ おねえキャラ/ 瓦礫/ がんばろう日本/ 君、きゃわゆいネェ/ 計画停電/ 原子カムラ/ 災後/ 再生可能エネルギー/ シーベルト/
ジャスミン革命/ 除染/ 節電/ ゼロではない/ 想定外/ ソーシャルメディア/ タイガーマスク/ ただちに/ 脱原発/ 建屋/ タブレット/ 地デジ難民/ 超円高/ 津波てんでんこ/ 東北魂/ 年の差婚/ トモダチ作戦/ 内部被曝/ ノーサイド/ 美ジョガー/ フクシマ50/ 復興/ 平成の開国/
 放射線量/ /ホットスポット /ぽぽぽぽーん /満身の怒り /マルマル、モリモリ /見せましょう野球の底力を /メルトダウン

2010

ゲゲゲの~(年間大賞)
無縁社会(トップテン)
AKB48(トップテン)
~なう(トップテン)
いい質問ですねえ!(トップテン)
イクメン(トップテン)
ととのいました(トップテン)
女子会(トップテン)
食べるラー油(トップテン)
脱小沢/親小沢/反小沢(トップテン)

iPad/(クロス)/カップリング/3D/K-POP/名ばかり高齢者/家庭内野党/ガラパゴス(ガラケー)/白戸次郎もよろしく/生物多様性/ダダ漏れ/どや顔/なんで一段一段なんだろう/ネトゲ廃人/バイクコンシャスライフ/パウル君/はやぶさ/パワースポット/フェニックス/ブブゼラ/ホメオパシー/もしドラ/もってる/モテキ /リア充 /ルーピー /一兵卒 /岡ちゃん、ごめんね /壊し屋 /検察審査会 /見える化(可視化) /・・・ぜよ! /国技を潰す気か /酷暑 /最小不幸社会 /山ガール /終活 /生きもの会議 /待機老人 /断捨離 /東京スカイツリー /年金パラサイト /買い物難民 /ゴルコン /本田△(ほんださんかっけー) /アジェンダ /33人の奇跡 /(W杯)ベスト16 /イラ菅/ダメ菅/〇〇菅
/2位じゃダメなんですか

2009

政権交代(年間大賞)
ファストファッション(トップテン)
子ども店長(トップテン)
新型インフルエンザ(トップテン)
歴女(トップテン)
ぼやき(トップテン)
草食男子(トップテン)
派遣切り(トップテン)
事業仕分け(トップテン)
脱官僚(トップテン)

/990円ジーンズ /ゼロゼロ物件 /のりピーショック /あぶり /のり塩事件 /婚活 /離カツ(離活) /セクスィー部長 /家電芸人 /あると思います /こんなところ来とうはなかった /エコカー減税 /エコポイント /コンビニ受診 /パンデミック /シルバーウィーク /国営マンガ喫茶 /女子力 /アシュラ― /マー君神の子 /侍ジャパン /育成選手 /八ッ場ダム /弁当男子 /定額給付金 /1000円高速 /年越し派遣村 /貧困 /ハウジングプア /小沢ガールズ /オバマ政権 /故人献金 /裁判員裁判 /チェンジ /25%削減 /宇宙人 /ばらまき /飛翔体 /DNA鑑定 /UFOで金星に /核なき世界 /トゥース /オトメン /草食系/肉食系 /1Q84 /ノギャル /カツマ― /実物大ガンダム /キング・オブ・ポップ /ひな壇芸人

2008

グ~!(年間大賞)
アラフォー(年間大賞)
上野の413球(審査員特別賞)
埋蔵金(トップテン)
蟹工/蟹工船(トップテン)
居酒屋タクシー(トップテン)
ゲリラ豪雨(トップテン)
名ばかり管理職(トップテン)
後期高齢者(トップテン)
あなたとは違うんです(トップテン)
 
ねじれ国会 /糖質ゼロ /サブプライム /ミシュラン /オワンクラゲ /キターー!! /あげあげ /姫電 /せんとくん/まんとくん /アキバ系 /ローゼン麻生 /ポ~ニョ、ポニョポニョ、さかなの子~♪ /メーク・レジェンド /千年紀 /おなごの道は一本道にございます。 /オネエマン(ズ) /言うよね? /霞ヶ関埋蔵金 /エア芸 /婚活 /カレセン /くいだおれ太郎 /おバカキャラ /世界のナベアツ /ホームレス中学生/解散!
/私もあなたの作品の一つです /これでいいのだ /キモティー /屁の突っ張りでもないですから /一斉休漁 /汚染米/事故米 /チョリ~ッス
/サイバンインコ /ゆるキャラ /再発防止検討委員会 /毒入りギョーザ /チェンジ(CHANGE) /メタミドホス /ロスジェネ /ゆとり世代
/ねんきん特別便 /燃料サーチャージ /フィルタリング /よし、よし、よーし! /神様 仏様 上野様 /ささやき女将(つぶやき女将) /ガソリン国会 /暫定税率 /フリーチベット /何も言えねー

スポンサーリンク

流行語大賞芸人は消えるジンクス

流行語大賞をとって、圧倒的な人気を誇っても、そういえば全く姿を見なくなってしまったという芸人さんは多いですよね。歴代10年間から、一発屋となってしまった芸人さんを集めてみると・・・。

2008年 エド・はるみ 「グ~!」
フォーマルな姿とは対照的に、突然「グ~!」を連発するネタで一躍人気者となりました。この方、お笑いレッドカーペットなどでジワジワと売れつつあったのですが、大晦日の夜に放送するナイナイの「おもしろ荘SP」で一躍人気となりましよね。

・ドラマ出演を果たした
・24時間テレビのマラソンランナーに選ばれた

上記の活動やブレイクした番組をみると、2017年のブルゾンちえみさんとそっくりなんですよね・・・(;^ω^)
2017年は「35億」がノミネートされています。 

2010年 Wコロン「ととのいました」
謎かけ漫才で人気を博したWコロン。ねづっちさんのもう職人芸ともいえる「ととのいました」でしたがコンビが解散しました。
理由は不仲が話題になるようになるにつれて、露出も減っていき、2015年に解散してしまいました。ねづっちさんと相方の木曽さんちゅうさんの主張には、今でもすれ違いがあり、溝の深さを感じさせられます。

2011年 楽しんご「ラブ注入」
中世的な動きと、「ドドスコスコスコ、ラブ注入」で子どもたちの人気を集めた楽しんごさん。一時期は、テレビで見ない日はないほどでした。
いじられやすいおねえキャラという感じでしたが、2013年、付き人の男性への暴行で書類送検されます。イメージとあまりに違う行動に、テレビへの出演はなくなり、経営していた居酒屋なども閉店に追い込まれました。
現在は、整体師としての収入で生活しているようです。

2012年 スギちゃん「ワイルドだろぉ」
デニムのノースリーブがトレードマークのスギちゃん。スギちゃんは、売れても天狗にならず、「この波は今だけだから」と体調を崩すほど働いたそうです。 礼儀も良く、先輩芸人のウケも良かったとか。
しかし、バラエティー番組の現場で大けがをしてから、微妙に下降線をたどったような気がします。結婚してお子さんも生まれたようですし、ぜひもう一度ブレイクしてほしいですね。

2014年 日本エレキテル連合「ダメよ~ダメダメ」
未亡人朱美ちゃんと細貝さんが絡むネタでブレイクした日本エレキテル連合。「ダメよ~ダメダメ」は、大人から子どもまで幅広く浸透しましたね。
しかし、流行語大賞をとってから、急速に露出が減っていきました。

理由としては、一発屋で終わってしまうという危機感から、朱美ちゃんを封印してしまったことが裏目に出てしまったようです。また、お二人とも人見知りで、フリートークで活躍できなかったのも大きいかもしれませんね。今は、イベントを中心に活動されているようです。

あと、「安心してください履いてますよ」「ラッスンゴレライ」「あったかいんだからぁ」など一世風靡しましたよね・・・。一説によると、1発こういったものがあれば芸人さんの場合、顔が売れているので営業の仕事で潤うという現象もあるらしいですね。

芸人さんのかつてのギャグは少し聞いていて寂しい感じもしますが、その時代には間違いなく輝いていた方々です。「流行語」と言うだけあって、その時一瞬だけ話題になり次のまた流行に流れていくのは仕方のないことですね。

まとめ

流行語大賞をとった芸人さんのその後を見ていると、一度人気者になったあと、継続的に活動することは難しいのだなと考えさせられます。おそらく、流行語になるくらい、ヒートアップして人気が出てしまうと、一般の人々もマネをしたり、テレビで何度も放送したりと何度も聞いたりすることになります。

なので、ドッカーンと打ち上げ花火のように人気が出ると飽きられるのも早いのでしょう・・・。

しかし、2017年は政界から「ちーがーうーだーろー」がノミネート。小学校では、すごくマネをされているとも聞きます。もしかすると、豊田さんがこの言葉をきっかけに違う分野でブレイクするかもしれません。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2017年の秋ドラマの話題!

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ