menu

いいね! プレス

【ドラマ】陸王のモデル会社はきねや?アシックスもアトランティスに




Pocket

TBS系列にて10月15日(日)21:00より放送スタートする「陸王」。ストーリーでは老舗の足袋製造業の小さな会社がランニングシューズの開発に情熱を傾けるというものです。

作者の池井戸さんは「下町ロケット」を書いた方なのですが、ドラマ自体がリアルでどこかでありそうな題材なので、モデルがいるのでは?と騒がれましたよね?

今回も、物語の主人公たちの共通点が多いことから、あの会社がモデルでは?とかランナーはこの人?などと世間では噂をされています。真相は一体どうなのでしょう・・・

ちくわ
 ストーリーと実在の会社の共通点が多いんだよね~ 

はんぺん
モデルではなくても参考にはしてるのかな?

陸王で出てくる会社、主人公宮沢紘一の会社である「こはぜ屋」や、ライバル会社「アトランティス」のモデルについて調べてみました。

スポンサーリンク

ドラマ「陸王」のあらすじ

主人公はとある老舗足袋業者である「こはぜ屋」四代目の社長の宮沢紘一(役所広司)足袋の需要が落ち込み毎日金策に走る日々。銀行担当者とのやりとりをしていて、会社への危機感から新規事業を思いつきます。

考えたのは、これまで足袋を作ってきた技術力。「裸足感覚」で履けるランニングシューズを製造しようと思い立つ。

零細企業(従業員20名)では困難を極め、新商品の開発にかかる資金や人材、開発する力などあまりの苦難が待ち構えている。世界的に有名なスポーツブランドとの競争もあり宮沢はなんども挫折しそうになるが、周りの人脈、銀行の担当者そして取引先などが支えていく。

「こはぜ屋」のランニングシューズの開発は成功するのか?零細企業の挑戦がはじまる!!

足袋製造会社「こはぜ屋」のモデル「きねや足袋製造会社」?

・モデルと噂される要因
 
2013年に原作者の池井戸潤さんが工場見学に訪れたことが大きいようです。

しかし、池井戸さんは自身のツイッターにて「モデルではない」と提言しています。このことから、あくまでも「きねや足袋株式会社」は、足袋製造会社を書く上での”参考会社”という位置付けのようです。

・「きねや足袋製造会社」とは?
 モデルではありませんが、参考にされたということで気になる「きねや足袋製造会社」について少しご紹介します。
 
 会社の所在地である行田市は、江戸時代より足袋製造が盛んな町として知られています。日本遺産や国登録有形文化財としても登録されており、日本の足袋文化に欠かせない町です。

「きねや足袋製造会社」は、この足袋の名地にて、創業1929年という歴史ある老舗の会社にあたります。伝統を守りながらも、海外への知名度を広げるなど、常に挑戦する姿勢や走者への気配りなど物語の「こはぜ屋」を思い起こされ、共通点が多いことが伺えます。

 また、「きねや足袋製造会社」は、ランニングシューズ“MUTEKI”を生産販売しています。形状や使用目的は“陸王”とは若干異なりますが、実際に似た商品があると気分が上がります! 

今回は、今人気の竹内涼真くんが、ランナーとしてストーリーで出てくるランニングシューズを履くことになるので、おそらくこれで足袋シューズ人気が上がると思います。職人さんが作っているシューズなので、欲しい人は早めにチェックした方がよさそうです。

【送料無料!】【定番】[きねや]のランニング足袋『無敵』(MUTEKI)素足感覚高機能シューズ

価格:5,400円
(2017/9/29 10:49時点)
感想(6件)

ちくわ
 ちなみに、今外国人の間で地下足袋が流行ってるんだよね? 

はんぺん
お土産に買っていく人が多いらしいよ

ライバル社「アトランティス」のモデルは「アシックス」?

・モデルと噂される要因

原作で登場するシューフィッター村野尊彦のモデルとされる“三村仁司”さんの存在が大きいです。イチローさんや高橋尚さんのシューズ制作に携わっていた名シューフィッターで、彼は元々「株式会社アシックス」(旧:オニツカ株式会社)に所属していました。そこでランニングシューズの制作に携わり、定年後に「M.Lab」(ミムラボ)という会社を設立しています。

この経歴を見ると、確かにシューフィッター村野と似ています。また原作では、村野がランナー茂木裕人に“陸王”を提供し話題を集めましたが、三村さんは瀬古利彦さんにシューズを提供しています。この瀬古さんは茂木のモデルとされていますので、ここも大きな共通点と言えます。

スポンサーリンク

「こはぜ屋」と「アシックス」の類似点

ライバル社「アトランティス」のモデルと言われている「アシックス」ですが、実は会社の功績を見ると、「こはぜ屋」にも近いことが分かります。選手へのシューズ提供に加え、様々な足や走りへの改良を重ねている点などです。
 
三村さんは、確かに村野にとても近い人物ですが、一概に「アトランティス」のモデルとは言えません。

まとめ

調べた結果あくまで個人の推論ですが、このような結論になりました。 

・「こはぜ屋」のモデル
 「きねや足袋製造会社」と「アシックス」それぞれを参考とし、話しを盛り上げるための肉付けをした会社。

・「アトランティス」のモデル
 「アシックス」のシューフィッターなどを参考とし、明確なライバル社になるよう嫌味のあるよう肉付けをした会社。

良い意味で、良いとこ取りの会社が「こはぜ屋」になるのではないでしょうか。

小説にしようと思えば、どうしてもドラマチックな展開や人間関係のずるさなども、ストーリーに組み込まなければ面白くありません。しかし、まったくその業種のことがわからなければいけないことから、内部の取材や聞き取りは必要となってくると思います。

小さな会社が主人公ならもちろんライバルや大きな会社をバッサリ斬る方が面白いわけで、全体的には、現存の会社を参考にしてさらに、ストーリー仕立てにしたのではと想像しています。

勿論、「アシックス」が「アトランティス」のように圧力をかける事実もありませんし、そこは池井戸さんの作家としての腕の見せ所であのようなライバル社が誕生したと考えます。 

 “陸王”と“MUTEKI”などのように、空想と現実が少しでも結びつくと想像力が深まり、より一層物語を楽しむことができますね。よりドラマ「陸王」が楽しみになりました!

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ