menu

いいね! プレス

ReduceGO(食品ロス対策)とは?内容や料金とアプリ登録方法




Pocket

小さいころから、お母さんに「食べ物は粗末にしちゃいけない」と教わった人は多いと思います。でも、実際に調理する場合などダメだとわかっていてもちょっとだけ材料を残して冷蔵庫で腐らせてしまったり、飲食店でバイトをすると、「賞味期限」が厳しくて時間が過ぎればお客さんに提供できずに廃棄処分になる食べ物って相当多いことがわかります。

さらに、工場などで作るときにもパッケージ不良や、中身が割れてたり不完全であった場合には売ることができません。なので、それらも処分されてしまうので、私たちの周りでは相当な食品ロスがあると考えられます。

このムダに対して外国ではフードシェアリングという考えがあるようなんですが、日本でもそろそろ始まっているようなんです。2017年に登録を開始した「ReduceGO」というアプリがあるのですが、飲食店の食品ロスと食べる側をマッチングさせるという画期的な取り組みが始まろうとしています。

スポンサーリンク

日本の食品ロスの現状や対策

日本ではまだ食べることができるのに捨ててしまう食品が、年間約632万トンもあります。日本人1人当たり、毎日お茶碗一杯(約136g)の食品を捨てている計算になります。

日本では多くの食品を輸入しているのに、多くの食品を無駄に捨ててしまう・・・。世界では食料が不足している地域もあり、まだまだ食べることができない人もいるのにとてももったいないことをしているんです。

その内訳はレストランと家庭で半分ずつの割合
・レストランや食品を扱う店などから出る食べ残し
・ 家庭で残った食品のロス

食べ物を提供するレストランなどの食品ロスの原因
・客が食べきれず残したもの
・予定が狂い提供できなかった仕込みの食品など
・新商品などと入れ替えるための旧商品の廃棄
・パッケージなどのミスによっての回収品

などなど・・・。

家庭での食品ロスの原因
・賞味、消費期限切れ
・カビ、腐敗、鮮度の低下
などなど・・・。

また、肉屋や魚、野菜などの皮剥きや脂身を取り除くときに、まだ食べられるのに、大きく削ぎ取ってしまうということも食品ロスの原因の一つとなっています。

あ~もったいない!と思ったあなた!実はこの食品ロスについては、外国ではフードシェアリングという考え方があるようです。日本では例えば規格外の野菜なんかで破棄処分となる形の悪いものを農協やスーパーで売っている時がありますよね。

味が一緒ならば別に形なんて関係ないという人も多いのではないでしょうか?

フードシェアリングは、こういったものだけではなく出来上がったが売れずまだ食べれる食品をシェアするシステムがあり、日本でも導入の動きが出てきています。

フードロス対策のアプリ
・ReduceGO
・Too Good To Go
・TABETE
・OLIO(オリオ)

スポンサーリンク

ReduceGO(リデュースゴー)

東京23区周辺のレストラン、カフェ、 飲食・小売店の余剰食品が 月額1,980円で1日2回までテイクアウトができるサービス。

余った食べ物を捨てずになんとかしたい企業と、食べ物を安く買いたいという客をマッチングするというアプリです。

最初はサービス開始時期が2017年の夏~ということで事前登録を開始していましたが、思ったより反響があったようで登録したいという人があまりにも多く現在は事前登録はしていません。

ただ、2017年中には開始をしたいということで動いているようです。最新情報はツイッターで確認できるので、気になる方は注意しておいてください。

 ReduceGoツイッター

これは東京だけでなく日本中いろんなところでやってほしいな~と思います。だって、月に1980円支払っておけば1日2回も利用できるんですよ・・・。ワンコインでお昼を食べているお父さんや食べざかりの学生さんとか、共働きの親で食事が作ってもらえない子供さんなども良いですよね。

残業でご飯がないときにもこれがあればなんとか食べ物にありつけるので、1980円なら安いと思います。

TABETE(タベテ)

レストランやお惣菜のお店で出てくる余った食材を、買いたいユーザーとマッチングするサービスとして、国内初の試みをしたアプリ。9月にテストを行っていて、第二次のテストもする予定だそうですから、登録すれば声がかかるかもしれません。

予想外のできごとや急な予約のキャンセルなどによって発生してしまい、完全な対策が難しい飲食店での食料廃棄。本サービスでは、せっかく想いを込めて準備した食事を無駄にしたくないというお店の想いを「食べ手」が発見し、その食事をレスキューすることができます。

出典:TABETE

  TABETEβ版テストユーザー登録フォーム

OLIO(オリオ)

このアプリはロンドン発祥。余った食材を個人でシェアする「おすそ分け」アプリなんです。

スーパーで買いすぎてしまったり、一人暮らしなのに大きな袋入りで食材が余りそうな時など、シェアしたい食品を写真にとり、簡単な説明を付けて出すと、欲しい人が申し込むというシステムです。

これは、2015年の1月から開始しましたが、約10万以上もの食べ物が必要な人のもとに渡ったそうです。

日本ではまだ浸透していませんが、このサービスはとても良いですよね・・・。もったいないと思って無理に食べたり、おなじ食材で違う料理を考えたりする必要もなくなるし、余っちゃって、心を痛めながら捨てることもなくなるわけですからとても良い取り組みだと思います。

  OLIO(オリオ)

Too Good To Go

北欧デンマーク発で、ロンドンで2016年の8月に開始されたアプリです。捨てる直前の売れ残った料理があるレストランを買いたい人が探して、普段の値段よりも安くで買えるというサービスです。

サービスは英国、デンマークなど欧州の6カ国が利用対象国となっていますが、エリアを今後拡大していこうという動きになっています。

このサービスによって、1ポンド以上を寄付することもでき、食べ物を必要とする人たちに寄付されると言います。

フードシェアは日本で浸透するか?

余剰とはいえレストランなどのお店の料理をお得に味わえる。というところに魅力を感じ利用者も多くなりそうな様子はありますが、フードシェアの目的は食品ロスを削減するということなので、常に余剰な食品があるわけではないという事を理解した上での利用となります。

このReduceGOというアプリでは、提供企業、店舗の登録料が無料という事なので提供しやすく、廃棄予定の食品がなくなるとゴミを減らす事にもつながります。

その他の利点
・利用者が支払う定額のうち2%が社会活動団体へ寄付される
・環境問題に取り組んでいる優良な企業としてのイメージアップ
・味を知ってもらえ新規のお客獲得
・海外での取り組みのように、慈善行為として社会貢献にもつながるかも

利用者はサービス利用を機に様々な料理を楽しめ、好きな店舗を探すきっかけにもなるのではないかと思います。まだ始まったばかりのフードシェアですが、日本でも利用者が増えることでもっと意識が高くなるのではないかと思います。

まとめ

すでに、母子家庭や高齢者など生活困窮者に対しての「フードバンク」という取り組みはされていますが、個人とお店をつなぐWinWinの関係はもっと進化をしていってほしいと思います。

フードロス対策のアプリは以下のとおり
・ReduceGO
・Too Good To Go
・TABETE
・OLIO(オリオ)

2017年の年末から開始を予定されているReduceGO(リデュースゴー)は、東京23区内で1か月1980円、1日2食までテイクアウトなどができるサービス。2017年9月現在は一旦登録が止まっている。

再登録はツイッターで確認が必要です。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ