menu

いいね! プレス

プレバトの俳句2月9日特待生昇格は誰?最高点や最下位は?




スポンサーリンク

プレバト才能ランキングの俳句といえば、厳しい~夏井先生の添削が見どころのひとつですよね。挑戦する芸能人の方も意外な才能を見せてくれたりするとことも面白いです。

2月9日のプレバトでは、初出演から才能を見せていた大女優が特待生入りしたり、アイドルがまさかの結果になったりと波乱もありました。読んだ俳句と結果などをレビューしてみました。

お題: 梅と大宰府天満宮で1句

スポンサーリンク

第1位(72点) 中田喜子

才能あり
「柏手の ひびく境内 梅ひかる」
添削後
「柏手の ひびける朝や 梅ひかる」

中田喜子さんの自分の句の説明
受験勉強のために早朝に境内にきて柏手を打つ、その柏手の響きが神に届くかのように梅が光っているという光景

夏井先生の添削
それぞれの言葉は別そそれぞれ重なっていないことが良い、イメージも意味も。

「ひびく」聴覚
「境内」場所
「梅」季語
ひかる・・・感覚的にみずみずしい
 
この句に 「いつ」の時間情報を入れると梅の光り方、柏手の響き方がまた違ってくる。

中田喜子さんは、この句で初の女性特待生となりました。

第2位(60点) 眞鍋かをり 

凡人
「願掛けの 若人仰ぐ 梅は咲く」
添削後
「願掛けの 若人に梅 咲(わら)う日よ」

眞鍋かをりさんの自分の句の説明
受験生が願掛けに訪れていると思うので、梅が満開に咲いて見上げたら合格が約束されているような景色を思い浮かべて作った。

夏井先生
おしい
「仰ぐ」「咲く」韻を踏んでいる
脚韻(きゃくいん)・・・終わりに同じ響きの音を繰り返すこと

工夫がうわすべりしている。
若人の後に梅がでてくるとこの若人の視線は梅にむかって(書かなくても)仰ぐもので、そうなると梅は咲くものなので「咲く」が邪魔になる。合格のイメージを作りたかったのもわかる。

第3位(50点)上白石萌音

凡人
「咲き誇れ 梅も祈願も 晴れ晴れと」
添削後
「晴れ晴れと 咲けよ祈願も 紅梅も」 
 
上白石萌音さんの自分の句の説明
写真に写っている絵馬を見て、場所も大宰府天満宮だから受験の祈願をしている人も多いんだろうなと思って、受験生の願いとともに梅の花も咲き誇ってほしいなと思い祈りを込めて

夏井先生の添削ポイント
中の句「梅も祈願も」という「も」が並列安易な印象、上手につかうと独特の余韻が生まれる。真ん中に使っているのが損
「晴れ晴れと」と「誇れ」がニュアンスが重複、ふたつの位置が離れているのがもったいない。
この句に色をつけることでめでたくなる、紅梅のイメージを残しながらバックの青空も晴れ晴れとしてくる。

4位(30点)的場浩司 

才能ナシ

編集中です。

最下位(20点)橋本良亮(A.B.C-Z)

才能ナシ

「初参り 絵馬に願いを 託すかな」
添削後
「初参り 絵馬には書けぬ 願いかな」
 
夏井先生の添削 
内容がカスカス・・・。
絵馬に願いを書くのは日本人全員知っているから教えてもらわなくても大丈夫 

特待生4級 フルポン村上 

1ランク昇格
「春の月 消しゴムのカス あたたかし」

名人初段 東国原英夫

現状維持
「梅東風や 千年分の 絵馬の鳴り」

読み手を置いてけぼり

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ