芸能・エンタメ・スポーツその他の旬な話題をお届け! 有名人からこれから注目のあの人まで!!

menu

いいね! プレス

野村不動産プラウドのCMの場所の橋(2017)はどこ?曲や鉄道、ロケ地が知りたい!

aoba_mini
スポンサードリンク

野村不動産のプラウドのCMってとても高級感があります。これまで世界の建物が多かったですが、2017年のものは氷河の見える場所や高い陸橋を渡る列車など、世界の車窓からのようなイメージのするCMです。
 
この列車はスイスとイタリアをつなぐスイスの「ベルニナエクスプレス」という特別列車で画面の中で出てきている橋は「ラントヴァッサー橋」という場所です。 

野村不動産プラウドのCMは?

まずは、プラウドの60秒バージョンのCMをご覧になってください。

プラウド×ベルニナエクスプレス篇 60sec

出典:野村不動産PROUDCHANNEL (youtube)

きれいですね・・・。このベルニナエクスプレスから見えているのはスイスのアルプスの絶景です。 列車を中心に空から陸からのアングルで魅力が最大限に引き出されていますよね。
 
ラントヴァッサー橋は長さ136メートル、高さ65メートルの鉄道高架橋。1901年に建設が始まったといいますからすでに100年は超えていますね!ドイツ人のフリードリッヒ・フォン・ヘニングという方が建設をしたそうです。

ここはユネスコの世界遺産にもなっています。こんな場所に一度は行ってみたいですよね。しかしスイスは遠い~!そこで、実際に行かれた方のつぶやきを探してみました。プロのアングルとはまた違う味のある写真があります。

 

 ちょっとだけ自分が乗った目線になりますね。写真を見ると橋の高さがちょっとリアルです!

ベルニナエクスプレスとは?

スポンサードリンク

ベルニナエクスプレスは、スイスのクールからイタリア・ティラーノまでを結ぶパノラマ列車です。

 
列車は、1等2等はパノラマカーとなっていて窓が天井のカーブまでガラスになっている特別展望車両です。


名前の由来のベルニナとは、列車が通るベルニナ峠からきているみたいですが、2253mという高地にあるそうです。高低差約1800mのルートを2時間で走るみたいなんで、ちょっと高山病になってしまうかも・・・(;´・ω・)

プラウドのCMの曲は?

野村不動産プラウドの曲ってとても優雅ですよね。溝口肇さんというチェリストの方がアレンジした曲です。

もともとは、アメリカのジョージ・ガーシュウィンが1926年にミュージカルのために作った「Someone to Watch Over Me」という曲のカバーです。

溝口肇さんはあの「世界の車窓から」を作った方!

やっぱりね~と思った方は多いのではないでしょうか?これまでにドラマやアニメにも楽曲を作っておられます。テレビドラマの星の金貨シリーズやアニメのときめきメモリアル Only Loveなども手掛けておられます。

今回のアレンジはメロディー的にはラブソングだと思って作ったんだとか・・・。

このCMを見るとゆったりとした旅行をした気分になるので不思議です。

スポンサードリンク
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
IP分散サーバー