menu

いいね! プレス

パディントン発4時50分(ドラマ)のキャスト一覧比較!犯人ネタバレやあらすじ




Pocket

アガサクリスティーの小説では、名探偵ポワロと同じくらい人気のミスマープル。これまでにもドラマ化されていましたがテレビ朝日で新たにドラマ化されることになりました。

主役に天海祐希さんを迎え、列車の中で起こる不可思議な殺人事件を解決します。

ドラマパディントン発4時50分~寝台急行殺人事件~のキャストとあらすじ、そして原作より犯人を考察してみます。

 

スポンサーリンク

 

ドラマパディントン発4時50分~寝台急行殺人事件~の詳細

アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル
「パディントン発4時50分」

放送日:2018年3月24日(土)
放送時間:21時00分~23時10分
放送局:テレビ朝日系

原作:アガサ・クリスティ「パディントン発4時50分」(ハヤカワ文庫刊)

パディントン発4時50分~寝台急行殺人事件~キャスト

キャストと役どころを紹介

天乃瞳子(あまの・とうこ)天海祐希

元優秀な刑事で警視総監賞などの表彰も受けている。夫ががんを患い看病すつために退職。 その後。夫が亡くなったあと、民間企業の顧問になり今は危機管理のプロで20社の顧客を持つ。

天乃雀(あまの・すずめ)草笛光子

瞳子の義理の母親。長野県の松本で一人暮らし。「特急オリオン」に乗っている時、横を走っていた「寝台特急朝霧」の中で男が女性の首を締めているのを目撃し瞳子に相談する。

佐伯慶一(さえき・けいいち)石黒賢

トミー製菓の会長・富沢信介の主治医で、時々、富沢邸を訪問している。

唐木警部(からき)勝村政信

警視庁捜査一課刑事、瞳子とは顔見知りで仕事も一緒にしたことがある。 瞳子の有能さや負けん気が強い部分はよく知っている。

鈴木刑事 桐山漣

警視庁捜査一課刑事で唐木の後輩。

中村彩 前田敦子

国立大学を卒業後、官庁で勤めるが半年で辞める。その後家政婦に転職をした経歴を持つ。 能力が高く「スーパー家政婦」と呼ばれている。瞳子の依頼で消えた死体を探すために富沢邸に潜入する。

富沢信介 西田敏行

トミー製菓の会長。傲慢で金に汚く、子供ですら信用をしていない。

富沢恵子 原沙知絵

富沢家の長女。父と同居

富沢哲次 鈴木浩介

富沢家の次男。画家で今は八丈島に住んでいる。

木村麗子 黒谷友香

富沢家によく遊びにくる小学生・元の母親。

山口参事官 橋爪功

警視庁参事官。警察の体面があるので瞳子をけん制する。

キャストと原作の相対表を作ってみた

アガサクリスティーの小説を原作としているので、日本風にアレンジはしてあると思います。そこで、小説のどのキャストなの簡単に一覧表にしてみました。

キャスト 原作のキャスト 原作の役どころ(ウィキペディアより)
天乃瞳子(天海祐希) ジェーン・マーブル  セント・メアリ・ミード村に住む探偵好きな独身の老婦人
中村彩(前田敦子) ルーシー・アイルズバロウ 家政婦。ミス・マープルに雇われて死体を捜索する。
唐木警部(勝村政信) クラドック ロンドン警視庁の捜査課警部。
鈴木刑事(桐山漣) ベーコン 地方警察署の警部。
富沢信介(西田敏行) ルーサー・クラッケンソープ クラッケンソープ家の当主。
富沢恵子(原沙知絵) エマ クラッケンソープ家の長女。
富沢哲次(鈴木浩介) セドリック クラッケンソープ家の次男。画家。
佐伯慶一(石黒賢) クインパー クラッケンソープ家の主治医。
天乃雀(草笛光子) エルスペス・マギリカディ ミス・マープルの友人。殺人の目撃者。

 

あらすじ

ある日の午後、サングラス姿のひとりの女性が『寝台特急朝霧』に乗りこんだ。彼女の目的は、“消えた死体を捜す”こと――。
その女性の名は、天乃瞳子(天海祐希)。瞳子はかつて敏腕刑事だったが、がんを患った夫の看病のために退職。夫が他界した後、その優秀さを買われて危機管理のプロとなり、民間企業の顧問に就任していた。

実は3日前、瞳子の亡夫の母・天乃雀が『特急オリオン』に乗っていたところ、並走していた『寝台特急朝霧』内で男が女性の首を絞めているのを目撃。雀はすぐさま車掌に通報したものの、彼は彼女が寝ぼけているものと思い込み、取り合わなかったのだ。その後、念のため地元警察が線路際を捜索したが、死体は見つからなかったという。

雀の訴えを聞いて憤慨した瞳子は、彼女の汚名を返上するため、警察を告発すると宣言。さっそく捜査に乗り出し、手がかりを探して同じ時刻の『寝台特急朝霧』に乗ったのだった。その動きを察知した唐木警部や鈴木刑事ら警察側がけん制してくるが、瞳子は意に介さない・・・。

瞳子は、犯人が女性を殺害した後、車内の窓を開けて死体を放り捨てたものと推理。死体が投げ込まれたのは、線路に隣接して広がる製菓会社社長・富沢信介邸の敷地の中だと思われた。

瞳子は、知人の家政婦・中村彩に富沢邸に潜入するよう指示。屋敷には、ワンマンな信介のほか、長女の恵子、執事の大山勝が同居しており、時折、次男・哲次、三男・晴三、亡き次女の夫・古川晋、信介の担当医の佐伯慶一らが出入りしていた。“スーパー家政婦”として名高い彩はすぐに富沢邸に雇われ、卓越したスキルで家事をこなしながら死体を捜しはじめるが、はたして消えた死体の行方は…!? 

さらなる殺人事件も起きる中、瞳子は事件の真相にたどり着くことができるのか…!?

出典:テレビ朝日「パディントン発4時50分」

パディントン発4時50分のネタバレ予想

ここでは、原作を元にしてネタバレや真犯人の予想を考察してみたいと思います。

マギリカディは友人のミスマープルに会うためにパディントン駅発4時50分の列車に乗った。隣を走っていた列車の窓から男が女の首を絞めている場面を見てしまった。

ミスマープルはマギリカディからそのことを聞き、警察に事件のことを話しましたが、列車の中にも路線の周りでも死体は見つからなかった。

ミスマープルは、犯人は列車で絞殺した死体を投げ落としたのではと推理し、ブラックハンプトン駅の手前、線路が大きく曲がる地点にあるクラッケンソープ家が所有するラザフォード・ホールという場所がその場所であると考え家政婦のルーシーにクラッケンソープ家の家政婦として潜入するように依頼する。

すると、ルーシーは数日後に納屋の石棺の中の死体を発見。

それは、マギリカディが見た被害者の遺体だった。
 
犯人はラザフォード・ホールの敷地や状況に詳しい人間だと思われたが、被害者は見ず知らずの人間で、動機もわからないために捜査ははかどらない。
 
クラッケンソープ家には、複雑な事情があり、当主であるはずのルーサークラッケンは寝たきりで長女のエマが献身的に面倒を見ています。そして、主治医の医者クインパーと恋愛中。

ルーサーが期待していた、長男と次女は亡くなっており残された子供たちは頼りにならない人間。

そんな時、夜に一家の食事が終わった後に、すべての家族が苦しみだしました。その騒動で命を落としたのは四男アルフレッド。食べ物のカレーを調べてみると毒物のヒ素が検出された。

ルーサーにも事情があり、製菓会社については継がなかったために創業者である父の怒りを買ってしまい、孫の代で継ぐようにされていました。

つまり、ルーサーが動かせるのが配当だけだったのです。

最初の列車での事件は、自分の妻を列車で殺してカーブにある、敷地内に落とし石棺に隠す。

そして第二の事件はカレーではなくその前の飲み物に毒を忍ばせてあり、カレーが怪しいと毒物を調べることで捜査をかく乱していた。

まとめ

原作のクラッケンソープ家は今回のドラマの富沢家のことですね。富沢家の跡目相続というのが殺害のきっかけということになります。

当主は創業者の怒りを買い、実は会社の実権を握っているわけではない。

子供同士の骨肉の争いと、父を献身的世話する長女の彼氏も含め、ドロドロとした関係がありそうです。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ