menu

いいね! プレス

オウミ住宅CMが復活した理由は?曲の歌詞やパンチみつお、エピソードまで!




Pocket

ここ1週間くらいで、ガンガン流れるようになった懐かしいCM「オウミ住宅」。関西地方に住んでいる方(特に滋賀や京都)なら一度は見たことがあるこの映像ですが、実はこれ16年くらい前に放送されていたものです。

黒沢年雄さんは相変わらず変わっていませんが、16年の空白を経て、なぜ今また放送されるようになったのでしょうか?

スポンサーリンク

オウミ住宅のCMってどんなの?

オウミ住宅CM

出典:オウミ住宅株式会社

このCMが放送された2001年って、youtubeなど動画がまだそれほどメジャーではなかった頃ですよね。この動画自体も2015年に公開されていました。

♪オウミ住宅黒沢さん
♪一緒に踊りましょう~
(アソレ!)
♪建てて建てて家建てて
♪建てて建てて家建てて

御用はオウミへ
(建てて~)

ほんと、たった、これだけなんですよね・・・・歌詞(笑)
なのに、耳に残って仕方ないこの破壊力!
 オウミ住宅恐るべしですね・・・。

実は、この前にもうひとつCMがあり、同じ歌詞とメロディーでパンチみつおが踊りに誘い、黒沢さんが躍るのを手を振って断るというCMもあったんですよね・・・。

よく似ているんですが、ばっちり覚えています。

スポンサーリンク

このCMのヒットで会社が大きくなったの?

オウミ住宅株式会社は、1989年にできた会社です。滋賀県の草津に本社のある住宅関連会社なんですが、このCMがきっかけで近畿圏で名前が知られるようになり、なんと売り上げも40億から60億と跳ね上がりました。しかも、2005年には100億円の売り上げを記録するまでになったそうです。

CMも関西で知られるタレントや芸人を起用していましたが、黒沢さんにダメ元でCM依頼をしたところあっさりOKをもらったようですね。
「一度こういったはじけた役をしてみたかった」と語ったそうですから、黒沢さんにとっても転機となったに違いありませんね。

パンチみつおのプロフィール

このCMでは、パンチみつおさんは、作詞作曲、出演と大活躍をしています。

本名:小池三生
福岡県出身
1954年3月27日生まれ
血液型:O型
吉本興業所属

もともとお笑い好きで、吉本新喜劇の桑原和夫を頼って大阪に移ってきました。第一次のWヤングの平川幸雄さんの弟子となり、漫才コンビのWパンチを結成しました。

1983年からはピンで活動。
島田紳助とは同期で、SHINSUKE-BANDにも参加。

オウミ住宅のCMはなぜ今復活したのか?

15年以上の沈黙があり、急にまた流れるようになった理由を調べてみましたが、公式サイトなどでは記載されていませんでした。ただ、このCMが公式でも設置され、当時の黒沢さんの写真がまだありましたので、今後も大事にこのCMを使っていくものと思われます。

そこで、なぜ今CMが復活したのか想像をしてみると・・・。

・このCMは、かつて会社を発展させたものであるから
・CMの歌や映像に中毒性があるから(インパクト大)
・今現在、逆に新鮮だから・・・。

そして、ふと思ったのが簡単で中毒性があるといえば、昨年のピコ太郎の例がありますよね。
誰でもわかり、インパクトがあって面白い・・・。
そう考えれば、このCMはオウミ住宅という名前を宣伝するにはぴったりだな~と思うんです。
タケモトピアノもロングランですが、オウミ住宅もまだまだ息の長いヒットとなる予感ですね!

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ