menu

いいね! プレス

荻原次晴の号泣はラジオでも話題に!嫁や子供、身長も気になる!




Pocket

萩原次晴さんといえばノルディックスキーをする双子ということで有名ですよね。あまりにも似ておられるのでどちらかわからなくなることがあります。同じ道を歩んでいた兄の健司さんは、輝かしい経歴を築き上げ政治家も勤めた方です。

荻原次晴さんのプロフィール

生年月日:1969年12月20日
出身地:群馬県吾妻郡草津町 
血液型:O型
身長:170㎝

スポンサーリンク

小さいころは、双子の兄の健司と器械体操を習っていました。小5からスキージャンプをしはじめると続いて兄もスキージャンプを始めます。中学時代には全日本中学選手権に出場、高校時代にはインターハイに出場します。

早稲田大学人間工学部時代には、全日本の強化指定選手にも選ばれますが、それほど練習には力を入れていませんでした。一方、兄の健司はナショナルチームに入るも次晴は大学を卒業してから北野建設に入ります。

1994年、全日本選手権 3位
1995年、団体優勝、個人10位
1998年、長野オリンピック 個人6位入賞、団体5位入賞
など

引退後にはスポーツキャスターとなりラジオやテレビにも出演、CMの「トヨタ自動車・こども店長」の「窓から登場(スキー)編 」などにも出演することになりました。

荻原次晴さんの嫁や子は?

荻原次晴さんって若く見えますがもう47歳なんですよね~そういえば結構長い間、選手をしていたりコメンテーターとしてテレビに出演したりされています。

萩原さんの奥様は一般の女性なんですが、なんと14歳下で2008年に結婚されています。結婚当時は萩原さん39歳、奥様が25歳ですね。

出会いも、仕事でたまたまインタビューしたのがきっかけだったそうですし、なにかを感じたといいますからなんとも運命的。荻原さんって見た目もイケメンですし、実力もあり気さくなイメージもありますので一番モテるタイプの人ですよね。

お子さんも3人おられ、上のふたりが女の子、一番下が男の子です。休みにお子さんが散らかしたおもちゃを片づけたりされたり掃除機をかけるとブログにも書かれていますので、家では家事もこなす良いイクメンなんだと思います。

荻原次晴さんは涙もろい(笑)

荻原さんって涙を流しているイメージがついてしまいました。というのも、2014年2月のソチオリンピックが行われ、萩原さんはテレビ東京のメインパーソナリティーを務めたとき、ノルディック複合の個人種目で渡部暁斗さんが20年ぶりに銀メダル決定すると「日本のみなさん応援ありがとうございました!・・・」と言いながら号泣したことは記憶に新しいですよね。

スポーツで熱い男というと松岡修造さんですが、萩原さんも負けないくらい熱い男なのかもしれませんね。

涙腺がもろい方のようで、昨年のリオオリンピックでは伊調選手が試合後に見せたお母さまの遺影を抱きしめた場面でも涙が止まらなくなったり、フジテレビで放送された「東京へオリンピックを呼んだ男」を見て目が腫れるくらい涙をしたようなので、感受性が強いというか感情移入しやすい人なんですね。

銀メダルを取った当の本人、渡部暁斗さんに「僕のメダルより話題になってるじゃないすか!」と言われたようです。
 
この号泣に関してはいろんな方面で話題となり、伊集院光さんなどもラジオで萩原さんの解説の解説をして、紙一重だけれどもラストスパートで自分自身経験してきた中での不安も併せて感じるような微妙なさじ加減を褒めておられた(?)ので、熱いキャスターとしてまた平昌でも活躍されると思います。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ