menu

いいね! プレス

西野亮廣の絵本の評価は?身長や、嫌われ者の噂とは?




スポンサーリンク

かつては、ナインティナインが怖れるほどだった漫才コンビ「キングコング」、コンビを結成してすぐに人気となり「はねるのトびら」ではゴールデンタイムで放映され、フジテレビの目玉番組の司会だったにも関わらず、レギュラーが終わってからは露出が激減してしまった西野亮廣さん。最近では嫌われキャラとして、ツイッター炎上やひな壇拒否などあまり良い話は聞きません。しかしそれすらも「炎上商法」とも言われていて嫌われっぷりはすさまじかったのですが、とうとう芸人を引退して絵本作家になるという話が出てきているようです。

写真出典:キングコングオフィシャルダイアリー「行ってもない旅日記」

西野亮廣さんが絵本を描くきっかけとは?

西野さんが絵本作家になろうとしたのは、タモリさんの助言があったと言います。元々、絵が好きというわけでもなく、絵が上手になったのは、中学のころでした。

他の友人たちが女子を意識し始めた頃、その話題には参加せずどちらかというとけなしていたそうです。しかし、西野さんがちょうど思春期になったころ自分も女性に興味を持ち始めました。しかし、友人をけなした手前、仲間に入ることもできず仕方がなく自分で女性を描いてその絵を見て満足していたようで、綺麗に描かないとその気がでないので綺麗に描けるように努力したんだとか・・・。

う~ん、なんとなく西野さんらしいですね・・・。必要に駆られたということでしょうか(;´・ω・)

そして、笑っていいとも!の合間に絵を描くようになり、タモリさんに見せていたところ、ある日呼び出されて絵を描いた方が良いとアドバイスされたようです。

西野亮廣さんの絵本の評価は?

にしのあきひろという名前で、2009年には「Dr.インクの星空キネマ」で絵本作家としてデビュー。そして、「Zip&Candy -ロボットたちのクリスマス-」「オルゴールワールド」という絵本を出版しています。その後も2013年にニューヨークで個展を開いた時のドキュメントの本なども出しています。

絵本作家でデビューしてからは、国内で原画展などもしていましたが、海外進出をするために支援者をつのり530万の支援を受けて、ニューヨークのトライベッカにあるギャラリー「One Art Space」というところで原画展を開きました。原画展は成功だったようで、現地での出版社や映画関係者からのオファーもあったようです。

さらに、絵が200万と120万で売れるくらいですから、有名人で名前が売れているとはいえかなりのもの。画風は点描画で書かれてあり、かなり時間がかかかる画法です。著者も絵を多少かきますが、点描画とはペンなどの先のとがったもので点を描いていき絵を構成するもの。
つまり、点の集まりの絵なのです。昔の写真などはよく見るとこういった点の集合体となっています。

アマゾンでの絵本の評判でも注目度は高くおおむね好評価です。

ニューヨークの個展の時には、「ウォルトディズニーになりたい」と言ったそうですね・・・。

西野亮廣さんの嫌われ者キャラとは?

ここ数年、西野さんの嫌われ者のキャラが定着してしまっていますよね。
昔はこんなキャラじゃなかったのに・・・。(´;ω;`)ウゥゥ

2013年にツイッターで鈴木おさむ(森三中の大島さんの旦那)さんのことを批判したり、27時間テレビではひな壇を拒否して出演しなかったり、なぜかいろんな人に噛みつくような態度をとってしまい、好感度がダダ下がっているようですね。

鈴木おさむ氏の批判をしたあとの27時間テレビでは、嫁の大島さんと直接バトルとなり、その場に出演している南キャン山里と一緒に飲んでいて、山里が鈴木さんに対してのモヤモヤを語ったところ、西野さんがツイッターでその内容を公開したということを種あかし。結局は山ちゃんも巻き込まれるような形で一触即発状態となりました。

アメトークの好感度低い芸人でも名前があがるので、周りの芸人さんもあまり好きでない人も多いようですね。出演番組を見てもなんだか一言多い気がします・・・。ま・・・おそらく台本があるでしょうから、「嫌われ者キャラ」ありきだと思うので、本意は解りませんが・・・(^^;

西野亮廣さんの簡単なプロフィール

生年月日:1980年7月3日
出身地:兵庫県
身長:173㎝

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ