menu

いいね! プレス

探偵!ナイトスクープ30周年のベスト10は?ゲストやキャストと歴代の神回も!




Pocket

ローカル番組として始まった探偵!ナイトスクープ。視聴者の疑問を探偵と称した芸人が出向き一緒に解決していくというとても斬新な番組です。

今では、全国的にも知られるようになりましたが、それだけの人気を得たのはやはり笑いあり、涙あり、時には都市伝説のような多くの事件を解決してきたからです。

1988年の開始から30年という超長寿番組となっていて、これまでのベスト10を視聴者が決めるというスペシャル番組が放送されます。

探偵!ナイトスクープ30周年記念! 視聴者が選ぶオールタイムベスト10の結果や歴代キャストそしてゲストをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

探偵!ナイトスクープ30周年記念! 視聴者が選ぶオールタイムベスト10の情報

探偵!ナイトスクープ30周年記念番組

2018年3月30日(金) 23時17分~24時47分
2018年4月6日(金)  23時17分~24時47分

放送局:ABC

MC:西田敏行
秘書:岡部まり

顧問:キダ・タロー、槇原敬之、林裕人

特別探偵:丸山隆平(関ジャニ∞)、真壁刀義
探偵:間寛平、石田靖、竹山隆範、たむらけんじ、田村裕、真栄田賢、澤部佑、橋本直

放送内容

今回の30周年記念では、過去30年間の依頼5000を超えるものから「ナイトスクープ」が好きな視聴者が選んだ名作や傑作のうちから選ばれた10作品を紹介。

選ばれた名作はVTRを放送していきます。

 

スポンサーリンク

 

リマスター企画

今回、過去の名作を振り返るとともにもうひとつの目玉企画として登場するのがナイトスクープファンである「特別探偵」。

2人の特別探偵がこれまで名作として放送された作品をもう一度やり直して作るという内容です。

特別探偵は関ジャニの丸山隆平くんと新日本プロレス・真壁刀義選手。

丸山くんは「昔からずっと『ナイトスクープ』は見てて大ファンだったので、ここに自分がいるのがすごい特別な気持ちです」、探偵をやるとメンバーに言ったところ、すごく羨ましがられたんだとか・・・。

丸山くんへの依頼は、かなりハードロケで、7時間もかかり、寒く厳しいものだったようです。

そして、今やスイーツ男子ならぬスイーツレスラーの真壁刀義選手。こちらもハードで、「マジ危なかった」と漏らしていますので、かなり力の入った再現ができたのではないでしょうか。

探偵!ナイトスクープ オールタイムベスト10

10位:「ガォーさんが来るぞ!」2007年8月  

まったく言うことを聞かず夜はいつまでたっても寝ない子供たちの元に恐怖のガォーさんがやってくる

9位:泥酔する父親に悩む家族

お酒が大好きでいつもベロンベロンに酔いつぶれる父をせめて自力で寝室まで行けるようにしてほしい。

8位:「電車より速い!?大和川下り」1996年10月

依頼者の上司は自宅から会社まで電車で2時間かけて通勤しているが、どう考えても遠回りのために、ボートで大和川を下った方が早いのではないか? 途中水かさが高くなったり、流れが速くなったりで午後5時21分に出社した。(通勤時間9時間51分)

関ジャニ∞の丸山くんがこれにチャレンジしましたが、過去の依頼と同じ条件で出社が1時50分、そして会社は建て替えられていて工事中という悲劇が待っていました。(通勤時間6時間5分)

7位:「超大作!アホバカ分布図!」1990年1月~1991年5月
次の章の「神回」でご紹介しています。

6位:「レイテ島からのハガキ」2011年1月
依頼者の母親の遺品から見つかった父からのハガキ。依頼者が生まれた時には父はレイテ島で戦死していたが、ハガキ内容の中で母親が身重だったことを知っていたのか解読してほしい。

5位:「ゾンビを待つ3姉弟」2008年3月
ホラー映画が好きな3姉弟は、ゾンビがいつ家にやってきても撃退できるように戦いに備えている。もしホントにゾンビがきたらどうなるのか?

飲み物にタバスコ、入り口に濡れたスポンジなど仕掛けをして、夜周りの協力でゾンビが現れ家に入ってくる。ゾンビ役の役者が仕掛けにお付き合い、子供がボロ泣きになりながら撃退。

4位:「マネキンと結婚したい!?」1997年1月
5年前にあるマネキンを愛してしまってから、どうしても人と恋愛できなくなった依頼者は彼と結婚式を挙げたい。
 
3位: 「巨大シジミ発見!?」1995年4月
大阪の豊中市で大きなシジミが採れるらしいとの噂を受け現地にm行くといくつもの大きな貝が採れたため、辻調理学園の林先生のところに持ち込み食べれるように調理してもらう

真壁刀義さんがこれにチャレンジ。

奈良公園で、凍えながら少し小ぶりな貝を採り林先生の家に行きますが、結局貝には身が入っておらず、 林先生のお宅でお菓子を食べるというものでした。

2位 :「謎の爆発卵!?」1993年12月
かじったら、爆発するという爆発卵を発明したので一緒に作るというもの。
次の章の「神回」でご紹介しています。

第1位 「23年間 会話のない夫婦」2013年4月
18歳の依頼者は、物ごころついたときから両親が会話するのを見たことがない。一度でいいから2人が仲良く話すところを見てみたい。

母の話・・・下の子供が生まれてから自然にしゃべらなくなった。ケンカしたわけではない。
父の話・・・子供が生まれると子供中心で自分はほったらかしでスネてた。

テレビに映る母の質問にも答えられない父。奈良公園でふたりで会うのを子供3人と探偵が見守るがなかなかしゃべらない。お父さんがやっと口を開いて久しぶりの会話に子供たちも感動。

番外編「日本一周の旅に出た息子は今?」1994年2月(黒柳徹子さん推薦)
次の章の「神回」でご紹介しています。

 

探偵!ナイトスクープの歴代神回をご紹介

この番組では、「小ネタ」という形でそれほど大したことのない内容を調べるというものもありました。

番組の一番最初に流れるテロップの文章が早すぎて読めない

この番組は、視聴者から寄せられた依頼にもとづいて、探偵局長が優秀なる探偵たちを野にはなち、世のため、人のため、公序良俗と安寧秩序を守るべく、この世のあらゆる事どもを徹底的に追求する娯楽番組である。

出典:ABC「探偵ナイトスクープ」

小さな依頼は、それぞれたくさん集めて一気に紹介するという方法もとられました。蛇足ですが、今バラエティー番組で当たり前のように動画にテロップが流れます。

これは、探偵ナイトスクープが始めたと言われています。

カーネルサンダース救出作戦

1988年3月5日(初回)
探偵:探偵は槍魔栗三助(今の生瀬勝久さん)

これは、1985年の阪神タイガースが優勝をした時に、あまりの嬉しさに暴走したファンが、近くにあったカーネルサンダースのおじさん像を胴上げしてひっかけ橋まで連れてきてその後誤って落としてしまい川に流れたという噂がありました。

この後、阪神タイガースが不調に陥りなかなか勝てなくなった。

依頼文「阪神タイガース低迷の原因は、1985年優勝時の騒ぎの中で道頓堀川に投げ込まれたサンダース像の祟りに違いない」という都市伝説を確認するために、ダイバーも使って3回も調査をしたもの。

調査では見つからず、カーネルサンダース呪いは長い間、関西人に信じられていましたが2009年に水辺整備事業中の工事関係者によって発見されました。

視聴率調査

探偵:越前谷俵太・間寛平

依頼文に「毎週ナイトスクープを見ております」と書いてくる視聴者が本当に観ているのか深夜に調査する。

結果:「できるだけ見ております」や「見られるときは見ています」という文面が多くなった。

謎の爆発卵

これはかつてSPでランキングトップになったこともある名作

探偵:桂小枝
依頼:「友人が電子レンジを使ってゆで卵を作ったが、食べようとした瞬間に爆発したらしい。そのゆで卵を作ってみたい」

依頼者の部屋で、何度も電子レンジでゆで卵を作り、ゴーグルをして卵を口にしたら大爆発。その後、依頼者やその友人も犠牲になった。

危険な行為なので、「危険ですので真似しないで下さい」というテロップが何度も流れることになった。

日本全国アホ・バカ分布図

これは、名作として1991年日本民間放送連盟賞テレビ娯楽部門最優秀賞受賞を始め数々の賞を獲っています。

依頼:「関西では『アホ』、関東では『バカ』と言うけれど、その『アホ』と『バカ』の境目はどこ?」
探偵:北野誠

関東は「バカ」関西は「アホ」だが、どの土地が境界線になるのかということを調べたところ、名古屋あたりで「たわけ」が出てきたと結果がでたが、再度大規模に調べることになり全国の教育委員会にまで依頼をし結果を出した。

結果:京都を中心とした、同心円状に離れた同じ距離の違う地方で同一の方言が使われていたことがわかった。

これは、日本方言研究会などでも使われて評価の高い名作です。

林先生(辻学園日本調理師専門学校主任教授)のお料理

新食材や、調理すると食べられるかも・・・といったスゴイものを林先生のところに持ち込んで料理にするという企画
「母乳でお菓子を作る」
「服部緑地のドブ貝」

「ウミウシ」「巨大ナメクジ」「ジャンボタニシの卵」「異臭を放つオオマリコケムシ」
「フェラガモの革靴」「等身大サイズのチョコレート」「子供の足を食材で再現」

「マンホールの蓋でワッフル」
「ママレンジで料理」(おもちゃ)
「登り窯で巨大フランスパン」

ありとあらゆる難題を探偵が持ち込み林先生が解決していくというものでした。

赤ちゃんが泣き止む

依頼:「赤ちゃんがタケモトピアノのCMを見ると突然泣き止むので、他の赤ちゃんも泣き止むのか調べてほしい」
探偵:立原啓裕
結果:財津一郎の歌う声質が、ちょうど赤ちゃんの好む領域の声質・音が鳴り出すタイミングと止むタイミングが最も赤ちゃんの注意をひくものだった

同じく、「たらこパスタソース」のCMソングも同じ作用があることが判明

日本一周旅行中の息子

依頼:大学受験失敗で歩いて日本一周する旅に出た息子をこっそりと見てみたい
探偵:立原啓裕

母親がロケに一緒についていき、母とわからないように着ぐるみを着ていた。深夜の駅で寝ていた息子を見た母親が、着ぐるみのまま泣きながら息子を抱きしめていた。

まとめ

探偵ナイトスクープは、毎回、3つの依頼を放送していますが、名作というのは数知れずあります。視聴者の身近な疑問を解決していくために、「あるある」ネタに近いと思います。

最近では、若干視聴率が下がってきているみたいですが、視聴者の疑問がある限り続けて行ってほしい番組です。

 

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31