menu

いいね! プレス

眠狂四郎the final(ファイナル)の放送日は?キャストの田村正和とあらすじも




Pocket

田村正和さんの代表作のひとつ眠狂四郎のファイナルとして放送されます。長年、イケメン俳優としてファンを魅了し、私生活も謎のカリスマ俳優でもあります。

田村正和さんの眠狂四郎のドラマは、1972年から始まったのですが今回が最後ですので見逃せません。

そこで、眠狂四郎the final(ファイナル)の放送日やキャストとあらすじをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

眠狂四郎the final(ファイナル)の放送日

眠狂四郎the final(ファイナル)の詳細

土曜プレミアム

放送日:2月17日(土)
放送時間:21:00~23:10
放送局:フジテレビ系列

原作:柴田錬三郎 「眠狂四郎無頼控」新潮社刊

眠狂四郎無頼控(1)改版 (新潮文庫) [ 柴田錬三郎 ]

価格:810円
(2018/2/15 14:30時点)
感想(3件)

眠狂四郎the final(ファイナル)のキャスト

キャスト
眠狂四郎・・・田村正和
操・・・吉岡里帆
金八・・・八嶋智人
松平主水正・・・津川雅彦
文字若・・・名取裕子
加賀美耀蔵・・・椎名桔平

役どころ
眠狂四郎(田村正和)
転びキリシタンと日本人との間に生まれた男。人を平然と斬り捨てるという残虐な面ももつ。
「円月殺法」という剣術を用いて敵を倒す。

操(吉岡里帆)
突然現れた狂四郎を父上と呼ぶ謎の女

金八(八嶋智人)
瓦版屋

文字若(名取裕子)
狂四郎となじみの女

加賀美耀蔵(椎名桔平)
円月殺法と妖術を使い、狂四郎にとってはこれまでの最大の敵

 

スポンサーリンク

 

眠狂四郎the final(ファイナル)のあらすじ

眠狂四郎(田村正和)は複雑な生い立ちを持つ男。転びバテレン(キリシタンだったが江戸時代に迫害を受け放棄した人)と日本人の混血という複雑な出生のために虚無感をもっています。

その狂四郎が江戸にもどり自分の運命に立ち向かう。

「眠狂四郎 The Final」では、最大の敵とされる同じ円月殺法を使う妖術の使い手でもある加賀美耀蔵(椎名桔平)です。

あらすじ

空然和尚(中原丈雄)は狂四郎の育ての親。その空然和尚が何者かに斬られて殺されたために狂四郎は江戸にもどってきた。小さい頃から可愛がってくれた親同然の空然の死は狂四郎にとって最大の哀しみだった。

幼馴染の文字若(名取裕子)の家に居ると瓦版屋の金八(八嶋智人)が慌てて飛び込んできた。

理由を聞くと、狂四郎に会いたいという若い娘がいると説明する。しかも、文字若の家に来るなり操(吉岡里穂)という娘は、狂四郎のことを父上と呼んで狂四郎は驚く。

眠狂四郎はなぜファイナルなのか?

眠狂四郎といえば、やはり田村正和を思い浮かべるほど定着した役です。主役は殺陣の名人で円月殺法を使いこなす剣豪。

そして、生まれはとても複雑なためになにか影を背負った男の色気を感じさせる人として田村正和さんは適役だと思います。

あのGACKTさんも別に眠狂四郎を演じているくらいですから、イメージとしては「男らしさ+謎+色気」を持つ人が良いですよね。

そんな、田村正和さんももう74歳。(1943年8月1日生まれ)

さすがに、ドラマなどの撮影もきついお年になられたんじゃないかと思われます。

上沼恵美子さんが田村正和さんと飲んだ時のことを話しておられましたが、テレビや映画でみる田村さんのままだったと語っておられました。

人前で食事をするとことも見せないというミステリアスな方なので、完璧に演じられるという意味では最後なのかなとも思います。

まとめ

眠狂四郎のドラマは歴史あるものですので、また新しいスタイルで復活してほしいとも思いますし、田村正和さんもまたいろんな役を見せてほしいなと思います。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ