menu

いいね! プレス

「猫が見た」大月さん、81歳でライトノベルMF文庫新人賞候補に!?




Pocket

先日、MF文庫Jライトノベル新人賞の応募作品の第一次審査が行われました。応募総数489名から選ばれた中で目を引くのは、81歳の大月丈晴さんの「猫が見た」です。若者中心に読まれるラノベで見事、新人賞をとることができるのでしょうか?

MF文庫Jライトノベルとは?

ライトノベルというジャンルをご存知でしょうか?
ノベルという名前から、小説みたいな雰囲気ということはわかると思います。
定義としては諸説あるようですが、日経BP社によると「表紙や挿絵にアニメ調のイラスト(≒萌え絵)を多用している若年層向けの小説」だそう

読者は主に若年層、中学~高校生だけれども最近では30代くらいまで楽しんでいるというジャンルの小説です。

KADOKAWA・メディアファクトリーが主催しているMJ文庫Jライトノベル新人賞
ちなみに、今回話題になっているMJ文庫Jライトノベル新人賞の募集要項はこんな感じです。

 

MF文庫Jライトノベル新人賞の応募の条件とは?

新人賞の応募要項には、「10代の読者が心から楽しめる、オリジナリティ溢れるフレッシュなエンターテインメント作品」となっていて、他での小説家としてのデビュー経験がないことなどが条件だそうです。

年に4回予備審査をし、締め切りごとの佳作を選出し、その中から、「最優秀賞」「優秀賞」を選出し、特に優れていたものが「最優秀賞」の該当作があった時には、「大賞」となる。

第四期予備審査に応募総数489人で第一次選考通過者が発表されました。抜粋すると

『二つの世界は繋がって、その日彼らは出会った。』深葦田司郎(21)奈良県
『キシカイセイノセカイ』浅田陽子(36)富山県
『魔討滅師(カオス・スレイヤー)』黄葉紫雲(24)長野県
『洋上のアルス・マグナ』虹元喜多朗(26)石川県
『黄泉の国から』丹後丸(23)新潟県
『性・別 ~ジェンダー・ディスティンクション~』君塚ソラ(19)東京都
『銀燭の献血師』灰原康弘(21)埼玉県
『せっかく転生勇者になったのにプリミティブエイジ』御剣虎兎(40)千葉県
『猫が見た』大月丈晴(81)長野県
『フルケア』猫乃またたび(31)群馬県
『マモタン』武藤鶉(28)大阪府
『ツインテール』越智田奏(19)青森県
『魔導師ファルコン』早乙女遼(50)大阪府
『不協和音の彼が語るこの美しい世界の物語』武州正藍(40)兵庫県
『彼女の思考は百合色です』渡辺純々(31)東京都
など・・・

出典:MF文庫Jライトノベル新人賞

40代50代も驚きですが、その上の81歳で第一次審査を通過したというのは快挙ですね。ツイッターでも、タイトルのネーミングの上手さから、読んでみたいという声も多数あります。

確かに、40代の応募となると、えええ~とちょっと引きますが、81歳までいくとあっぱれと応援したくなりますね(*^^*)
かの、芥川賞や直木賞では、年齢の低さが話題になる場合はありますが、こちらは81歳で10代向けのライトノベルに挑戦しているという凄さ・・・

ある意味、これもライトノベルの宣伝となっていますね~
ネットでは、賞賛をする声が広がっているようで、「応援したくなる」「読んでみたい」「タイトルのセンスがいい」など応援する声が非常に多いです
いくつになっても挑戦できるんだということを示してくれた81歳大月さん。ホントに頑張って欲しいですね!!

MF文庫Jライトノベル新人賞、作家の活躍

MF文庫Jライトノベル新人賞出身の作家はいろんな分野で活躍をしています。たとえば、アニメ化、コミック化、ゲーム化など・・・

 アニメ化 かのこん(西野かつみ)
えむえむっ!(松野秋鳴)
刀剣の刀鍛冶(三浦勇雄)
緋弾のアリア(赤松中学)
僕は友達が少ない(平坂読)
まよチキ!(あさのハジメ)
この中に1人、妹がいる!(田口一)
 ゲーム化 かのこん(西野かつみ)
緋弾のアリア(赤松中学)
僕は友達が少ない(平坂読)
精霊使いの剣舞(志端祐)
この部室は帰宅しない部が占拠しました(おかざき登)
 コミック化 蟲と眼球とテディベア(日日日)
かのこん(西野かつみ)
えむえむっ!(松野秋鳴)
姫宮さんの仲の人(月見草平)
刀剣の刀鍛冶(三浦勇雄)
ラノベ部(平坂読) 
オトコを見せてよ倉田くん!(斉藤真也)
おれと一乃のゲーム同好会活動日誌(葉村哲)
つきツキ!(後藤祐迅)
精霊使いの剣舞(志端祐)
スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ