menu

いいね! プレス

中村美律子に夫や子供はいる?父の職業や実家の場所は?




スポンサーリンク

「河内おとこ節」という歌で舞台をパワフルにこなす中村美津子さん。歌謡曲と浪曲で鍛えた歌声や表現力はずば抜けていてその歌声には圧倒されます。ファンにはみっちゃんと親しまれている中村さんのルーツは以外にも苦労の連続だったようです。

中村美律子さんのプロフィール

スポンサードリンク

本名:小松美津子
生年月日:1950年7月31日
出身地:大阪府東大阪市
趣味:ゴルフ・ウォーキング・卓球
血液型:B型
健康法:よく食べて よく寝ること、シェイプアップ体操

高校時代に初音家賢次に師事し、天才音頭少女として河内音頭の櫓に立ち一晩に数件の仕事をこなす。1975年に自主制作でテイチクよりレコードを制作し1979年に日本コロムビアから発売。

1986年には「恋の肥後つばき/夜の千日前」でワーナーパイオニアからメジャーデビュー。
1988年に「女のみれん/待つだけの季節」で東芝EMIから発売、3枚目「河内おとこ節」も発売。

当初は売れなかったものの1991年あたりから地元東大阪からじわじわと知られるようにな有線放送のリクエストなどでも名前を知られるようになる。
紅白歌合戦は合計15回出演しています。

中村美律子さんの父の職業は?

中村さんといえば、幼少期に大変苦労をされたことでも有名です。中学2年生の時にお母さんを亡くされて一家は離散。ひとりで他の家庭に引き取られるという過酷な時代を過ごされています。

小さいころは、ご両親と姉と妹2人、弟と5人兄弟の7人家族。住んでいるところは銭湯の裏の6畳一間。
 
ご両親は東大阪の銭湯で住み込みのお仕事、お父さんはボイラー技士、お母さんは脱衣場で子供の世話やお掃除をするということをしておられました。生活は貧しく中村さんは小学校2年生からお姉さんと共に新聞配達をして家計を助けていたそうです。

小4の時には、200軒近くも受け持ち配達していたそうですから、かなり頑張り屋さんですよね。

しかし、中村さんが中学に上がると働きづめだったお母さんが栄養失調になり何度も倒れ、結局1か月寝込んだあと43歳で亡くなられたようです。そして一家は離散することになり、お姉さんは住み込みで働きに、弟と妹たちは京都の叔母の家に預けられます。

やはりここで運命だなと思うのは、美津子さんだけ近所の近所の河内音頭と歌好きな方に預かってもらったそうなんですよ。そのご家庭では歌謡教室にも通わせてもらっていたらしいです。

ただ、幼少期にはラジオから流れる歌謡曲や浪曲を銭湯の風呂場で歌っていたそうですから、小さいころは過酷なことばかりではなく、今の歌手としての第一歩がそこにあったのかもしれません。

夏祭りで開かれるのど自慢大会では1等賞になりお父さんを喜ばせたそうです。

中村美律子さんは結婚してる?

中村さんはあまり今のご家族のことは語られませんが、どうやら40歳を超えてご結婚されているようです。お子さんもいると答えておられるそうなので、出産をされたのか、お相手の連れ子なのかはわかりませんが、幸せなご家庭を築いておられると思います。

中村さんが世間で名前を知られるきっかけになった「河内おとこ節」というシングルですが、紅白歌合戦などで歌う姿を見たときなんてパワフルな方なんだと思ったんですよね。

きっと、幼少期の苦しい体験は中村さんの今の活動に生かされていると思うのです。夢は120歳まで現役の歌手として歌い続け、歌手年鑑に載ることと言う中村美津子さん、目標に向けて頑張ってほしいと思います。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ