menu

いいね! プレス

森山高至の経歴やプロフィールは?結婚や出演料も気になる!




Pocket

豊洲移転問題がワイドナショーで取り上げられていますが、この問題は今後どうなるんでしょうね・・・。調べれば調べるほど汚染の数値がでたり、地下にあるはずのない空間があったり、地下に水が溜まってたり・・・。素人から見るととても怖いイメージが定着していますよね。

豊洲の建物に関して、プロの目線でコメントする方をよく見かけます。一級建築士の森山高至さんという方なんですが、ワイドショーやニュースでは見ない日はないといっても過言ではありません。

建築士?それとも議員さん?ちょっと気になる森山さんを調べてみました。

森山高至さんのプロフィール

1965年生まれ
出身地:岡山県
岡山県立井原高等学校
1998年早稲田大学理工学部建築学科卒業
早稲田大学政治経済学部大学院修了

趣味:建物とマンガ研究

齊藤裕建築研究所を経てアルス・ノヴァ代表
「市場問題プロジェクトチーム」の東京都専門委員にこの9月に就任する。

スポンサードリンク

森山高至さんの肩書やギャラは?

森山さんは建築エコノミストを名乗っておられますが、一級建築士として建物を設計をしたり、地方自治体や公共施設のコンサルティングやその他、ジャーナリストとしても活躍をしておられます。これまでにかかわった建物は1000戸をこえるそうです。
 
特に有名にしたのは、新国立競技場のデザイン問題で、ザハ・ハディドさんのキールアーチが建築不可能ではないのかと早くから意思表示されていたことでも知られるようになりました。
この案が出た時に、このように壮大かつ滑稽な案は、選ばれないだろうと思っていたそうです。
  
豊洲移転問題については土壌汚染が深刻であり移転すべきではない、という考えだそうですが、最近では豊洲の建物を宿泊施設のあるマンガ喫茶にすれば良いなどと斬新な意見もお持ちのようです・・・

マン喫・・・(;´・ω・)とありますが、実は森山さんはマンガにも相当精通されているようなんですよね。
建築家としてアニメに出てくる建物は建てることが可能なのかマジメに解説をしています。

例えば
・めぞん一刻館は今建てられるのか?
・カイジの鉄骨渡りに関する建築的考察
・グラップラー刃牙の地下闘技場に関する建築的考察
・綾波の部屋は本当に打ち放しなのか?(新世紀エヴァンゲリオン)

などなど・・・ブログに書かれているのですが、やはり専門家の方はこんなところに目が行くんだな~と興味深く読みました。
特に打ちっぱなしの壁の工法や検証など、アニメファンからしても建築を知っている人も楽しめる内容は流石だな~~と思います。

ただ、これだけ建築のことに関して詳しく書いておられるのですが、ご家族のネタがないので結婚しておられるのかどうかもわかりませんが、お歳からいけばお子さんも成人していてもおかしくない年代です。

そして、森山さんがワイドショーにひっぱりだこなのは、やはり難しい建築の話をわかりやすく説明できるというのが理由でしょう。豊洲問題がヒートアップすればするほど、森山さんのお顔をみることが多くなってきました。

ちょっと下世話な話しなのですが、これだけテレビに出演される森山さんのギャラってどのくらい貰っているのかすごく気になりませんか?
テレビに出演する人達のうち、森山さんのような専門家が出てコメントをするのは「文化人枠」となるようですね。弁護士さんが法律のことを語ったりするのと同じです。

行列ができる法律相談所などでも、弁護士さんのギャラはお車代くらいともいわれています。有名な人ならば7~8万円、一般の方ならば3~4万円くらいではないかと思われるのですが、最近の森山さんは1日に掛け持ちでワイドショーに出られることも少なくない。仮に1日2つのテレビ出演があったとしたら、1日6~8万円、月に20日働くとすると120万円~160万円!

テレビに出ることによって、本が売れたり講演も増えるでしょうから、恩恵は測りきれませんね・・・。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ