menu

いいね! プレス

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?第3話!智子が陳情の対応をする




Pocket

普通の主婦が職を求め市会議員になってしまい、慣れない政治家という仕事に奮闘する「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?」。篠原涼子さん演じる佐藤智子も少しずつ慣れてはきましたが、まだ政治の世界で空回りすることもしばしば・・・。

今回の第3話では、シングルマザーや子の貧困問題もからんできました。陳情というものに対応をする智子ですが、実はそれにはいろんな事情が絡んでいて・・・

スポンサーリンク

民衆の敵の第3話ネタバレ

佐藤智子(篠原涼子)に富子(梅沢昌代)という女性からある陳情が持ち込まれました。富子が言うには誘拐事件で小川かのん(白鳥玉季)を連れ去った今井一馬(渋谷謙人)は冤罪で、もう一度調べて欲しいというものでした。

智子が今井の家に行くと、少年が動画を撮っているのを見つけます。その場で少年と言い合いになり、その動画はネットに上げられ炎上してしまいます。

その後、智子と藤堂は学校に行き子供に事情を聞きに行きますが、「知らない人と話してはいけない」と言われている子供は誰も話してくれません。そこに前田と主婦たちが現れ「誘拐犯の味方をするのか」と口論になりますが、その場は藤堂に諌められ事なきを得ました。

智子と藤堂は和美とママ友たちの情報で、かのんと母の裕子(安藤玉恵)は貧困家庭だということを知ります。昔、かのんはコンビニで万引きをして警察に保護されていたことがわかります。

今回、今井が誘拐騒ぎを起こしたことで、貧困家庭が児童相談所に知られるとかのんが施設に送られてしまいます。なので、今井は本当のことを話さないのだとわかりました。

それでも今井の冤罪を晴らしたい智子は、かのんの母、裕子に真実を話すように説得します。その結果、裕子は真実を語り、今井は無事釈放されました。

お礼を言ってもらえると思っていた智子でしたが、今井は「自分が黙っていれば親子2人が離れずに済んだのだ」と智子に怒りを見せました。

しかも「あんたのした事は誰も幸せにしてないんですよ」と言われ智子はその言葉に悩みます。

いろいろ考えた末、智子は今井の家に行きました。そして、今井には裕子とかのんが本当の「ありがとう」を言っている動画を見せたかったのでした。智子は今回の事でシングルマザーの問題や子供のあいさつのことを知り、政治家がやるべきことは目の前の1人ずつを幸せにすることなのだと悟ったのです。

スポンサーリンク

第3話の感想

第3話では陳情の冤罪事件を通してふと 智子が政治家としての決意を漏らすセリフがありました。

 「一人じゃどうしようも出来ないことを何とかするのが政治家佐藤智子。まずは目の前の人を幸せにしてそして世の中全部幸せにしてみせます」

これは、ドラマの最期に、智子が動画配信の少年に自分の決意を撮影するように言った時のセリフです。

感想

今回はシングルマザー、セーフティネット、介護問題とテーマが盛りだくさんでしたね。 貧困家庭でかのんを施設送りにしたくないと思う今井と、その思いについつい甘えてしまった裕子。

子供のセーフティネットが厳しく言われる中、今井のした事が一方的に悪いこととされてしまう世の中はやはりおかしいと思います。

智子が動画でかのんの本当の「ありがとう」を見せたシーンは、現時点で出来る智子なりの結論だったのだと思います。そして政治家として1人ずつ幸せにすると今井に宣言することで、今井も智子を許す気持ちになったのだと思いました。

政治家として未熟な智子が少しずつ成長していく姿は見ている側にも勇気をもらえますね。

まとめ

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2017年の秋ドラマの話題!

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ