menu

いいね! プレス

みんなの家庭の医学(2月14日)老化防止ホルモングレリンや脂肪のサビとは?




Pocket

いくつになっても若々しくいたいものですよね~年齢を重ねるたびに、ああ~あと10歳若かったらな~なんて思ってしまいます。ある一定の年齢になるとなぜか若々しく見える人と老けている人の差って出てくるもの。

魔法のように若くならなくても、ちょっとしたことで老化を止めることができるのならうれしいですよね。

2月14日の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」ではこれ以上身体を老けさせない!名医が教える【老化ストップ法】というタイトルでお医者様が老化防止に効果的な方法を教えてくださるそうです。

今回のキーワードとなるのは、老化防止ホルモンの「グレリン」という物質です。放送の内容では、「3日間で若返り効果を発揮!」なんて書いてありますが一体どんなことをするのでしょうか?

ネットで調べてみるとこんなことを書いてありました。

グレリンとは

グレリンは胃から分泌されるホルモンです。グレリンが分泌されると、脳の視床下部にある食欲中枢が刺激され、食欲が増すことになります。

出典:ヘルスケア大学

成長ホルモンを分泌に関係するグレリンという物質がどのようにすれば多くなるのか、若返りにどのように作用するのかとても気になります。

みんなの家庭の医学の出演者(2月14日)

司会:ビートたけし
アシスタント:斎藤真美(ABCアナウンサー)

ゲスト:
小林幸子、榊原郁恵
中山秀征、ガダルカナル・タカ 

みんなの家庭の医学の予告やみどころの概要は?

動脈硬化やガンなどの病気や老化の原因 『脂肪のサビ』が最新研究で明らかに!  あなたの脂肪は大丈夫? 自宅の「○○の臭い」で簡単セルフチェック!  『脂肪のサビ』を落とすスペシャル栄養素も紹介! 簡単!奥薗レシピでスイーツを食べるだけで体質改善?

出典:Yahooテレビ番組表

前半は老化防止ホルモン「グレリン」を分泌する方法
後半は「脂肪のサビ」の特集

脂肪のサビが老化や病気の原因となっているらしい
脂肪のサビの簡単セルフチェック法

実際見た目が若い人そうでない人の老化防止ホルモンの分泌量を検証など・・・

さらに、名医が老化防止ホルモンのグレリンをしっかり分泌する方法を教えてくれるそうです。お腹が空いたときに出る「ぐー」という音がポイントなんだとか・・・。

老化防止ホルモン「グレリン」を分泌する方法

出演:慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科 教授 伊藤裕先生 

 ホルモンと聞くと男性ホルモンや女性ホルモンという名前を思い浮かべますが、それ以外にもたくさんのホルモンが体にはあるそうです。その中のうちのひとつグレリンというのは老化をストップするホルモンで、1999年に日本で見つかったものだそうです

例えば、男性ホルモンと女性ホルモンは性格や体格にも大きく関係します。

利き手を見て薬指と人差し指のどちらが長いかで、どちらのホルモンの影響の影響を大きく受けているかわかります。

薬指が長い方が男性ホルモンの影響が強いタイプ
人差し指の長い方が女性ホルモンの影響が強いタイプ
 
お母さんのお腹の中の胎児のときに男性ホルモンが多く分泌されると薬指が長くなり 男らしい性格や体格になる。
 
話は戻りますが、 グレリン(老化ストップホルモン)は見た目だけではなく心臓、血管、腎臓など臓器を若々しくするんだそうです。
 
私たちの体は60兆個の細胞からできていて、細胞は酸素でエネルギーを作り出すことで身体を動かしたり生きていくことができます。 

酸素がしっかり使えずエネルギーを作る効率が低下して身体を動かしづらくなること→老化
老化ストップホルモングレリンをしっかり分泌できれば60兆個の細胞が酸素を使ってエネルギーを量産することが可能。
 
グレリンを分泌させるポイント
空腹を感じ始めると胃から分泌をされるホルモン
空腹状態がピーク→グレリンも大量分泌→胃が刺激されぐ~っと鳴る

空腹を意識することで細胞の老化をストップ

まとめ
1日3食ぐ~っと音が鳴るほどお腹を空かせてから食事をとる

小腹がすいたからと間食をとることはあまりよくないんですね・・・。それにしてもちょっとしたことで若さを保てるのなら少し我慢しなきゃと思います(;´・ω・)

スポンサーリンク

身体の脂肪のサビ

九州大学医学研究員 循環器内科 井手友美先生

暴飲暴食など生活習慣の乱れ→大量の脂肪が臓器に付着→心筋梗塞、脳梗塞
脂肪の量が問題視されていましたが最近では脂肪のサビが問題ということが分かってきたそうです

脂肪が金属のようにサビることで老化を進め健康被害を起こす

脂肪がサビると動脈硬化や認知症と多いのはがんになりやすくなるようです。
血管や脳の病の発生にも関係すると聞くと怖いですねぇぇ 
 
簡単セルフチェックの方法
自宅の枕のニオイ
枕から臭う加齢臭が脂肪のサビがあるかどうか判断できる目安
老廃物が多いほど、大量の脂肪をサビさせる

加齢臭は
脂肪のサビのニオイが身体の外ににじみ出たもの 

ニオイの特徴
古い油のような酸化したにおい
古い押し入れやタンスの埃っぽいにおい

誰でも簡単に枕から加齢臭を嗅ぎ取るためのポイント
①寝起きの枕
②家族など他人がチェック
③首元が接しているあたりを重点的に

加齢臭のにおいがあれば脂肪がサビている可能性大

脂肪のサビをしっかり落とすおすすめの栄養素はビタミンE
 
ビタミンEが多く含まれる食材
いくら たらこなどの魚卵
ウナギ鯛ハマチ
かぼちゃ、赤ピーマンサツマイモ
マンゴーキゥイアボガド
アーモンド、落花生、松の実などのナッツ類

1日に必要な摂取量(25㎎以上必要)
鯛なら4尾
かぼちゃ1/2個
 
日本人の平均摂取量 6.4㎎

鯛なら4尾って!!ちょっと無理ですよね・・・なので、料理家の奥薗先生考案のレシピが紹介されていました。

簡単!奥薗レシピ

ポリ袋だけでつくれるアボガドフローズン
材料
バナナ1本
キゥイ2個
アボガド1個
レモン1個
調整豆乳200ml
ハチミツ大さじ2
べに花油

①アボガド1個の種をとろ実をスプーンですくってポリ袋に入れる
②キウイ2個とバナナ1本も小さく手で割り入れる。
③ポリ袋の中身を手でつぶす
④豆乳とレモン汁ハチミツを入れ、サフラワー油(紅花油)を入れる
⑤冷凍庫で冷やし固めたら出来上がり

6.3㎎のビタミンEが摂取できる。

サツマイモキャラメル(3食分)
材料
べに花油 大さじ1
サツマイモ 200g
砂糖 50g
バター 大さじ1
アーモンド 50g
塩 適量

①べに花油でサツマイモを炒める
②砂糖を熱して作ったカラメルとバターにサツマイモを入れる
③砕いたアーモンドと塩を混ぜる

ビタミンE量6.6㎎

カボチャチョコ
材料
カボチャ 30g
カカオ70%以上のチョコレート 50g
ハチミツ 大さじ3
種抜きドライプルーン 50g
ココア 大さじ1
粉糖 適量
ラム酒 大さじ1
べに花油 大さじ1

①べに花油をフライパンへ入れる
②切ったかぼちゃとプルーンを入れ少量の水で蒸し煮10分
③フォークでしっかりとつぶす
④チョコレートとはちみつ、好みでラム酒を加えまぜる
⑤粗熱をとって適当な大きさにまるめる
⑥ココアを全体にまぶす
⑦最後に粉糖をかける

ビタミンE量6.4㎎

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2017年の秋ドラマの話題!

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ