menu

いいね! プレス

真矢ミキの結婚観や子供は?旦那は元親友?




Pocket

元、宝塚歌劇団では男役トップスターとして活躍し、退団後女優に転身、「踊る大走査線」にも出演した真矢ミキさん。オリコンで調査した「女性上司の理想像」やカッコイイ女性として人気となりました。最近では朝の番組「白熱・ビビット」でMCを務めるなど活躍しています。

真矢ミキさんの簡単なプロフィール

本名:西島 美季
生年月日:1964年1月31日
出身地:大阪府豊中市
血液型:O型
身長:166㎝

1979年、宝塚音楽学校に入学。
1981年、宝塚歌劇団に入団。花組男役のトップスターとして活躍
1998年、宝塚歌劇団を退団
芸能界入りをしていたものの、38歳で戦力外通知され、一旦どん底を経験するも、「踊る大走査線」のオーディションを受け合格。

真矢ミキさんは名前が変わったの?

少し前の真矢さんを知っている方は「真矢みき」という名前だったと記憶されているかもしれません。真矢さんは今の芸能事務所オスカープロモーションに入るとき、芸名を「真矢みき」から「真矢ミキ」に変更しているのです。

元宝塚の方々って少しキラキラネームっぽいですが、女優となってもその名前が一種のステイタスのようになり、名前を変更される方はそれほどいない気もします。
だって、伝統のある芸能学校で、芸事も勉強もできないと入れないですしね・・・。試験項目は声楽やバレエもあり、倍率は20倍(過去最高では48.2倍)という狭き門。学校でも独特の規律で教育されることや、もし歌劇団に入ってもライバルが多いのでトップスターにまでなった方は、やはり歌劇団にいたころの名前を使われますよね~

ただ、真矢さんの場合は、芸能界に入り田辺エージェンシーに所属していましたが、2002年、38歳の時に戦力外通知を受けます。その後、ブルーミングエージェンシーというところを経て、オスカープロモーションに入ったようですが、ブルーミングエージェンシーが「真矢みき」という名前を利用する権利を持っていたためにその名前が使えなくなったということのようです。

真矢ミキさんの結婚観や子供は?

真矢さんが結婚されたのが2008年、その時に真矢さんが結婚会見を受けています。いつものようにサバサバした感じで結婚のことも語っています。結婚したのが44歳だったこともあってか

「今が私の適齢期だと思った」

カッコいいですねー! 
女性が社会進出も多くなってきて、適齢期も随分変わってきていますが、こういった結婚も良いなと思います。お子さんについては自然に任せるとのことでしたが、おられないようです。

真矢ミキさんの旦那は元親友?

真矢さんの旦那さまはバレエダンサーでありイケメン俳優の西島数博さん。真矢さんよりも8歳年下です。2002年にスターダスト上海で共演したことがきっかけで知り合い友人関係となったようですが、すぐには結婚とはならなかったようです。

6年間、仲の良い友達だったけれども西島さんから付き合って欲しいと切り出したと言います。

プロポーズの言葉はふたりの胸に収めるために公開はされていません。
食事に行ったときにプロポーズをされたそうですが、最初、真矢さんはメニューを見ていて聞きのがしたそうですよ(笑)
しかも、キツイ空耳が聞こえてきたと思ったということですから、そんなことも冗談にしてしまえるほどの仲だったんですね・・・。

真矢さんいわく、ご主人は、「彼から人の悪口を聞いたことが無い、とにかく人を差別しない」と冷静に評価していてふたりの仲はまるで同志のようだそうです。

それにしても、旦那さんの踊りを見ていて、「マンタ」や「エイ」みたいに思える・・・って真矢さんの感覚がスゴイです(*^^*)

ドラマティック古事記~神々の愛の物語~でも夫婦初共演するなど、おしどり夫婦のふたり。大人の結婚の理想形のような気もします。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ