menu

いいね! プレス

松友美佐紀(バドミントン)の性格がかわいい?高校や姉の名前は?




Pocket

今や、女子ダブルスの世界ランキング1位になったペアの高橋礼華さんと松友美佐紀さん。攻撃的な高橋さんとテクニックの松友さん、そして、長年ペアを組んできたふたりの息のあった連続攻撃が特徴です。

松友美佐紀さんの高校や性格は?

松友さんは5歳からバドミントンを初め、徳島市立徳島中学校を経て、聖ウルスラ学院英智高等学校に進学しています。高校に入ったのは今のペアである高橋礼華さんが影響しているそうです。

二人の出会いは高橋さんが小5、松友さんが小4の時。高橋さんも松友さんも全国大会で優勝するなど有名な選手。「2人のどちらが強いのか・・・」と両監督が二人をシングルスで対決させることに・・・。

勝負は高橋さんの勝ち。

この時のことを松友さんは「ボコボコにされても楽しかった。試合ができてうれしかった」と話しています。
これがきっかけで松友さんから高橋さんに文通を申し込んだそうですよw
高校時代にダブルスのペアになる前にすでに知り合い同士だったんですね。

性格は高橋さんが社交的であることに対して松友さんはおとなしくて人見知りだそうです。
性格の違うふたりだからこそ10年近くもペアで居続けることができたんでしょうね・・・。

プレースタイルも高橋さんは強打に対して、松友さんはテクニックがあることから、高校時代の監督がペアを組ませたところが始まりだったそうです。
高橋・松友ペアのプレーは「連続攻撃」が特徴で、松友さんがテクニックで相手を翻弄し、球が甘くなったところを高橋さんが強打で決める。これまで一緒に戦ってきた、あ・うんの呼吸があるからこそできる攻撃なんですね。

今現在は世界ランキング1位の高橋・松友組みのダブルスはこれからも連勝し続けて欲しいですね。

松友美佐紀さんのお姉さんの名前は?

松友さんのお父さんは野球の経験者、そしてお母さんはバドミントンをしていたこともあり松友さんとお姉さんは二人共バドミントンをすることになります。
お姉さんは仁美さんという名前で、松友さんには及ばないものの、バドミントンの素質はあったようで、中学ではダブルスで四国で良い成績を収めたりインターハイにも出場するほどですので、かなりの腕前だったと思われます。

幼いころはお父さんの指導の元、一緒に練習をしていたそうですから、お姉さんにも影響を受けたと思われます。

松友美佐紀さんの簡単なプロフィール

生年月日:1992年2月8日
出身地:徳島県
身長:159.5㎝
所属:日本ユニシス

出身校
徳島市立徳島中学校
聖ウルスラ学院英智高校

松友美佐紀さんの戦歴は?

国内試合
2015年、全日本総合選手権大会 ダブルス 優勝
2015年、全日本総合選手権大会 混合ダブルス 準優勝
2014年、全日本総合選手権大会 混合ダブルス 優勝
2013年、全日本総合選手権大会 ダブルス 優勝
2013年、全日本総合選手権大会 混合ダブルス 優勝 など・・・

国際試合
2016年、インドネシアオープン ダブルス 優勝
2016年、アジア選手権 ダブルス 優勝
2016年、シンガポールオープン ダブルス 準優勝
2016年、インドオープン ダブルス 優勝
2016年、 全英オープン ダブルス 優勝  など・・・

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年の秋ドラマの話題!

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ