menu

いいね! プレス

魔性の群像 刑事・森崎慎平4のキャストは?あらすじやネタバレ見どころもチェック!




スポンサーリンク

3月12日の月曜名作劇場では「魔性の群像 刑事・森崎慎平4」が放送されます。魔性の群像とは森村誠一さんの短編小説です。2013年からTBSでドラマ化されています。

魔性の群像 刑事・森崎慎平4のキャストは?

森崎慎平・・・小泉孝太郎
黛 透子・・・柴田理恵
仙道 綾・・・前田亜季
小山内直樹・・・石井正則
花園栄治・・・阿部亮平
海老沢忠良・・・堀内正美
須永弥生・・・国生さゆり
興津明日香・・・紺野まひる
芳賀寛人・・・須田邦裕
笹岡妙子・・・岩崎加根子
本松大輔・・・城咲 仁
田所義男・・・阪田マサノブ
森崎奈緒・・・松本来夢
朝比奈公介・・・加藤 剛

スポンサーリンク

 
キャストの役どころ
森崎慎平(小泉孝太郎)
警視庁捜査一課刑事で階級は警部補。過去の通り魔事件で妻を亡くしている。「決して諦めない」を信条とする執念の刑事。娘と共に元検察官の義父・朝比奈の家で一緒に住んでいる。
 
黛 透子(柴田理恵)
捜査一課の新任係長

仙道 綾(前田亜季)
刑事
 
小山内直樹(石井正則)
刑事

花園栄治(阿部亮平)
刑事

海老沢忠良(堀内正美)
警視庁捜査一課係長

須永弥生(国生さゆり)
「ピースハーツ」と助成金を巡る癒着の噂がある女性都議会議員

芳賀寛人(須田邦裕)
ボランティアメンバー(被害者に恨みを持つ男)
 
本松大輔(城咲 仁)
ボランティア団体「ピースハーツ」の代表

田所義男(阪田マサノブ)
詐欺まがいの手口で土地を転売し、荒稼ぎするペーパーカンパニーの共同経営者(不動産経営者)

朝比奈公介(加藤 剛)
慎平の妻、玲子の父。慎平とは義理の親子の関係。元最高検察庁検察官でジャーナリスト

魔性の群像 刑事・森崎慎平4のあらすじと見どころ

過去の悲劇が引き起こした連続殺人…
謎を解くカギは3人の子供の友情!?
執念の刑事・森崎慎平が事件の真相に迫る!

出典:TBS月曜名作劇場

ボランティア団体「ピースハーツ」の代表・本松大輔(城咲仁)が亡くなっているところが発見されます。現場を見た警視庁捜査一課の刑事である森崎慎平は被害者の顔を知っていました。

顔を合わせたのは数日前のこと。

森崎は参加した河川敷清掃で、本松を見かけていました。しかし、その場に一緒にいた都議会議員の須永弥生が本松を険しい表情で見ていたことも同時に思い出していました。

森崎は後輩の仙道刑事と捜査に向かおうとするが現場がネットで生中継されている事実を知り騒然となります。被害者を調べていくと事件前にボランティアのメンバーの芳賀寛人と被害者が激しく言い争っていたことがわかります。芳賀は事件には無関係と主張しますが事件当日の夜のアリバイがなく、口論の件の理由については語らないため森崎は疑惑を深めていきます。

もうひとつの線で、「ピースハーツ」と関わりがありそうな議員の弥生との間にも助成金をめぐる癒着のうわさが流れていることを聞き取ります。
 
本松の事件の捜査も進展しない中、今度は第二の事件が起こります。本松と詐欺まがいの手口で土地を転売して荒稼ぎするペーパーカンパニーの共同経営者の不動産会社経営者・田所義男が亡くなっていることが発見されます。

ドラマの見どころは?
見どころはやはり主役の小泉孝太郎くんの演技ではないでしょうか?俳優になった当初は、お父様も現役だったのでプライベートの印象が強いのと、演技はそこそこ上手なんだけれども、いまひとつ演技した役の印象は残らなかったように思います。

しかし、2013年の魔性の群像の第一弾の視聴率は14.2%なので、大ヒットとはいかないまでも、ドラマとしては良いスタートなんですよね。

そして、主人公は過去の不幸な出来事を背負いながらも刑事という仕事を全うしているという暗い部分を持っている役どころなので、イメージ的には微妙な部分もありますが、やはり歳を重ねていろんな役もこなせるようになってきた孝太郎くんの演技を楽しむのもまた面白いと思います。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ