menu

いいね! プレス

Mako(料理研究家)の体重は?年齢や夫と子供も気になる!




Pocket

愛くるしいキャラと肉を使った料理では定評のあるMakoさん。肉の塊を豪快に料理したり、大皿料理なども得意としている料理家です。料理している姿もすごくおおらかで好印象なのですが、どんな方なのでしょうか・・・。

スポンサーリンク

Makoさんのプロフィール

名前:多賀正子
1964年生まれ(52歳)
出身地:神奈川県

きょうの料理大賞で大賞を受賞したことで、開催した料理教室Creative kitchenも大人気となる。3男1女のお母さんとしてお子さんの食事を作ってきました。お肉料理には定評があり、ボリューム満点でおいしいと評判となっています。

Makoさんの体重が気になる。

Makoさんの得意とするボリューミーな肉料理も気になりますが、Mako先生の体重も気になりますね~プロフィールなどが出ていないので正確な体重はわからないため憶測になりますが、同じくテレビに出演しておられるぽっちゃり系のタレント渡辺直美さんの急激に太る前くらいなのかな~と思います。

今、渡辺さんは公式では95㎏で急に13㎏太って今の体重となっているので、80㎏くらいではないかと・・・(;´・ω・)テレビに映ると若干太めにみえるそうですから、見た目よりも痩せてらっしゃるかもしれません。

ただ、Makoさんが料理をつくる姿を見ていると、ものすごく食欲がわいてくるんですよ・・・。

きっとおいしいものをいっぱい作っていっぱい食べてるんだろうな~という想像力が湧いてきて、作っている料理が気になってしまうんです。石塚さんや、彦摩呂さんが食べてる姿を見て食べたくなるのとおなじ作用かな~とも思うんですがどうでしょう・・・。

Makoさんはいまだに、赤身の肉なら500gはいけるというくらいの肉好き。肉>体重なんでしょうね・・・。

スポンサーリンク

Makoさんの作る豪快な料理とは?

Makoさんは、「大皿料理でおもてなし上手 失敗しない裏ワザと、かんたんコーディネート術」という本を出しておられます。最近、カロリーや生活習慣病を気にする健康志向にありますので、大皿といっても今、肉々しい料理が新鮮に感じます。

大皿料理もすごくおいしそうなんですが、MakoさんのNHK出版の「禁断のレシピ」にはちょっと度肝を抜かします。

禁断のレシピ えっ?肉のカタマリを油で揚げる!? フライドビーフ編

出典:NHKBOOKMOVIE 

こんな肉の塊ってお肉屋さんでしか見かけませんね~(;´・ω・)お肉のケーキって肉好きなら食べてみたい一品です。

肉の塊を油で揚げる・・・。命知らずなメニューですねぇ

世の中ヘルシー志向な中、ここまで肉を愛してる画像にはすごくインパクトがありますし、ちょっとだけ食べてみたいかな・・・ともおもいます。

この動画の中で、makoさんが、「マッシュポテトは飲み物です!」とおっしゃってますが、肉付きの良い方って結構食べ物を飲み物化することが多いですよね(笑)

例えば、すでにお亡くなりになってますが、元ビジーフォーのウガンダトラさんも「カレーは飲み物だ」ときっぱりおっしゃってました(;^ω^)
 
さらに、mako先生は別の動画ではカロリー激高のピーナッツバターを1瓶使ったクッキーを作ったり、すごい内容となっています・・・。チョコや砂糖もたっぷりでなんとクッキー1個が砂糖を抜いても220カロリー(お茶碗1杯分)だそうです。

Makoさんの肉好きはなぜ?

Makoさんの肉料理は定評がありますし、すごく肉を愛しているのがよくわかりますが親が肉好きとかではなく逆だったようですね。

ご両親は京都の出身、京都の食生活としておばんざいというものがありますが、まさしくそんな食生活だったそうで、魚の干物・かす漬け・みそ漬けなどの料理が並んでいたそうです。

Makoさんはその食事のことを「暗いおかず」と呼んでたんだとか・・・。子供のころ「世界の料理ショー」「はじめ人間ギャートルズ」や「大草原の小さな家」「奥さまは魔女」などで見た肉料理にあこがれていたみたいです。

「はじめ人間ギャートルズ」のマンモスの骨付き塊の肉は確かにおいしそうに見えましたね~(笑)

その欲望はどんどん大きくなり、中学になると自分で肉を買って焼いて食べたり、短大のころには食べ放題の焼き肉店「モリモリバンバン」でまかないが出るということでバイトをしていたくらいなんだとか・・・。
 
今後も驚くようなお肉料理を開発して楽しませてほしいですね!

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2017年の秋ドラマの話題!

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ