menu

いいね! プレス

黒柳徹子の恋人は外国人?豪邸や年収、学歴も気になる!




スポンサーリンク

昔からテレビに出演し、今では年齢を超越している感のある黒柳徹子さん。「徹子の部屋」では放送回数10000回を超えギネスに載ったり、ザ・ベストテンでは名司会っぷりが注目されました。

本を出せば大ベストセラーをたたき出し、英語もペラペラでユニセフの親善大使もされていて、なんでもできる宇宙人みたいな人ですがいったいどんな方なんでしょうか?

年齢を重ねてもいまだに輝き続けている黒柳さんを調べてみました。

黒柳徹子さんのプロフィール

スポンサーリンク

生年月日:1933年8月9日
出生地:東京都港区乃木坂
血液型:A型

父:黒柳守綱(旧姓田口)
母:黒柳朝(旧姓門山)

バイオリニストの父と声楽家でエッセイストの母との間に生まれる。小さいころ、問題児として小学校1年で退学させられてトモエ学園に転校をします。その後、香蘭女学校、東京音楽大学(当時は東洋音楽学校という名前)の声楽科を卒業。

1953年に日本で初めての女優として日本放送協会に入局する。(現在のNHK)

黒柳徹子さんの恋人は外国人ってホント?

黒柳さんって、あまりにも個性がありすぎて国籍とかを超えてしまっているような気がします。なので、外国人の彼氏がいっぱいいそうです(笑)これまで結婚をしようと思った人が2~3人いたということなんですが、その中でも40年も付き合っていた人がいたそうです。

40年っていったらもう夫婦同然ですよね・・・。

これまで、黒柳さんと親しい間柄なのではと言われていたのが、渥美清さんと永六輔さん、そして劇作家の飯沢匡さん。3人ともお亡くなりになっておられますが、それぞれ親交が厚かったそうです。

渥美さんは、「男はつらいよ」シリーズの寅さんで有名ですよね。渥美さんとは、NHKのかつてのバラエティー番組「夢であいましょう」で共演してからの仲だったようです。

ただ、渥美さんには奥様もおられますし、連絡先も知らなかったという逸話までありますので、恋人関係というのはなさそうですね。

永六輔さんとは60年来の親友とご本人は言っておられます。

余談ですが、女優の中村メイコさんいわく、永六輔さんは若いころ中村さんが好きだったそうで、告白をしたけれど残念ながら良い答えがもらえなかった。その帰り道に涙をこらえて歩いていたことを歌にしたのが「上を向いてあるこう」になったともいわれていますよね。

なので、この歌は応援ソングではなく、永さんの失恋ソングだったという話があります。

ですので、中村さんのお話しが本当ならば、永さんの好きな人は別な人ということになりますよね。60年来の友人なので、友情が恋に変わったということもありそうですが、どうなんでしょう・・・。
 
そして、最後に残ったのが劇作家の飯沢匡さん。

1954年にラジオドラマ「ヤン坊ニン坊トン坊」のオーディションで脚本を担当していたのが飯沢さんだったそうです。当時の黒柳さんは応募数6000人のオーディションでNHKに受かったものの、独特の個性を買われて合格していました。

今でこそ、トレードマークとなった特徴のある声も個性も、当時のNHKでは受け入れられずつらい日々を過ごしていたそうです。ラジオドラマに受かったけれども、また番組を降ろされるかもと心配していたところ飯沢さんはそんな黒柳さんに、その個性が良いからなおしてはいけないと言ったそうです。

ずっと否定されてきた黒柳さんにとって、飯沢さんの存在はどれだけ大きかったかわかりませんね。
過去には、かなり親密だったとも言われていますので40年来の恋人はこの方ではないかと思うのです。

結婚はされていませんが、ずっと昔のうわさでは黒柳さんの一番下の24歳差の弟さんが隠し子ではないかともいわれたことがあるようです。その理由は、弟さんをお母さんが生んだ年齢が47歳と超高齢出産だったこと、弟さんが徹子さんの写真を大量に飾っていたことからその噂がでているそうです。

追記
「1周回って知らない話 黒柳徹子に失礼な質問10連発SP」では、テレビで初めて40年来の恋人のことを語っておられました。結婚しようと思ったのは、22歳の時と30歳の時、22歳の時の彼には、「してもいいけど結婚ってそんな面白いものじゃないよ」「君がどういう人間か調べるために勉強した方がいいんじゃない?」と言われたそうで、そのときに「そうだな!」と思ったとサバサバ答えておられました。

30歳の時に結婚しようと思った方が外国人、一緒になるには仕事を辞めないといけないけれども黒柳さんがやめようとは思わなかったんだそうです。海外と日本とで遠距離恋愛をしていたとのこと。

40年間付き合っていたけれどお相手の方はすでにお亡くなりになったそうです。

ただ黒柳さんがすごいのが、まだ機会があれば結婚すると考えておられるみたいです。「まだ何があるかもわからない」ってスゴイですねぇぇ(*^-^*)

黒柳徹子さんの家や年収が気になる!

黒柳徹子さんって、収入はすごそうですよね!「徹子の部屋」は月~金までの帯番組です。予算はかなり抑えていて500万くらいだそうですが、同じ昼時間の番組、いいともではタモリさんはいい時にはギャラが1日300万という噂もありましたので、予算は低いとはいえ1日100万くらいもらっておられるのではないでしょうか?

かつては、「窓際のトットちゃん」が大ヒットし800万部のベストセラーになった1983年の税金は、1億5千万だったようですから、当時から相当の収入があると思われます。

ただ、この印税は寄付されたともいわれていますので、いまではご自分に入ってくるかは不明ですが、過去にとらわれない考え方も素敵ですよね。徹子さんのおうちなんですが、どうも港区の麻布付近だそうなんですが、はっきりしたことはわかりませんでした。

もし、1日100万円のギャラだとすると1か月2000万円。年にすると2億4千万円です。その他番組にも出演されていますし本も出しておられるので、相当な金額になりそうです。

黒柳さんがテレビに出演されるのを見ると元気になれる気がするので、まだまだ現役で頑張ってほしいものです。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930