menu

いいね! プレス

黒い十人の秋山のキャストは?あらすじやネタバレと見どころをチェック!




Pocket

年末になると、スペシャル番組が多くなりますよね。普段見れない特別企画なんかも出てきますが、とうとうロバート秋山の変装がドラマになって放送されることになりました。

少し前から、秋山さんの変装のレベルの高さは話題となっていましたが、ドラマでは10人の容疑者が全部ロバート秋山という驚きの内容です。

黒い十人の秋山のキャストやあらすじのネタバレなどを調査しました。

画像出典:テレビ東京

スポンサーリンク

 

黒い十人の秋山のキャスト紹介

まずは、容疑者として出てくる秋山さんの役どころをご紹介していきましょう。

主要キャスト

演:ロバート秋山

①冴島響一郎(オペラ歌手)
②戻川茜(美人秘書)
③パトリック・ベイカー(外国人画家)
④神取忠(建設会社社長)
⑤財津隆也(美容整形外科医)
⑥赤羽ヒデト(サーファー)
⑦犬塚聡子(プロゴルファー)
⑧リシエル(ファッションモデル)
⑨村田安夫(猫を飼う男)
⑩YOKO FUCHIGAMI(トータルファッションアドバイザー)

その他のキャスト

桐島さなえ・・・仲里依紗
捜査一課の女刑事

取手健・・・満島真之介
さなえの部下

ホテルの客・・・滝藤賢一
被害者

桐島ケイ・・・堀内敬子
さなえのいとこ

大城武史・・・山内圭哉
ホテルのオーナー

スポンサーリンク

黒い十人の秋山のあらすじ

離島にあるホテル。宿泊客が嵐の夜に殺されているのが発見された。被害者は本庄一朗(滝藤賢一)。たまたま宿泊していた刑事の桐島さなえ(仲里依紗)とその部下である取手健(満島真之介)は、その事件の時、停電になっている間に出入りをした10人の宿泊客が怪しいと断定する。

そこにはオペラ歌手・ファッションアドバイザーなど容疑者に挙げられる人間は一筋縄ではいかない怪しさ満開の人物ばかりであった。

さなえと部下の取手とさなえの従姉でホテルで働いている桐島ケイ(堀内敬子)で捜査を進めていくも全員にはアリバイがありました。

必然的に、ホテルのオーナー大城武史(山内圭哉)も容疑者として加わり事件は全く読めない状況に陥ります。

しかし、この事件は過去の未解決事件が関わっていることが次第に見えてきます。

黒い十人の秋山の見どころ

あらすじだけみるとちゃんとしたミステリーじゃーんと思った方も多そうです。

このお話のみどころは、やはりロバート秋山の変装とキャラづくりでしょう。元々、ネタでもいろんな人になりきるのが非常にうまい秋山さんですので、どこまでそのキャラを活かせきれるかがこのドラマの最大の見どころになります。
 
そのために、衣装とメイク替えは48回!
 
閉鎖された空間で容疑者が10人いるので、アガサクリスティの「そして誰もいなくなった」っぽい話なので、もしかするとこのお話しのように10人全員に動機があり、実行犯は10人なんてことになるかもと思いました。

タイトルが黒い十人の「秋山」なので、結局秋山帰りをして過去の事件は秋山ひとりの犯行だったなんてこともあるかも。

それにしてもロバート秋山の変装で気になるのは、美容整形外科の財津隆也と建設会社社長の神取忠・・・。これ実在の方のオマージュですよね(笑)

まとめ

2役3役くらいまではみたことがありますが、今回はまさかの10役。秋山の演じ分けもコメディでいくのかそれとも本格的なミステリーとなるのか気になります。

・容疑者キャストは秋山が変装した10人
・その他、仲里依紗さんや満島真之介さんも出演
・内容は、思ったよりもちゃんとしたミステリー
・10役の中に、高須クリニックの院長っぽい人がいる

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2018年 あなたの運勢は第何位?

2017年~2018年 年末年始番組特集!

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ