menu

いいね! プレス

小柳ルミ子の若い頃がかわいい!宝塚首席の実力や現在の男関係も調査




Pocket

最近、サッカー解説者として注目されている小柳ルミ子さん。その解説の迫力と説得力は、なんとサッカー誌で取り上げられるほどです。とにかく、サッカーへの愛情の深さはすごく名言が連発だったんだとか・・・。

「サッカーは人生の縮図、社会の縮図、人間関係の縮図」

これは、小柳さんがおっしゃると深みがありますよね・・・(;^ω^)

これまで、歌手としてだけでなく体当たりの演技をしたり、ダンスを披露した結婚式や離婚ですら話題をさらった小柳さん。このスター性はどこから来ているのでしょうか?

調べていくと、そのルーツは輝かしいものでした。

スポンサーリンク

小柳ルミ子さんのプロフィール

出典:小柳ルミ子オフィシャルブログ

生年月日:1952年7月2日(65歳)
出身地:福岡県早良区
血液型:A型

小さいころは、母親の影響で歌手を目指し、日本舞踊、クラシックバレエ、ジャズダンス、タップダンス、ピアノ、三味線、習字、歌などなんと8つもお稽古をするなど英才教育を受けていました。

筑紫女学園中学校卒業後、名門の宝塚音楽学校に入学し勉強に励みます。宝塚の在学中は、朝の9時から夜の10時まで勉強したといいますから、その情熱たるや普通ではありませんね。

このころから歌手を目指していたようで、学校の先輩である梓みちよさんの紹介で芸能プロの渡辺プロダクションと連絡をとり歌手になりたいと願い出たそうです。

その時の担当者の答は、宝塚を首席で卒業したらと条件を突きつけたようですが、当時の担当者の方は、名門の宝塚の首席という厳しい条件を付けたのはルミ子さんを試していたのかもしれません。

しかし、その言葉を聞き有言実行、ルミ子さんは1970年に宝塚を首席で卒業し歌手に一歩近づきます。ただ、宝塚の舞台は1度は踏んでおいた方が良いとのアドバイスを受けて、宝塚歌劇団で「夏川るみ」という名前で舞台に立ちました。

小柳さんは、最初から歌手になるという目標で勉強をしておられたそうですから歌劇団が最終目標ではなかったようです。いわば超難関の宝塚は腰掛として考えていたということですから、なんともレベルの高いお話しですね。

1970年には、NHK連続テレビ小説『虹』でデビューをし、その翌年には「瀬戸の花嫁」で歌手デビューし日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得しました。

スポンサーリンク

小柳ルミ子さんの若いころがかわいい!

小柳ルミ子さんは、歌手でデビュー当初は「歌が上手い清純派歌手」として脚光を浴びることになります。しかしご本人はこの表現はしっくりこなかったようで、表向きには「清純派」という態度をとりながらも夜は変身しディスコ通いをしていたという逸話があります。

今でこそダンスは普通に受け入れられますが、当時にすればディスコは不良が集まると考えられていた場所。清純派の歌手が入り浸っていればもちろん、芸能ニュースでたたかれていたでしょうね。

当時は、同じ事務所の天地真理ちゃんも大人気だったことから南沙織さんも含めて三人娘とも言われた時期がありましたが、その待遇の違いにルミ子さんは天地さんに嫉妬を感じていたようです。

例えば衣装、天地さんはお姫様のようなフリフリのドレスだったのが、ルミ子さんは自前の衣装・・・。そりゃ怒りますね(笑)

小柳ルミ子 全16曲 わたしの城下町/瀬戸の花嫁/他

価格:1,260円
(2017/11/14 13:45時点)
感想(1件)

小柳ルミ子さんの現在の彼氏は?

60歳を超えても美しいルミ子さんですが、現在旦那様はおられるのでしょうか・・・。調べていくとどうも旦那様はおられない様子です。

今、ドラマ「民衆の敵」でも出演している大澄賢也さんとの結婚はあまりにも有名ですよね。当時、13歳年下だった無名のバックダンサーであった大澄さんとご結婚をし、12年間連れ添いおしどり夫婦と言われていました。

しかし、報道では大澄さんの女性関係が問題となりふたりは離婚。

2007年には、なんと27歳年下の俳優の石橋正高さんとの入籍を間近に控えていましたが、結局は破局となりました。その後年下社長との噂もありましたが結婚には至っていません。

現在は、ブログを見る限りサッカーの話題ばかりなので、またサッカー関係の方との熱愛が発覚するかもですね。

まとめ

・小柳ルミ子さんが宝塚を首席で卒業した噂は本当
・デビュー当時、清純派と言われるくらいかわいい
・今は男性関係は特になにも噂はないが今はサッカーが恋人かも?

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2017年の秋ドラマの話題!

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ