menu

いいね! プレス

コウノドリ続編ドラマの第1話のあらすじとネタバレ!(10月13日)




Pocket

漫画が原作で、前回2015年に初めてドラマ化をされた「コウノドリ」がまた帰ってきました。続編は10月13日に15分拡大版として放送されましたね。

赤西先生が漫画よりグレードアップしているとか、星野源を見て逃げ恥を思い出す人とかおられたようですが、今回も評判はよさそうです。

スポンサーリンク

コウノドリ第1話あらすじ

鴻島サクラ(綾野剛)は、産婦人科医としては年数もたち、ベテランと言われるようになった。そして、荻島勝秀(佐々木蔵之介)という恩師がいる離島の病院に出向き、島の人々と一緒に生きている荻島を見てサクラは思い立つ。

かつては研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もふたりとも、専門の医者となり頑張っている。

サクラは離島から帰ると助産師のコマツ(吉田羊)と共に耳が聞こえない妊婦の早見マナを診る。夫の健治も同じく耳が聞こえないので筆談で医療内容を伝えることにするが・・・

スポンサーリンク

コウノドリ第1話のネタバレ

「赤ちゃんは未来 生まれること・そして生きること」

鴻鳥(こうのとり)サクラ(綾野剛)は恩師荻島勝秀(佐々木蔵之介)のいる離島の病院にいた。 島の保育士久松ユリ(安藤輪子)が妊娠高血圧症になり、本土へヘリコプターで移送されることになったのだ。

しかし、出血した未受診の妊婦がやってきて、ユリの乗るはずだったヘリコプターに先に乗ることになるが、ユリはHELLP症候群になり、母胎共に危険な状態になってしまう。

血液が足りないので離島での手術はできない・・・しかしヘリが戻るのには1時間はかかる。躊躇する荻島をサクラは説得し、手術することになる。

無事手術も成功し、サクラは「ペルソナ総合医療センター」に戻る。

研修医だった下屋(しもや)加江(かえ)(松岡茉優)は産科専門医、白川領(しらかわりょう)(坂口健太郎)は新生児科専門医となり、ペルソナで働いていた。

サクラと助産師長の小松留美子(吉田羊)は妊娠34週目の耳に障害がある早見マナ(志田未来)を担当する。夫の早見健治(泉澤祐希)も耳が聞こえないので、医療用語などの説明が難しく筆談を会話の手段にする。

四宮春樹(星野源)は佐野彩加(高橋メアリージュン)の担当になる。産後すぐにでも仕事に復帰したいと思っていた彩加だが、胎児が「心室中隔(しんしつちゅうかく)欠損(けっそん)」という心臓に小さな穴が開いている事がわかってしまった。
 
四宮と周産期医療センター長の今橋貴之(大森南朋)は、彩加と夫の佐野康孝(ナオト・インティライミ)に説明をする。

産休を取るのも仕事復帰もスケジュールを立てたい彩加に、出産は予定通りにいかないと四宮は言う。そして、出産は無事におわり、子供の心臓の穴は5mmである事がわかる。

一方、マナは出先で破水し、救急車で運ばれてきます。
 
胎児にも問題ないから大丈夫というサクラに、マナは、夫婦ともに聞こえないのに育てられるのかと母にも反対され、産んだ後が怖いとおもわず漏らす。

サクラは一緒に頑張ろうと励まして、無事に出産することができた。そして両親が心配していた赤ちゃんの耳の聞こえは問題がなかった。

彩加は退院後、心臓に穴が開いている子と二人で過ごすのが怖いという。康孝は二人で頑張ろうというが、退院後、康孝は結局育児休暇が取れなかった。
彩加は一人・・・泣きじゃくる子供が聞こえないかのように宙を見ていた。

久保佐和子(土村芳)は妊娠19週目だが子宮頸がんだと宣告される。

まとめ

・コウノドリ(ドラマ)続編初回は15分拡大放送
・サクラもベテランとして活躍
・赤西先生の宮沢氷魚(ひお)が素敵だと評判

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ