menu

いいね! プレス

稀勢の里はレゲエ好き?!部屋のトラブルやおかみさんとの問題とは?




Pocket

今年は綱取りで期待されていた稀勢の里関。才能や実力があり、相撲ファンも次こそはとやきもきしている方も多いのではないでしょうか?今年は優勝こそなかったものの、優勝していないのに、年間最多勝を獲得するという大相撲史上はじめてということも達成しました。

稀勢の里のプロフィール

スポンサードリンク

本名:萩原 寛 
生年月日:1986年7月3日
出身地:茨城県牛久市
身長:187㎝
体重:171㎏
所属部屋:田子ノ浦部屋
ニックネーム:ハギ
血液型:B型

龍ケ崎市立松葉小学校
龍ヶ崎市立長山中学校卒。

小学校のころから、野球をしていて才能もあり捕手や投手も経験してきましたが、相撲も好きだったそうです。運動能力が高かったのか、中学を卒業するころには、ラグビーやレスリング、野球などもスカウトがありますが、相撲の世界に飛び込みます。

高校野球の名門、常総学園からもお声がかかったといくらいですからスゴイですよね。しかし、そのとき一番やりたかったことが相撲だったことが決め手となったようです。

相撲の名門の高校もあったようですが、やるなら100%やってみようという志で厳しいプロの世界に入ったそうです。

平成14年の春場所で初土俵をふみ、平成16年には、17歳9か月で幕下優勝。この記録は、貴花田、富樫に次ぐ歴代第3位の年少記録となります。その3か月後には十両昇進、11月場所で初入幕となり、若年記録の第2位となります。

平成18年、小結昇進
平成21年、関脇昇進
平成24年、大関昇進

稀勢の里はレゲエ好き?

お相撲さんといっても、見た目とはイメージの違う趣味を持っている方もおられます。過去のインタビューでは、よく聞く音楽はレゲエとクラッシックを答えておられたそうです。

早口のレゲエの歌を千秋楽の打ち上げで歌っておられたとか、目撃談では、帽子をかぶりクラブに現れたという噂も出ています。しかし、あれだけ大きな体では、絶対わかっちゃいますよね(;´・ω・)

日本の伝統的な競技をやりつつ、意外な一面を見るとなんだか一気に身近に感じます。

相撲部屋のトラブルって何?

稀勢の里は中学卒業してから、鳴門部屋に入門していますが、いまは田子ノ浦部屋の所属となっています。これは、単なる名義変更というわけではなく2014年に日本相撲協会が公益法人化することに伴って、年寄名跡証書というものを提出しなければいけなかったところ、証書を保有する先代の親方のおかみさんと鳴門親方との間で話がまとまらずに、提出期限まで出すことができず、田子ノ浦を襲名することで、実質「鳴門部屋」というものが消滅してしまったことが真相のようです。

「鳴戸」から名跡変更した田子ノ浦親方は先代のおかみさんとはケンカ別れのような形で場所も移転し、三保ヶ関部屋の建物へ移ってしまったそうです。先代のおかみさんといえば、稀勢の里関にとっては育ての親ともいうべき人。綱取りを期待されていた時期に騒動が起こってしまったことで、影響がでるのではと心配する声もあったんだとか・・・。
  
角界では、実力を評価されている力士だけに、ぜひ綱取りをしてほしいと思います!

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2017年の秋ドラマの話題!

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ