menu

いいね! プレス

キントリ(2017)キャストは?2の1話ネタバレ感想と2話あらすじ!




スポンサーリンク

4月から始まった、緊急取調室(キントリ)シーズン2ですが、第1話は好調な滑り出しで視聴率も17.9%という数字でした。1話はストーリーは複雑でしたが演じるのは大女優の三田佳子さん。取り調べをする天海祐希さんとの対決もありましたが、やはり三田さんの存在感は他を圧倒していました。

第1話のネタバレと第2話のあらすじやキャストを調べてみました。

キントリ(緊急取調室)2のキャストと役どころ

真壁有希子・・・天海祐希
梶山勝利・・・田中哲司
渡辺鉄次・・・速水もこみち
監物大二・・・鈴木浩介
磐城和久・・・大倉孝二
菱本進・・・でんでん
中田善次郎・・・大杉漣
小石川春夫・・・小日向文世 
沢渡巌・・・三上市朗
しんじ・・・生島勇輝
かやの・・・中村静香

スポンサーリンク

役どころ

捜査一課 緊急事案対応取調班 通称:キントリ

真壁有希子(天海祐希)
元、女性で初めての捜査一課特殊班(SIT)の長として活躍するもとある事件で犯人との交渉に失敗してしまう。その後キントリに配属された。警視庁捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事である。
かつては、一匹狼のようなタイプであるがキントリでの連帯感を感じ自分の役割を考えるようになった。 

梶山勝利(田中哲司)
緊急事案対応取調班の管理官。キントリのメンバーには絶大な信頼を寄せている。有希子の交渉能力を評価しキントリのメンバーに引き抜いた。中間管理職ではあるが、警察の組織の階級主義などにも悩みながらも冷徹な判断力と要領の良さで出世をしてきている。

菱本進(でんでん)
緊急事案対応取調班の刑事。これまではマル暴をひと筋でやってきているため、見た雰囲気も言い方も怖い人のよう。癖のある相手もおだてたり、時には脅したりと経験で被疑者をしとめる。かつては、女性警察官にはよいイメージを持っていなかったが有希子の能力は認めている。
 
中田善次郎(大杉漣)
緊急事案対応取調班の刑事。
とても穏やかで人情味あふれる人。どんな凶悪な犯人でも立ち直れると信じている。被疑者に対しては人間として誠実に対応し情に訴えて落とす。

小石川春夫(小日向文世) 
緊急事案対応取調班の刑事。
頭脳派で洞察力に長けている。被疑者にはあくまでソフトであるが、徹底した洞察力をもって追い込んでいく。

捜査一課一係

沢渡巌(三上市朗)
たたき上げの警視庁捜査一課長。キントリには、少し手を焼いている風であるが、本当は頼りにしている感もあり。
 
監物大二郎(鈴木浩介)
警視庁捜査一課の殺人捜査第一係長。キントリには敵意を持っている。

渡辺鉄次(速水もこみち)
警視庁捜査一課一係、殺人捜査第一係の刑事。上司の監物の命令には従順でキントリとの関係もうまく利用すればよいという考え方ももつ優秀な青年。

 磐城和久(大倉孝二)
 警視庁刑事部部長

居酒屋しんじ
しんじ(生島勇輝)
キントリのメンバーがよく行く居酒屋の店主。

かやの(中村静香)
しんじの妻。

緊急取調室シーズン2の1話ネタバレ感想

1話の出演者
白河民子(三田佳子)
小牧修介(石田卓也)
綾野文香(馬渕英里何)
 
1話では、大女優対決がありましたが三田佳子さんの圧巻の演技に見ごたえがあったという視聴者も多かったようです。そのせいか4月から始まったドラマの中では、1話は視聴率が17.9%でトップでした。

ネタバレ
多摩川河川敷にある宅配便の車の中で、男性が傘をさしたまま亡くなっていました。薬物が原因で亡くなったのだが、白河という年老いた女性が自首してきました。
水筒に毒を入れて渡したと言う。動機は、小牧がイタズラの落書きをしたところを白河に見られてお金をゆすられたから・・・。落書きを確認しに行くとどうやら白河の言うことと食い違う。そして、管理人に聞くと白河の息子もパリに渡り亡くなっていた。

白河は取り調べを受けるも証拠不十分で釈放されます。

白河の話では、上の階の綾野文香の子供をかわいがっていたと証言をしていたが、ふと、文香が小牧に水筒を渡したと言い出します。綾野宅を調べると子供が同じ水筒をもっていました。

しかし・・・これらは白河の計画でした。

小牧と文香が不倫をしている現場を白河に見られ、白河が小牧に説教をします。実は、白河の言う文香の子供をかわいがるなんてとんでもない。白河は子供がうるさいと怒鳴り込んでいました。

水筒は文香の子供が使っているのと同じものを買いすり替えるということをしていたんです。
 
息子のように思っていたから不倫をしていた小牧が許せなかった?

週に2~3回も配達を頼み、週に何度も荷物が届いた。それは白河が小牧と会うための自作自演。小牧は不倫の説教をされてから態度が変わっていて、白河の気持ちを踏みにじるような態度をとっていました。

キスしてやるからと金を要求したり・・・。

白河は愛していると自覚している部分もあり、しかし、息子みたいに思っていたのに裏切られたからと言ってみたり・・・。

そして、小牧が亡くなる原因となった毒はヒ素なのですが、白河の亡くなった夫がかつて書いた絵「傘をさす妻」がヒントとなっています。昔の絵の具の緑にはヒ素が含まれていたんです。

絵からはエメラルドグリーンの部分だけはぎ取られた部分がありました。 

2話のあらすじ

2話ゲスト
糸山恵太(福士誠治)
桜井加代(和音美桜)
宮沢俊哉(村田雄浩)

深夜の大学病院で、人工呼吸器につながれた入院患者・高木直明(高桑満)の容態が急変。当直医の糸山恵太(福士誠治)が処置に当たる。ところが、家族を呼びに行った看護師・桜井加代(和音美桜)が病室に戻ると…人工呼吸器を外されて絶命した高木に、なぜか糸山が靴下を履かせていた!

 糸山は高木を殺害した容疑で逮捕されるが、一貫して容疑を否認。加代が病室を離れてから、高木の人工呼吸器が外されるまで、わずか9分間――目撃者が誰もいない、この“空白の9分”に何があったのか…。真相を究明すべく、糸山の取り調べは真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に託される。

 まもなく、警視庁留置管理課の警察官・宮沢俊哉(村田雄浩)に警護された糸山が、特別取調室に姿を現す。ところが第一回聴取を終えた直後、未曾有の緊急事態が起こる! 拳銃を手にした宮沢が糸山を特別取調室に引き込み、籠城したのだ!! 「甘いんですよ、あなたたちは。私が代わって取り調べます」――そう宣言したかと思うと、宮沢は糸山の取り調べを開始。有希子はこの不測の事態を一刻も早く解決すべく、宮沢の真の目的を探り始めるのだが…!?   
 
出典:テレビ朝日「緊急取調室」

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ