menu

いいね! プレス

君塚良一の夫人(妻)や収入は?経歴や作品、オネエの噂って何?




Pocket

これまで、数々の人気ドラマを手掛けてきた脚本家であり監督である君塚良一さん。奥さまはかつてはトライアングルというアイドルとして活動していた加藤明恵さん。

「爆報!THE フライデー人生の大勝負 一発大逆転SP」に、元アイドルが「超人気」脚本家とセレブ婚をしたということで取り上げられます。それもそのはず、君塚さんはこれまで、時代時代でヒットを飛ばし、誰もが知っているドラマを手掛けてきています。

君塚良一さんのプロフィール

スポンサードリンク

生年月日:1958年4月21日
出身地:東京都港区
日本大学藝術学部卒業

高校時代に、映画が好きで年間500本以上みたこともあるそうで、学生時代には映画監督を夢見ていたけれども、現場、東宝の撮影所でお手伝いをしていた時に興味を失ってしまいますが当時はテレビのドラマも伸びてきたいたため、そちらの方を目指すようになります。

大学を卒業してからは、萩本欽一さんの元に弟子入りします。もちろん芸人としてではなくバラエティーの脚本家として活動、『欽ちゃんの週刊欽曜日』『欽ちゃんのどこまでやるの!?』などを手掛けて、最近終了したお昼の番組『ライオンのごきげんよう』も初めのころは担当していたそうです。年始の『欽ちゃんの仮装対象』も構成作家として参加していました。

君塚良一さんの代表作品や年収は?

君塚さんの代表作はかなり多いのですが、やはり映画にもなった踊る大走査線シリーズでしょう。あとは、フジテレビの「世にも奇妙な物語」「ナニワ金融道」など、見たことはなくても名前は知っているというものが多いと思います。

「ずっとあなたが好きだった」も1992年のドラマですが、冬彦さんというキャラを生み出したのも君塚さんで、当時のブームとなりました。

「心はロンリー気持ちは「…」」は11シリーズまでできるほどのロングランになったものもあります。「世にも奇妙な物語」の「あけてくれ」には監督としても活躍しています。

見る側として感じる作風は、綿密な取材をし事実を確認をしているけれども、どちらかというと雰囲気を重視している部分があって、あえて事実とは違った表現となったり、善は家族や庶民、悪はエリート、インターネットなどとなっているのではと思えてしまうこともあります。

あの「ずっとあなたが好きだった」の冬彦さんなんて、主人公が結婚した相手でしたが、東大卒の超エリートで、いざ結婚してみるとその奇行やマザコンが発覚するというとんでもないキャラでしたよね。

それから、気になる年収です。脚本家といってもピンキリで、有名になるまでは年収100万円程度の方も少なくないそうですが、名前が売れヒットが出るとかなり大きな額が入ることになります。金額設定には、時間や1本あたりなどさまざまな決め方があるそうなんですが、1時間のテレビドラマであれば、大体60万~100万、3か月のシリーズならば1千万円を超えることもあるようです。

そう考えてみると、君塚さんの年収は1億はぬるっと超えることになりますよね~

君島さんのご夫人は?

君島さんの奥さんは、元トライアングルというアイドルグループに所属していた加藤明恵さん。(藤本あき)キャンディーズの妹分として売り出したものシングル7曲、アルバム2枚を発売し、1981年には解散してしまいます。

もとはキャンディーズJrという名前で活動していましたが、不評だったためにトライアングルという名前に変更したそうです。キャンディーズがあまりにも人気があったのと突然の解散だったので、ちょっと二番煎じ的な位置にいたのかもしれません。

1978年にデビューをしてから、「トライアングル・ラブレター」という歌でオリコンチャート30位まで上がりましたが、その後はヒットなどなく解散をすることになりました。その後、奥さんの加藤さんは藤本あきという名前で「8時だよ!全員集合!」のアシスタントとしても活躍しています。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ