menu

いいね! プレス

秘密のケンミンSHOWの岡山デミカツ丼が気になる!東京でも食べれる店は?【5月25日】




スポンサーリンク

10年間も続いている、地方活性バラエティー番組の「秘密のケンミンSHOW」。よくあれだけネタが切れないもんだと感心しますが、次から次へと飽きさせないことや、地域のあるあるをついてくるところが上手いな~と思います。

特に気になるのが、地域の人しか知らない特産物や、ソウルフードの紹介で、これ普通に食べれたらいいな~と見ていて思うことがあります。
 
5月25日に紹介されるグルメは岡山のデミカツ丼です。かつ丼というと卵でとじているものやソースを絡めてあるものが頭に浮かびますが、岡山の場合は少し違った趣向みたいですねぇぇ

いったいどんなものなのかそして、東京で食べれるお店なども併せて調べてみました。

岡山発祥のデミカツ丼って何?

スポンサーリンク

ドミグラスソースかつ丼、デミグラスソースかつ丼という名前ですが、それを略して「ドミカツ丼」「デミカツ丼」と呼ばれているようです。

それぞれのお店によって具材が変わることもあるそうですが、丼にご飯を盛りデミグラスソースをちょっとかけ、その上に千切りのキャベツをのせてその上にトンカツを載せます、

最後に、もう一度、デミグラスソースをかけてグリンピースなどのトッピングを乗せます。

出典:晴れの国おかやまチャンネル 

作り方も簡単なので家でも作れそうな感じですね。

デミカツ丼の歴史は?

岡山の食事処「味司野村」を作った野村佐一郎さんという方が、東京のホテルで料理を修行しているときに考え出したメニューです、1931年にお店を作るときにデミカツ丼を提供しました。

すると、評判となり食堂や喫茶店、洋食店やラーメン店でも同じようなメニューを出しはじめ、ソウルフードとしてデミカツ丼が広まりました。

かかっているドミグラスソースは、お店それぞれのオリジナルであることが多く、ベースとなるのは煮干し鶏がらのだしや中華ソースウスターソースなどいろんなバリエーションが楽しめるそうです。

デミカツ丼を本場岡山で食べるならこのお店!

現地で食べるときに気をつけなければいけないのは、昔からデミカツ丼を提供しているお店では、「カツ丼」と表示しているところもあるようですので、メニューを見て、デミカツ丼がない場合にはお店の方に確認をした方がよさそうです(*^-^*)

味司 野村
岡山市北区 平和町 1-10 野村ビル 1F
086-222-2234
参考:カツ丼(ロースカツ) 750円

だてそば
岡山市北区 表町 2-3-60
086-222-6112

聖原田(セイハラダ)
岡山市北区磨屋町9-18農業会館B1F
086-231-2003

岡山あるある
現地ではラーメン屋さんがデミカツ丼を提供しているところが多いようです。それは、ラーメンスープがデミグラスソースのベースになりやすいことや、大衆食として定着していたことや人気のラーメン店が取り入れていたので他も作るようになったとの説もあります。

デミカツ丼を東京でも食べたい!

恭恭
東京都 港区 新橋 4-21-15 河合ビル1F
03-3434-5655
参考:ドミカツ丼 630円

大吉
東京都台東区柳橋1-30-5 KYビルB1F
参考:デミカツ丼 980円

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ