menu

いいね! プレス

警視庁岡部班(高橋克典ドラマ)倉敷殺人事件のあらすじ!キャストも




Pocket

まったく違う場所の2つの事件が捜査していくうちに複雑に絡まっていく・・・。東京倉敷で起こった事件の終着点は富山の地。幾重にも厳重に封印された容疑者のアリバイを信濃のコロンボに出てくるエリート刑事が鮮やかに解決していきます。

今回のドラマの主役は、高橋克典さんが演じる岡部和雄という超エリート刑事!

実際の信濃のコロンボ、寺脇康文さんもキャストとして登場して岡部班とともに捜査します。

スポンサーリンク

警視庁岡部班(高橋克典ドラマ)倉敷殺人事件のあらすじ

草西英(朝倉あき)と勝浦修二(伊藤毅)は新宿でデートをしていると目の前に男がフラフラと出てきて倒れてしまった。その男の胸にはナイフそして服は血だらけだった。

英が近寄ると男は最後に「タカハシのやつ」とひとこと言い絶命した。勝浦は関わると面倒なことになる気がして英とその場を離れます。

警察に通報が入り、岡部警部(高橋克典)と岡部班たちが現場に急行。その男は、富山県の望岳寮という名前の養護施設で働く滝沢武彦(中丸新将)で園長代理をしていた。

財布などはなにも盗られていないことから物取りではない。しかし、所持品のボストンバックだけはなくなっていた。

英は、滝沢が亡くなってしまったことをニュースで知ります。そして、被害者の男の言葉を匿名で警察に通報しました。警察の電話で対応したのはちょうど岡部警部でした。

英は滝沢の最期の言葉と状況を岡部に話します。

一方、新宿で事件が起こった後、岡山の倉敷アイビースクエアで女性が缶ジュースを飲んで亡くなった。缶ジュースには毒らしきもの、そしてその場から立ち去った若い男が確認されていた。

岡山県の倉敷中央署が捜査を始めます。調べると山路郁子(新田祐里子)という女性は東京に住んでいるOLで岡部班の松岡巡査部長(中村静香)のおさななじみであった。

郁子は旅行で倉敷に向かったが、東京駅でトモくんと言われている男と偶然出会ったために、現地でトモくんに会うためにひとりで行動をしていました。

英の実家のお寺で郁子の葬儀がとり行われていて、そこに松岡が郁子の友達から話を聞こうと訪れます。友人の話によると郁子たちは倉敷から「高梁(たかはし)」に向かう予定でした。

それを聞いた英は、男の言葉「タカハシ」は土地の名前ではないかと推理する。

新宿の事件の進展が見え、滝沢が望岳寮の帳簿を勝手に持ち出していたということが判明。ボストンバックに入れていたものの、そのバッグが見当たらないことから、犯人の目的は帳簿ではなかったのかと推測します。

望岳寮は、元は遼の創始者の息子白神康隆(利重剛)が運営を手伝っていたとのこと・・・。岡部は白神が気にかかるが白神にはアリバイがありました。

スポンサーリンク

警視庁岡部班(高橋克典ドラマ)倉敷殺人事件のキャスト

岡部 和雄・・・高橋克典
坂口 隆太郎・・・田口浩正
神谷 幸助・・・佐野史郎
松岡 千秋・・・中村静香
佐藤 俊・・・鈴木貴之
中谷 雅子・・・濱田マリ
宮島 昌矢・・・近江谷太朗
山路 郁子・・・新田祐里子
滝沢 武彦・・・中丸新将
田口 茂・・・斉藤 暁
白神 敏久・・・久保 晶
安倉 智彦・・高崎翔太
草西 英・・・朝倉あき
白神 康隆・・・利重 剛
藤井 幸一・・・河相我聞
強盗犯・・・原田龍二
竹村 岩男・・・寺脇康文

キャストの役どころ

岡部 和雄(高橋克典)
警視庁捜査一課の刑事

坂口 隆太郎(田口浩正)
警視庁捜査一課の刑事

神谷 幸助(佐野史郎)
警視庁捜査一課の刑事

松岡 千秋(中村静香)
警視庁捜査一課の刑事で階級は巡査部長

佐藤 俊(鈴木貴之)
警視庁捜査一課の刑事

山路 郁子(新田祐里子)
松岡の幼馴染で東京ではOLをしている

滝沢 武彦(中丸新将)
望岳寮という名前の養護施設で園長代理をしている男
 
草西 英(朝倉あき)
滝沢の最期を見た人物

白神 康隆(利重 剛)
望岳寮の創設者の息子で寮の運営をしている

竹村 岩男(寺脇康文)
長野県警捜査一課の警部。

まとめ

主役の高橋克典さんと田口浩正さん佐野四朗さんとが撮影を振り返っていて、一番キツかったのは高梁市の文化財、備中松山城の登山道がしんどかったと答えておられます。

そんなところも注意してみるともっとドラマが楽しくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

2017年の秋ドラマの話題!

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ