menu

いいね! プレス

家政夫のミタゾノにTOKIO松岡クン!放送時間やキャスト、主題歌やあらすじが気になる!




Pocket

家政婦シリーズは1983年から続いている人気シリーズ。秋からの連続ドラマでまた続編が始まるようです。今回は最恐の「家政夫」という設定で連続ドラマは久しぶりのTOKIO松岡くんが主役を演じることになりました。

家政夫のミタゾノの放送時間やキャストは?

放送時間:金曜午後11時15分~0時15分(10月スタート)
放送局:テレビ朝日系

キャスト
三田園薫(みたぞのかおる)・・・松岡昌宏(TOKIO)

脚本:八津弘幸
演出:七高剛
家事監修:松橋周太呂(家事えもん)

脚本の八津弘幸さんは「半沢直樹」「下町ロケット」など最近の大ヒットを飛ばしている脚本家で、演出の七高剛さんは「スペシャリスト」「アイムホーム」を手掛けた方です。
そして面白いと思ったのは、家事監修に家事芸人として「得する人損する人」に出演し、ブレイクしている家事えもんことジューシーズの松橋周太呂さん。

製作側を見ても力の入りようが違いますよね。
TOKIO松岡さんも連ドラ出演は4年半ぶり・・・どんな家政夫になるのか楽しみです。

主題歌については、あくまでも予想ですが、これまでもTOKIOの歌とドラマのタイアップも多いので、TOKIOの歌が来るのではと予想されますが、ドラマの雰囲気ではTOKIOの歌は挿入歌や最後の歌にくるのではないでしょうか・・・・。

家政夫のミタゾノのあらすじは?

松岡演じる三田園薫(みたぞのかおる)は、家政婦紹介所に所属する派遣家政夫。寡黙で神出鬼没、何を考えているかわからない不気味な面もあるが、掃除・洗濯・料理すべてにおいて卓越した能力を見せ、そのスキルの高さゆえ派遣先の家でも信頼を得るのが早い。しかしひとたび、派遣先の家庭が隠している秘密をかぎつけるや、誰にも気付かれないうちに周到に罠を張り巡らせて、依頼人の化けの皮をはがしていく……。

面白そうですね・・・。裕福な家庭で、いわゆる世間では名士といわれる人ではあるが、弱い人間を見下していてとてもイヤミな人達がいる家庭に、雇われて入り、家庭のゆがみをあぶり出し崩壊させて再生させるというヒューマンドラマとなるみたいです。

初代の市原悦子さんが演じた家政婦は、ごく平凡な家政婦でしたが、前回の「家政婦のミタ」の三田灯や今回の三田園薫はスキルが高い家政婦さん。男性が家政婦(夫)となる意外性がありますよね。
しかも、180㎝を超えた大男の松岡さんがドアから見ていると目立つんじゃないかな~なんて思いましたが、またそんなミスマッチも面白さのひとつになっていると思います。

主役の松岡さんは、「こんなヤツ、絶対いてほしくない!という人物を演じられたらいいなと思います」と演技の抱負を語っていたそうです。

家政夫のミタゾノの家事監修、家事えもんとは?

今回もうひとつ、今までのドラマと違うのは、家事監修が入り家事の技も見どころになるところではないでしょうか・・・。
家事えもんとは日本テレビの「得する人損する人」でかけ算レシピや意外な掃除のテクニックを披露して話題を呼んでいる芸人さんです。

ご本人は芸人なんだけれども「洗濯ソムリエ」や「掃除能力検定士」という資格を持ち、家事の本まで出版するほどの人です。身近なもので驚くべき効果をだすので、とても為になるコーナーなんですよね・・・。

家政夫のミタゾノの1話では「咄嗟の染み抜き方法」や「洗濯物が早く乾く干し方」などが披露されるようです・・・。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ