menu

いいね! プレス

假屋崎省吾の自宅住所の場所はどこ?作品の値段や流派は現在なに?




スポンサーリンク

お花は女性が習うものと思っていた私が衝撃を受けた方が假屋崎省吾さんでした。最近では、「プレバト」の華道の先生としてのイメージが強いですが、実はお花のプロデュースなどでは超有名なパーティーを手掛けたりしておられるスゴイ方なんです。

たまにお花をもらう機会もあったりして、それを花瓶に移すとき自分のセンスのなさを痛烈に感じる時があるんですよ・・・。お花って、奥行きも考えないといけないんで難しいんですよね・・・。

よくプレバトで假屋崎さんが言ってる、全方面できれいに見えるなんて技はなかなかできないな~と思ってしまうんです。

そして、假屋崎さんといえば、ゴージャスなサロンのような自宅も度々テレビで公開されていて有名ですよね。一体そのおうちはどこにあるのか、規模など調べてみたいと思います。

假屋崎省吾さんのプロフィール

スポンサーリンク

生年月日:1958年12月17日
出身地:東京都練馬区

ご両親が園芸好きだったことから自然と假屋崎さんもお花が好きになりました。小学生のころに定期購読していたのはNHKの「趣味の園芸」「きょうの料理」「婦人百科」という本。

大学は明治大学の夜間部から早稲田大学文学部に入学。大学の時期にいけばなを習い始めます。「草月流」の家元の勅使河原宏に師事しますが当時、勅使河原さんが作った「男子専科」といって、いけばなを仕事として独立するというコースの初期のメンバーだったそうです。

大学も卒業間近になったころ、お父様が亡くなられ一旦は就職をしますがすぐに退職し、いけばなに専念すべくアルバイトをしていました。その後、草月工房に入ります。

そこからは、才能が開花し、賞を受賞したり草月流師範会理事や草月流本部講師を歴任するなど活躍をします。

花の総合プロデュース
1996年、アメリカクリントン大統領が来日時
1997年、チリ大統領来日
1998年、イタリア大統領が来日
1999年、天皇在位10周年記念式典

さらに、神田うのさんや、小池栄子さんの結婚式の会場の花やブーケも担当したそうです。
 
ちなみに、草月流の生け花はこんな感じです。

今現在、假屋崎さんがお花を教えているのは、草月流と假屋崎スタイルコースという2種類です。

假屋崎省吾さんの自宅がスゴイ!

假屋崎さんといえば、ご自宅がまるでお城のようなことでも知られています。とにかく、家もゴージャスなら家の中の調度品もスゴイんです!
場所は、東京都渋谷区神宮前にあります。原宿駅から歩いて15分、渋谷駅から歩いて13分のところにあります。

場所も一等地だけあり、なんと土地代金が13億5千万円、家は4億円で全部で17億5千万の12LDKの地下2階と地上3階建て!80畳の大ホールには1つ500万円のシャンデリアがあり、趣味のピアノの値段はつけられないくらいのものだそうですよ・・・。アンティークもかなりお持ちのようです。

假屋崎省吾さんの作品の値段は?

假屋崎さんは今年に入ってから世界文化遺産の首里城にもお花をいけたそうです。作品は確かに芸術品ということになるんでしょうが、生け花なのでいずれ枯れてしまうものですので、そのものの値段ってつけづらそうですね。

よく結婚式で見かけるお花の飾りつけなどにかける費用は、平均17万円くらいだそうです。一般の結婚式でもこれくらいかかるので、仮屋崎さんのお花となると、相当な金額になると思われます。1回の生け花で○百万くらいでしょうか。

假屋崎さんの場合は、大きな空間プロデュースもされるので、規模によっても金額が全然違うと思います。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ