menu

いいね! プレス

ドラマミステリーズ~カリスマ書店員が選ぶ珠玉の一冊~原作キャストやあらすじなど!




Pocket

フジテレビ系列で土曜プレミアムが放送されます。短編ミステリーを3本集め、3人の主演と映画監督にもフォーカスした「土曜プレミアム・ドラマミステリーズ ~カリスマ書店員が選ぶ珠玉の一冊~」です。

ちょっと見ると「世にも不思議な物語」とかぶる感じもしますが、それぞれ主演もかつてない役を演じるなど見どころも満載です。ここ数年、フジテレビは視聴率が伸び悩んでいるので、渾身の一発となるのでしょうか?

放送日:2017年4月22日(土) 
放送時間: 21時00分~23時10分

ドラマ「カリスマ書店員が選ぶ珠玉の一冊」のキャスト

「妻の女友達」
広中肇(大泉洋)
市役所の職員。家族団らんを大切にし遊びにもいかず毎日、まっすぐ家に帰る真面目な男
 
多田美雪(高岡早紀)
作家としてブレイクした女性で妻の志津子の友人 

広中志津子(戸田菜穂)
肇の妻 
 
「恋煩い」
蔵元亜希(土屋太鳳)
アクセサリーショップで販売員をしている。高校時代の同級生の俊と付き合っている。

茅野透子(岸井ゆきの)
二人の高校時代の友人

植田駿(井之脇海)
亜希の彼氏 
 
「情けは人の・・・」
北川健史(向井理)
バーテンのアルバイト。塚原幹雄の息子であるが、母とは不倫関係だったために捨てられるた。
 
赤堀(小澤征悦)
ツカハラ産業の元社員。

昌彦(大西利空)
塚原の息子、10歳。
  
市毛良枝

演出: 犬童一心 

ドラマ「カリスマ書店員が選ぶ珠玉の一冊」の原作は?

短編集の小説なので、それぞれタイトル以外にも数編入っている書籍ばかりです。小説の内容説明がありますが、ドラマの説明にもあったようにどんでん返しや衝撃のラストなどをうたっているので、ドラマもやっぱり意外な結末になりそうです。

「妻の女友達」
小池真理子著(集英社文庫) 

市役所の戸籍係をしている夫と美人ではないが清楚で控えめな妻。平和で波風の立たない人生をこよなく愛する夫婦の前に、突然現れた妻の学生時代の女友達。女流評価家として活躍するスキャンダラスな女の登場が平穏な家庭をいつのまにか破滅的状況に追い込んでいく…。推理作家協会賞受賞の表題作。ありふれた日常に潜む愛憎が殺意を纒ってあなたの背後に忍び寄る恐怖の瞬間。

出典:アマゾン

「私たちが星座を盗んだ理由」
北山猛邦著(講談社文庫)

難病の女の子を喜ばせるため、星座を一つ消して見せる男の子を描く表題作ほか、5つの物語のすべてに驚愕のどんでん返しが待つ、ファンタジックな短編集。優しく、美しく、甘やかな世界が、ラストの数行で残酷に反転する衝撃は、快感ですらある。

出典:アマゾン

 「盗まれて」
今邑彩著(中公文庫) 

ドラマのあらすじ

「妻の女友達」(小池真理子 作)

市役所の戸籍係の広中肇は妻と3歳の娘と慎ましく暮らしています。かた真面目な肇は仕事が終了すると飲みにも行かずすぐに家に帰り家族だんらんをする平凡ではあるが平和な日々を送っていた。とある夜に突然、妻 志津子の大学の友達の多田美雪が訪れます。

多田は作家としてブレイクした人で、妻と久しぶりの再会のあと、志津子に専業主婦なのでもしヒマがあるなら自分のマンションや料理を週1回でお願いできないかと依頼します。

自分たちとは全く違う世界から突然来た美雪に嫌な気持ちを持つ肇ですが、妻が家政婦のような扱いになるのが不憫でできることなら美雪がいなくなってくれればと思い出す。

ちょうどその時に、志津子の実家の母が倒れ、妻が娘を連れて泊りがけで見舞いに行くことになる・・・。
 


 「恋煩い」(北山猛邦 作)

 蔵元亜希はアクセサリーショップで販売員として働いている。元同級生の植田俊と付き合っているが、亜季は俊のSNSでの見知らぬ女性とのやりとりを目にして浮気をしているのでは?と疑い始めます。

ふたりは、高校時代に仲が良かった茅野透子と3年ぶりに再会する。透子は、亜季と卒業式で交換したプレゼントの小瓶を亜季がいまだにつけていることを知り感極まる。

そこで、亜季は俊の子供を妊娠していることを打ち明けます。その事実はまだ俊は知らないが、それは彼に対しての疑いが消えずにひっかかっているから。

三人の出身高校が前の年に廃校になり、俊は取り壊しがある前に最後に行ってみないか?と二人を誘います。高校ではとある人間の行動に驚きます。そして四年前の事件の真相が明らかになります。


「情けは人の・・・」(今邑彩 作)

北川健史はバーテンダーのバイトをしながら生活をしています。バーにひとりで来た中年の男、赤堀は少し前まで「ツカハラ産業」で働いていたと語る。微妙な反応の健史・・・。それは、実の父親がツカハラ産業の社長の塚原幹雄だったから。

健史の母は塚原幹雄の不倫相手だったが二人を捨てた過去があり、健史は母に女手ひとつで育てられましたがその母も数年前に亡くなってしまった。

塚原に復讐をたくらむ赤堀は、健史が金に困っていると知り「ちょっと力を貸してくんない?」と話しを持ち掛けたのが、塚原の10歳の息子昌彦を誘拐するというもの。

健史は、父への復讐心もあり話に乗り、後日に昌彦を誘拐し自分の別荘に隠します。赤堀が塚原から身代金を得る工作をする間に見張る役目を負った健史。

そこで、息子から語られた言葉に健史は驚きます。

「パパは僕のためにはお金は払わないと思います。ぼくは、パパの本当の子じゃないんです」

実は、昌彦の母は再婚で、塚原にとっては連れ子にあたる。そのことは幹雄も知っていて嫁が亡くなったとたんに邪魔もの扱いをしていた息子のために金を払うだろうか?と疑問を赤堀に伝える健史ですが、赤堀は「払う」と言い切ります。

それは、塚原が支払う金は子供を生かすためじゃない・・・と語る赤堀ですが、さらに自分は黒幕ではないと言い出し・・・。

ドラマの見どころは?

「妻の女友達」(小池真理子 作)
主人公の肇には大泉洋さんがキャスティングされていますが、大泉さんといえばこれまで、個性的な役どころが多かったのですが今回は、平凡で面白みが全くない真面目な男。判でついたような刺激のない毎日を淡々と繰り返している男性があるとき殺人者となるという役をどう演じるのかが見所です。

「恋煩い」(北山猛邦 作)
フジテレビ系列では2度目の主役となった土屋太鳳ちゃん。朝ドラの純粋なイメージがある彼女が、彼氏の子供を身ごもりっているが信じきれないというちょっと訳ありな役の演技が注目されます。

「情けは人の・・・」(今邑彩 作)
主役の向井理さんは、これまで好青年を演じていましたが、今回は誘拐犯というダークな役どころ。そして、向井さんは芸能界に入る前にはバーテンダーをしていた経歴も持っていることからそのあたりも楽しみのひとつです。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ