menu

いいね! プレス

鑑識捜査官・亀田乃武夫の臨場ファイルのキャストは?あらすじやロケ地も!




Pocket

刑事ドラマでは、とても重要なんだけれどもその地味さゆえあまり主役というイメージのない「鑑識」の面々が主役となるドラマが始まります。主役には数々の渋い刑事を演じてきた中村梅雀さん。

そして、2時間ドラマにはよくありがちな、逆転設定(笑)で、元嫁が上司で元夫が部下という設定です。

ただ、主役の亀田の執念の捜査や直感、行動力などもこのドラマの見どころとなりそうです。

スポンサーリンク

鑑識捜査官って何者?

よく「鑑識」という名前は聞きますが、鑑識捜査官っていったいどんな立場の人なんでしょうか?事件現場に赴き、その場にある犯人を導きだすため、どんな小さなものでも見逃さず証拠を見つけるプロ。

鑑識捜査官という名前を見ると、鑑識してさらに捜査もするようなイメージもありますが、鑑識の方はもともと警察官採用試験を受けて採用され、刑事としての経験を積んだ上で人事異動で鑑識課に入るか、任用試験を受けて鑑識となるかのコースを歩むそうなので、鑑識捜査官という呼び名があるのかもしれませんね。
 
今回の鑑識課主任・亀田乃武夫(中村梅雀)は自分から先頭に立ち現場の物証となるものを徹底的に拾いだすという情熱を持っている人
そもそも、鑑識官といえば、刑事ドラマでは重要ではあるが地味ゆえに目立たない。そんな鑑識官にスポットをあてたのがこのドラマです。

鑑識捜査官・亀田乃武夫の臨場ファイルのキャスト

亀田乃武夫・・・中村梅雀
中嶋倫子・・・森口瑤子
紺野千晶・・・黒川智花
鷹村祐樹・・・夕輝壽太
大場彰彦・・・伊嵜充則
筒井敦子・・・柊 瑠美
溝呂木浩一・・西興一朗
長谷川仁・・・加藤虎ノ介
吉澤孝二・・・阿南健治
宮前洋二・・・田山涼成
清水善三・・・おかやまはじめ
増村光男・・・伊藤正之
後藤・・・天沼田爆
祐実・・・岸明日香
小川允人・・・菅原大吉
筒井賢司・・・小野武彦
黒崎博久・・・金田明夫

役どころ
亀田乃武夫(中村梅雀)
「鑑識」の仕事に誇りと信念を持つ鑑識捜査官

中嶋倫子(森口瑤子)
捜査一課の管理官で亀田の元妻

紺野千晶(黒川智花)
鑑識課で亀田の部下

鷹村祐樹(夕輝壽太)
鑑識課で亀田の部下

 筒井敦子(柊 瑠美)
天蚕の生産農で天蚕の研究をしている

溝呂木浩一(西興一朗)
被害者、投資会社「GFV」の社長

宮前洋二(田山涼成)
亀井の上司

筒井賢司(小野武彦)
筒井敦子の父

黒崎博久(金田明夫)
錦糸町署から捜査一課の刑事

スポンサーリンク

鑑識捜査官・亀田乃武夫の臨場ファイルのあらすじ

とある一軒家で遺体が発見された。
さっそく、警視庁鑑識課の亀田乃武夫(中村梅雀)と部下の紺野千晶(黒川智花)、鷹村祐樹(夕輝壽太)、検視官の小川允人(菅原大吉)が現場に向かいます。遺体は溝呂木浩一(西興一朗)という男。

溝呂木は、投資会社「GFV」の社長をしていて青年実業家として成功している人物。亡くなった原因は室内の電気コードで首を絞められたもので、すでに半日が経っていました。

「見逃すな!ありとあらゆるものを拾い出せ!」と亀田がいつもの指示のもと、犯人を特定すべく証拠となるものを一つ残らず採取しようとする鑑識班。ちょうどそこに、捜査一課の管理官として中嶋倫子(森口瑤子)が現れる。

亀田と中嶋は過去に夫婦関係があったことから、周りの視線は微妙であるが仕事モードで接するふたり。

現場を捜索していくと、金髪が見つかるが、その金髪は1ヶ月前に錦糸町で発生した強盗殺人事件の被害者の髪の毛とDNAが一致したと判明します。

一方、捜査本部では、被害者の溝呂木の財布から現金が抜き取られていることや腕にあるはずの高級時計がなくなっていること、そして金髪のDNAの結果を証拠に、強盗殺人の被疑者として指名手配を受けている笹原武夫(土方鉄)を容疑者として断定。

そこからは、錦糸町署から捜査一課の刑事・黒崎博久(金田明夫)が加わることに・・・。

亀田が現場で採取した極細の糸くずがあったが、分析の結果「天てん蚕糸さんし」ということが分かった。「天てん蚕糸さんし」とは信州安曇野で生産されている最高級品の絹糸で、しかも現場にあったのはまだ製品になっていないもの。

亀田はそのことに興味を持ち、上司の事件現場に“天蚕糸”を持ち込んだ人物を捜査する必要があると宮前洋二(田山涼成)に報告するが、すでに笹原に絞られており全力で笹原を探している状態のため無視。

ついに、笹原が捕まり、取り調べが行われるも錦糸町の事件は認めるも、溝呂木の事件は頑なに否認を続け振り出しに・・・。

そのころ、亀田は「天蚕糸」のことが気にかかり、休みを取って紺野と共に安曇野に向かっていた。「天蚕センター」に立ち寄るとそこには以前、溝呂木が女性に連れられてきたことがあると聞きつける。

溝呂木を連れてきた女性は、筒井敦子(柊瑠美)で、家は天蚕の生産農で天蚕の研究をしている人物だった。

ロケ地はどこ?


このドラマのロケ地として東京府中市の市役所本庁舎の東玄関と府中駅北第2庁舎の会議室が使われたようですね。今後、シリーズ化するかもしれない作品をチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ