menu

いいね! プレス

過保護のカホコドラマのキャストは?あらすじや原作、主題歌も気になる!




スポンサーリンク
Pocket

2017年の夏ドラマでは、「過保護のカホコ」が放送されます。タイトルがすごくインパクトがありますが、名前は根本加穂子(カホコ)です。主役は、あどけない表情も、CMではブルゾン充希という大人の顔も自在に操る高畑充希さん。

そのお相手には、仮面ライダードライブで名前を知られるようになった竹内涼真くん。超過保護のカホコがこの男性によって目覚め新しい自分を見つけるというお話です。

放送日:2017年7月12日(水)~
放送時間:22時00分~23時10分

過保護のカホコ(ドラマ)キャスト

根本加穂子・・・高畑充希 
根本泉・・・黒木瞳
麦野初・・・竹内涼真
衛・・・佐藤二朗
環・・・中島ひろ子
根本多枝・・・梅沢昌代
教子・・・濱田マリ
厚司・・・夙川アトム
節・・・西尾まり
糸・・・久保田紗友
並木初代・・・三田 佳子
並木福士・・・西岡德馬
根本正興・・・平泉成
根本正高・・・時任三郎

役どころ
根本加穂子(高畑充希) 
大学卒業を控え就活真っ最中の女性。両親や周りからは箱入り娘として溺愛され世間のこともなにも知らなで育つ。

根本泉(黒木瞳)
カホコの母親。ひとり娘を溺愛し、子離れができない親。

麦野初(竹内涼真)
カホコと同じ大学の画家志望の男性。カホコにはなぜか辛辣である。

衛(佐藤二朗)
環の夫

環(中島ひろ子)
泉の妹

根本多枝(梅沢昌代)
正高の母

教子(濱田マリ)
正高の妹

厚司(夙川アトム)
節の夫

節(西尾まり)
泉の妹

糸(久保田紗友)
カホコの従姉妹

並木初代(三田佳子)
泉の母

並木福士(西岡德馬)
泉の父

根本正興(平泉成)
正高の父

根本正高(時任三郎)
カホコの父、保険会社勤務

過保護のカホコ(ドラマ)のあらすじ

カホコ(高畑充希)は大学を卒業するまであとわずかだが、就職試験に落ち続けている。両親からの愛情を一身に受け、超過保護の環境の中で育ってきたカホコ。父親である根本正高(時任三郎)にとっては悩みの種。

カホコはいまだに泉(黒木瞳)の助けなしでは、朝起きることも服を選ぶこともできないという箱入り娘である。正高は妻の泉が娘以外のことは関心をもたないことに危機を感じつつも、やはり正高自身も娘が可愛くて仕方がない。

ある日、カホコは同じ大学の画家志望の麦野初(竹内涼真)から「お前みたいな過保護がいるから日本が駄目になる」と言われショックを受けます。

そんな中、泉の実家では、親戚一同が集まるカホコの誕生会が行われました。カホコを甘やかしてきた大人たちに交じってカホコの従姉妹で高校生のイト(久保田紗友)はチェロの才能に恵まれてプロになるために努力をしていました。

なんの取り柄もないカホコはイトを羨ましく思い、泉は面白くなく思います。そんな折、正高のコネで入社できるはずだった会社からも不採用通知が入ったカホコは泉から花嫁修業を勧められるとあっさり就活もやめることに・・・。

かつて、初から言われた「何のために働くのか?」という問いに答えが出ないカホコでしたが、改めてその理由を初に問うてみました。初は自分の才能と将来に不安を感じていましたが、カホコの素直な問いに答えられません。

「働いたこともないやつにわかるわけがない」と絞り出すような答えをし、これまで働いたことすらないカホコに自分のアルバイトを押し付けてしまいます。

初との出会いがカホコにとって良い刺激となり、内なる「本当の力」を目覚めさせることとなり、家族観の問題なども解決することになっていきます。 

過保護のカホコの原作や主題歌とは?

このドラマ、タイトルからしても漫画が原作なのかと思っていましたが、ドラマのオリジナル脚本のようです。
脚本を書いた方は、遊川和彦さん。

遊川さんはこれまで、たくさんの脚本をヒットさせてきた方です。
「ADブギ」
「十年愛」
「人生は上々だ」
「さとうきび畑の唄」
「女王の教室」
「家政婦のミタ」
「純と愛」など

主題歌
星野源「Family Song」

過保護のカホコってそのまんまやーんとツッコミたくなりそうなタイトルですが、インパクト大ですし、その過保護の一人娘役の高畑充希ちゃんが似合っていますよね~、相手役には、朝ドラでブレイクしそうな竹内涼真くんが出演しますので今季のドラマでは話題になりそうな予感です・・・。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ