menu

いいね! プレス

香川照之の母や兄弟は?東大出身で40代で歌舞伎デビューの評価は?




スポンサーリンク

歌舞伎俳優の父と女優の母をもつ実は二世俳優の香川照之さん。大河ドラマや映画など多くの作品に出演し、今では押しも押されもせぬ大俳優ですが、40代を超えて歌舞伎役者の襲名をおこないました。

香川照之さんの簡単なプロフィール

生年月日:1965年12月7日
出身地:東京都
身長:171㎝
血液型:AB型
父:二代目市川猿翁(歌舞伎役者)
母:浜木綿子(女優)
出身校:東京大学文学部社会心理学科

1989年、NHK大河ドラマ「春日局」で小早川秀秋役で出演。
1990年、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」
1992年、NHK連続ドラマ「おんなは度胸」
2002年、NHK大河ドラマ「利家とまつ」
2004年、NHK連続ドラマ「天花」
2005年、ドラマ「救命病棟24時」
2007年、「鬼太郎が見た玉砕」
2009年、「MR.BRAIN」
2013年、「半沢直樹」 など多数

香川照之さんのお父さんや兄弟は?

香川照之さんのお父様は二代目市川猿翁(三代目市川猿之助)さんです。お母さまは元宝塚のスターで女優の浜木綿子さん。兄弟はおられませんが、四代目市川猿之助さんとは従兄弟にあたります。

香川さんのお父さんと今の猿之助さんのお父様が兄弟です。

両親が3歳のころに離婚をし、香川さんがお母さんの浜木綿子さんに引き取られているので、いとこ同士の面識はなかったそうです。初めて会ったのが2006年の祖母の墓参りだそうなので、随分後になります。

香川さんのお父さんの名前である「猿之助」を甥っ子の亀治郎さんが継いだことになります。

香川照之さんが歌舞伎をしかなったワケ

香川さんのお父様、三代目市川猿之助さんと浜木綿子さんは香川さんが小さいころ離婚をされています。三代目猿之助さんが当時1歳の香川さんと浜木綿子さんを置いて家を出てしまったことが原因です。

お父さんの三代目市川猿之助さんは、12歳の時、日舞藤間流六世宗家・藤間勘十郎さんに弟子入りをします。そこにいた師匠の妻、藤間紫さんに一目ぼれ・・・。2児の母だった藤間紫さんとの初恋を忘れられずに相手に走ってしまったことがきっかけでご両親が離婚をします。

浜木綿子さんの憎しみも相当なもので、香川さんの前でも自分の夫を奪った藤間紫さんには憎悪をみせたんだとか・・・。そういった環境に身を置いていればさすがに歌舞伎には目が向きませんよね・・・。

大きくなってお父さんに会いに行った時、「お前は自分の子じゃない」とまで言われて確執があったそうです。

しかし、お父様が病に倒れたことをきっかけに、市川の名前を絶やさない使命感から、自分は九代目、市川中車として、自分の息子を市川團子として襲名をすすることになったそうです。

ただ、ここまで有名な俳優ですが、歌舞伎の舞台ではかなりの緊張だったと言います。当時のことを従兄弟の四代目市川猿之助さんはそう語ってます。
猿之助さん曰く、歌舞伎というのは人につくニオイのようなもので、小さいころから染み込むものがあるので、香川さんは大変だと言っておられましたね・・・。大ベテランの俳優でさえ歴史ある歌舞伎はとても苦労しているようです。

小さいころ、避けていた歌舞伎の世界に飛び込んだ香川さん。歌舞伎でも活躍をして欲しいですね。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930