menu

いいね! プレス

受動喫煙防止法とは何か簡単に説明!内容や罰則とパチンコ店の対応




Pocket

今年のはじめから、テレビなどでも何度か取り上げられていた受動喫煙対策を盛り込んだ「健康増進法改正案」。当初は、自民党内からの反発があったり喫煙者からの批判など様々な意見は飛び交っていましたが、最近はあまり耳にしないな、と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

受動喫煙って体に悪いことはわかりますが、その防止として定められる法律ってどんなものなのか、そして受動喫煙に対して我々の周りでの対策や対応など簡単に説明していきます。

スポンサーリンク

そもそも受動喫煙って何なの?

タバコに含まれる、ニコチンやタールは体に悪いことはご存知の通りです。ニコチンは血圧を下げたりして心臓に負担をかけてしまったり、タールは発がん性があるということは知られていますが、タバコは煙があがりますので、喫煙者だけではなくその周りで生活する人にも影響を及ぼす現象が受動喫煙です。自分では、タバコを吸わないのにいつの間にか呼吸をすることによりその害だけを体が受けているということなので、とても怖いですよね。

タバコの煙には、タバコを吸う人が直接吸い込む「主流煙」と、火のついた先から立ち上る「副流煙」に分かれます。この副流煙には、主流煙に比べてニコチンが2.8倍、タールが3.4倍、一酸化炭素が4.7倍も含まれています。

出典:ファイザー

製薬会社のファイザーによると、お子さんが受ける影響というのも深刻だとされていて、妊婦においては、流産や早産のリスク。そして胎児の発育にもよくない影響があるとされています。

内容は、幼児が突然死するSIDS(幼児突然死症候群)や気管支炎やせきたん、息切れなど病気になりやすくなるとのこと。

タバコを吸う人にとっては、リスクは承知でも、吸わない人にとっては煙のニオイも気になりますし、それ以上に健康被害を知らず知らずに受けるとなるとたしかにたまったものではありませんね・・・。

受動喫煙防止法とその現状 改正目的

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、国内の環境を整備しようということで「健康増進法」の見直しがされました。特にタバコの受動喫煙は日本を含む各国でも問題視されていて、海外からの注目も集めているということで、「受動喫煙対策」をより強化することが目的とされています。

内容
2017年の当初の案
・小規模飲食店を除く全ての飲食店で原則禁煙。(小規模…延床面積30平方メートル以下スナックやバーなど)
・加熱式タバコも規制対象の予定。

罰則
・喫煙者→30万円以下
・施設管理者→50万円以下

現状国会での審議は保留の状況です。まだ決定はされていません。

第193回の国会にて法案が通らなかったため、今年8月に改めて「健康増進法改正案」の詳細を公表しています。当初のものと多少変更部分があり、延床面積については曖昧に掲載してあります。

賛成・反対生の声

賛成意見・反対意見 自民党内だけでなく、SNSやネットなどでそれぞれの意見を見てみました。喫煙者側と非喫煙者側で意見が真っ二つといった印象です。

反対意見
・五輪を意識するなら東京だけ実施すれば良いのではないか
・喫煙者の気持ちも考慮してほしい

賛成意見
・この機会に受動喫煙を無くすようにしてほしい
・分煙だけでは不十分だ

そりゃそうなりますよね(;^ω^)
吸う人は吸える場所が少なくなるので、必死になるだろうし、吸わない人はいつの間にか副流煙を吸って体調不良なんで嫌ですもんね~

どうせならどこかの電器メーカーさんが、ペンダント型の副流煙吸引装置みたいなものを開発してくれないですかね?ニコチンやタール分解みたいなことはできないのかな・・・

最近、喫煙者の方の居場所がなくなったのか、歩きタバコがすごく多くなったと思います。手に持った火もかなり危険な気がしますし、すれ違いなどで結構ニオイが気になったりするんですよね。

吸ってる人は肩身の狭い思いをされているとは思うんですが、うまく共存できるように法整備もやはり必要となるのは仕方ないことかもしれません。

スポンサーリンク

飲食店の対応はどうなってる?

飲食店での対応 現在では多くの店舗にて分煙対策が行われています。店側としては、顧客離れを恐れて全面禁煙には踏み込んでいません。しかし、分煙といっても匂いや煙の全てを無くすことはできません。また、受動喫煙においては効果があまり無いのでは、といった意見もあります。

管理人は吸わない方の人間ですが、飲食店ってやはり煙がない方が良いと感じることがあるんですよね・・・。あくまで個人の感想ですが、一番に感じるのは、「料理の味が変わる」ということです。味覚って鼻からの香り情報も関係しているので、煙のニオイと一緒に食べるのはやはりせっかくの味を半減させてる気がします。

よく禁煙をすると、ごはんが美味しくなるとかで太る方がおられるのは、味覚が変わるからかな~と想像するのですがどうなんでしょうね。

パチンコ店での対応

タバコのニオイといえば、一番先に思い出すのはパチンコ店。いつ行ってもタバコのニオイが染みついているイメージがあります。

パチンコ店では屋内禁煙とし喫煙専用室の設置が可能です。喫煙者、非喫煙者共に利用できます。大手パチンコ店の「ダイナム」は法案を受けて迅速な対応をみせています。ホームページには”厚生労働省の推奨する受動喫煙対策店舗数NO.1”とうたっていて、色々な対策がなされています。

具体例
ダイナム信頼の森福井越前店
・粉じん対策を施した喫煙専用室
・空気清浄機
・健康サポート企業「ファインテン」とのコラボ椅子カバー
・健康サポート企業「ファインテン」とのコラボ専用手置きスタンド

ファインテンと言えばスポーツ選手などが使用しているネックレスなどが有名ですね。医学的な効果はまだ未知数ですが、一部ではストレスを無くすなどの効果があると言われています。水溶化メタル技術が流用されており、喫煙者、非喫煙者共に快適な店舗作りがされています。

東京都の「受動喫煙防止条例」 

国会では未だ前進しない受動喫煙対策ですが、今月小池百合子都知事が「受動喫煙防止条例案」を開示しました。2019年のラグビーW杯に向けて、年内にでも都議会にて成立したいと考えているようです。内容・医療施設や小・中・高校、児童福祉施設の施設内全面禁煙。

・大学、官公庁、老人福祉施設は原則屋内完全禁煙。
・飲食店、宿泊施設は原則屋内禁煙とし、喫煙専用室の設置は可能。
・小規模飲食店は未成年立ち入り禁止。・加熱式タバコも規制対象。

罰金
・喫煙者→5万円以下
・施設管理者→5万円以下

都知事は子供の受動喫煙防止に注力しており、国の改正法よりも厳しめの条例という声もあります。

WHO視察による日本の受動喫煙対策の見解

 今年のWHOによる視察では厳しい指摘がありました。日本の受動喫煙対策は「前世紀並み」と言われています。他の国と比較すると、対策が遅れており、分煙では効果がないとのことです。ラグビーW杯やオリンピック・パラリンピックは、受動喫煙対策を正す良い機会だと言われており、国として再度対策を検討する時が来たことを改めて突き付けられました。

まとめ

喫煙者と非喫煙者双方の快適を目標にすることは勿論ですが、現実的に困難な部分も多くあります。難しい問題ですが、妥協案も含め今後国会でも前進していってほしいですね

スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ