menu

いいね! プレス

iphone7に総務省の刻印が!?なぜなのか理由を知りたい!




スポンサーリンク

先日、日本での発売を開始したiphone7ですが、新製品を待ちに待った人が多かったのではないでしょうか・・・。そのiphone7の背面になぜか「総務省」の刻印が入るということがわかり、「ダサイ」や「イマイチ」などと批判が湧きだして話題となっています

iphone7の刻印の場所は他にもある?

iphone7の刻印の場所は、背面の真ん中あたり、「総務省指定」という言葉が入ることに愛好家の方からは反発があるということですが、さらに、高市総務大臣は、本体の背面ではなく、スマホの画面に「総務省指定」が表示されるようにする制度変更を検討しているとも発表されました。

背面に配置された文字は見た目には、それほど大きな刻印ではなく、見逃すのではないかというほど小さいものですが、やはりアルファベットの中に漢字が入ることで、イメージが変わったり違和感を感じる方も少なくないようです。

他の方の意見は賛否両論で・・・

「背面とかどうせカバーして見えなくなるから気にしないけどカバーをしない人や 透明素材の人は嫌かも・・・ 」
「保証書等、書類に記載するならまだ良いけど、本体はダメ!」
「同じ、フェリカ搭載のガラケーAndroidスマホの外装にはそんな刻印はないはず!」

など、意見はさまざまです。

iphone7の刻印の見た目は?

これ、目立ちますかね~(;^ω^) ずっとiphone使ってこられた方にとってはやはり目立つんでしょうね・・・

iphone7に総務省の刻印がなぜ入るのか?

今回のiphone7の機能として、Suicaやおサイフ機能のために非接触ICチップ技術「フェリカ」を搭載したために電波法で義務付けられた刻印をのせることになったからです。

総務省の電波環境課によると、フェリカ搭載スマホなど読み取る機能を持つ機器のうち、3メートルの距離で1メートルごとに500マイクロボルトを超える出力の電波を発する機器は、型式指定を取得し、「総務省指定」の文字などを見やすい場所に記すことが電波法の施行規則で定められている。
出典:産経新聞

iphone7は読み取る際の電波の出力が、アンドロイドのスマホよりも大きいために初めて刻印を受けることになったそうです。法律で決まっているのであれば仕方ないにしても、日本の刻印や車のナンバーとかもデザイン性で言えば微妙な感じなので、やはり違和感を受ける気持ちもわかりますね・・・。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ