menu

いいね! プレス

法医学教室の事件ファイル43のキャストは?あらすじや見どころまで!




スポンサーリンク
Pocket

ミステリースペシャル法医学教室の事件ファイルも第43弾となりました。1992年から始まりましたが、いまだに視聴率も10%以上キープしていますし前回の42弾も11.5%をとるなど20年以上も続いている長寿ドラマです。

今回は、身内である息子愛介があわや加害者になるというストーリーで、過去の因縁めいた事件に翻弄される早紀と一馬がどんな推理をするのか気になります。

放送日:2017年6月29日(木)
放送時間:20時00分~21時48分

法医学教室の事件ファイル43のキャスト

二宮早紀・・・名取裕子
二宮一馬・・・宅麻 伸
望月七海・・・由紀さおり
石川妙子・・・南野陽子
鈴木花絵・・・美保 純
滝沢 登・・・山崎樹範
柳田不二子・・・藤吉久美子
柳田裕也・・・斉藤祥太
国枝慎太郎・・・本宮泰風
国枝祥子・・・かでなれおん
二宮愛介・・・佐野和真
助教・伊吹 南・・・中村静香
助手・永岡・・・本村健太郎
谷村刑事・・・田中幸太朗
有田刑事・・・及川いぞう
大石刑事・・・浜 博文
助教・桑田・・・石橋篤史

スポンサーリンク

役どころ
二宮早紀(名取裕子)
港南医科大学 法医学教室 准教授。神奈川県の監察医を務めている。

二宮一馬(宅麻 伸)
神奈川県警横浜東警察署 刑事課 刑事

望月七海(由紀さおり)
一馬の叔母

石川妙子(南野陽子)
柳田不二子の秘書であり、早紀とは息子のママ友

鈴木花絵(美保 純)
リサイクルショップ従業員

滝沢 登(山崎樹範)
リサイクルショップオーナー

柳田不二子(藤吉久美子)
ビル管理会社社長

柳田裕也(斉藤祥太)
柳田不二子の長男

国枝慎太郎(本宮泰風)
レストランオーナーで祥子の夫

国枝祥子(かでなれおん)
事件の被害者

二宮愛介(佐野和真)
早紀と一馬の息子。新聞記者

助教・伊吹 南(中村静香)
愛介がプロポーズした相手

法医学教室の事件ファイル43のあらすじ

早紀と一馬の息子、愛介がビル管理会社の社長柳田不二子(藤吉久美子)と長男の裕也(斉藤祥太)を取材中に現場のカフェのガラスの向こうで若い女性がふらふらと近づいてきて倒れ、そのまま亡くなるという事件が起きた。

しかも現場にいた愛介が疑われてしまうがその理由は、その前の日亡くなった女性が路上で高齢者にぶつかって転倒させたのに知らぬ顔で通り過ぎようとしたところ愛介が注意、なぜかその女性からキスをされたという場面をほかの人に目撃されてしまったのが最後だったから。

早紀は現場に向かい、不二子の秘書である石川妙子(南野陽子)を見て驚きます。早紀と妙子とは愛介が小学校の時の父兄の仲間で顔見知りだった。3年前に妙子の息子の光(永嶋柊吾)は当時、大学院に通っていたが女子大生の部屋に押し入ったと現行犯逮捕されていた。

そのとき、妙子から早紀に所轄署への橋渡しを頼まれたことがあった。光が言うには、最初から誰かに仕組まれた罠だと言い張り、妙子も再捜査を願っていたが、一馬の管轄ではなく早紀が断ると、その3日後に光は留置場で首をつって自殺してしまった。

早紀は、亡くなった女性の爪に浮かんだミーズ線から、人体に有害な「ヒ素化合物」を飲まされたと見抜き、それ以外にも監禁された状態で後頭部を鈍器で殴られていたこともわかった。

捜査が進むと、監禁されていた場所は、元ボクシングジムだとわかります。家具を取りに来たリサイクルショップオーナーの滝沢登(山崎樹範)と店員・鈴木花絵(美保純)に事情を聴くと、亡くなった女性はこのジムの元経営者の娘・国枝祥子(かでなれおん)という女性だった。

しかも、レストランオーナーの夫・国枝慎太郎(本宮泰風)とは離婚調停中。

さらに、捜査を進めると、国枝祥子は光の事件の通報者であり、裕也と付き合っていた。

ドラマの見どころ
今回は、早紀と一馬の息子の愛介が疑われるという展開、しかも数年前に同じように事件の犯人として捕まった男の母が早紀のママ友であったといういわくつきのお話し。過去の事件を紐解いていくと、愛介が疑われた事件の被害者に行き着くといういくつもの事件が絡み合う展開です。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ