menu

いいね! プレス

日高屋の裏メニューはおろしにんにくが意外!?肉下とは?




Pocket

関東一円に店舗を構えているリーズナブルでおいしいと評判の日高屋。名前は牛の種類のようですが、実は中華料理店です。中華そば390円、ビール(生中)も310円と驚きのプライスなんですが、もうひとつ話題となっているのが、日高屋の裏メニュー。
 
メニューにないものを裏メニューとして普通にオーダーできるようなんです。(一部できない店舗もあり)しかし、そうなるとすでに裏じゃないやーん!というツッコミが入りそうですが、個性的なメニューが話題となっているようです。

駅前で1階の店舗にこだわり、会社帰りにふらっと1杯飲める中華料理店の裏メニューについて調べてみました。

日高屋の裏メニューにはどんなものがある?

●キムチチャーハン

これは、もともとキムチチャーハンだったわけではなく、単品のキムチとチャーハンを頼みお店で炒めてもらえるもの。できるお店とできないお店があるみたいなので、もし無理ならセルフで混ぜてくださいね。
 
●玉子ときくらげ定食


これも、お店によってはできないところもあるようです。メニューにはないために店員さんに注文時に聞いてください。
 
●おろしにんにく
表メニューのラーメンなどを注文した際にお願いすると無料でもらえるようです。(店舗によってはできないところもあります)
 
●肉下
これは牛丼のアレンジ版で、ふつうは米の上に肉が乗ってるものですが、肉を底にしてもらい見た目は白ごはんとなってるもの。お箸でご飯の下に埋もれている肉をほじくりだしながら食べるようです。
 
●そして・・・衝撃の裏メニューはなんと!オレンジジュースです。普通のメニューっぽいですがこれも裏メニューのひとつです。なぜこれが裏なのか理由が知りたいですねぇ~

●具入りオムレツ


これは、オムレツ・・・でしょうか?説明がなかったので具はわかりませんが、完成度の高いオムレツです。

 裏メニューとはメニューに載ってないものを出してくれるのでスペシャル感がありますよね~。さりげなくお店の常連として優越感がわくというか・・・。それぞれできるお店とできないお店があるようですが、思い切って裏メニューを頼んで、ほかの人と差をつけてみてください!

肉下なんて、ほかの方が見て衝撃を受けている方もおられるようですから、チャレンジしてみるのもよいかもしれません。

日高屋の味のこだわりとは?

日高屋は熱烈中華食堂という名前もあり、中華料理がメインです。

ちょっとだけ飲むということもできるし、がっつりと食べてもお財布がさみしくならない日高屋ですが、コスパの割にはおいしいと評判ですよね。味に対しても結構なこだわりがあるらしく、飽きの来ない味を追求しているそうです。

なので、化学調味料はできるだけ使わないようにして素材の旨みを引き出すようにしているらしいです。しかも麺は厳選した小麦粉をのど越しよくするために「真空ミキシング製法」という必殺技のような技を使って作っているみたいですよ~

もちろん、スープも良質な丸鶏や豚を使用して秘伝のスープを作るという手の凝りよう・・・。な~んで1杯390円で提供できるのか不思議ですね。

スポンサーリンク




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご利益のあるという噂のお守り!

お守り_mini

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ